ちきゅう



113日目 「タコ捕り名人への道」

この島は本当に海がきれい。
私のお気に入りの場所は、水深1mくらいのさんご礁のリーフが30メートルくらい続いていて、その向こうが深くなっている。
このリーフエッジに沿って泳いでいると、実にたくさんの魚をみることができる。

うだるような暑さの日でも、海の中は青く静かでひんやりと冷たい。
太陽の光の帯が、まっすぐに青の世界を照らし、何とも幻想的。
色鮮やかな魚たちが舞うように泳ぐ。
私の横をすうっと通り過ぎる魚たちの群れ。一糸乱れぬ滑らかな動きが美しい。

目に映るのは青に支配された世界、耳にするのは自分の呼吸音と海の住民が作り出すわずかな音、そして全身で感じる水の圧力と温度。
ここはまさに、「青」と「静」と「冷」の空間。
この中にしばらく浸かっていると、頭の中がすっきりとする。

魚の他には、エイ、カメ、イセエビ、タコ、サメ、そしてイルカなどが見られる。
今日は何に出会えるのか、毎回楽しみに泳ぐ。

島の人はというと、これがあまり泳がない。
泳ぎ方が分からないから、怖いのだという。
スイミングプールがないので(国に1つしかない)、練習する場がないのだ。
だから、こんなに素敵な世界が海の中に広がっていることを、知らない人もいるんだろうな。

でも最近は、毎週のように泳いでいる私に、「一緒に泳ぎたい」と声を掛けてくれる人も出てきた。
泳ぐのは怖いけど、誰かと一緒ならやってみたいそう。
女の人はブルガをしながら泳ぐのでスイスイと泳ぐのは難しいけれど、これで泳ぐということも普及できるといいな。

それで私はというと、魚を見るだけでは物足りず、獲物を捕りたいという欲が出てきた。
モルディブに来て3ヶ月、魚はたくさん食べたけれど、タコやエビはまだ一度も食べていない。
ならばタコ取りに出掛けようと、名人に同行をお願いした。

1日目、名人は銛を手に岩の下を覗いては突き・・・を試みるが、なかなか獲物は捕まらない。
私は途中で飽きてしまい一人で遊んでいたが、名人は1時間以上も格闘をしていた。
結局、この日はこれで終了。午後はあまりいないのか。
午前中に名人が捕ったという2匹のたこをご馳走になり、気が済む。

2日目。今回は午前中に試みる。
しかし約束の時間に名人が来ない。まだ寝ているのだそう。こんなことはよくある。
しばらく待っていたら起きてくれた。ナイス名人♪
銛を友だちに借りに行き、今日は漁場を変えて、港に向かう。

海に入るといきなり、ウミガメ発見。右の前足が不自由で動かせないようだ。
名人によると友だちなんだそうで、近づいても逃げない。
彼はカメの甲羅についた汚れを、軍手をした手で撫でてやり掃除していた。
甲羅を掴むとカメがもがくので、そのまま一緒に泳いで行ける。おもしろい!

しかし、肝心のタコの方はというと、今回も空振りなようで見当たらない。
イルカが向こうでジャンプする。追いかけるがとても追いつかない。
そんな時に救世主現る。

どこかの島から来たという若い男の子が遠くで「タコがいるよ」と叫んだかと思うと、すでに格闘を開始していた。
近くまで行くと辺り一面タコの吐いた墨で黒くなっている。
捕まえたタコを水面で何度も叩き気絶させると、墨の袋と余分な部分を手際よくもぎ取る。
作業しながら私たちの事情を聞くと、憐れな二人組にタコの頭をくるりと裏返して差し出した。
(こうすると持ち運びがしやすくなる)

という訳で、今回は優しい海人にタコを恵んでもらい終了。
早速生で食べようかと思ったけれども、ぬるぬる&こりこりで切れないので、とりあえず丸ごとゆでた。
半分は先日日本から送ってもらったピエトロのドレッシングで野菜と一緒にサラダ風に和える。
これはまずい訳がない!
もう半分は、にんにくとカレーパウダーで炒めた。これもおいしい!

でも、この島の人は、タコはあまり食べない。
見た目が気持ち悪いのだという。
若い人は食べる人もいるけど、皮をむく。砂まみれにしてむく。
皮付きはこれがまた、気持ち悪いのだそう。

そんなこんなで、あまり評判のよくないタコだけど、外国文化を受け入れられる人たちと一緒に食べた。
次回はぜひ、自分の手で仕留めたいなあ。

ちなみのこの名人、実は島のバドミントン協会の会長で、夜はまたこの人と、バドミントンをして遊んだのでした。


画像は、とりあえず丸ごとゆでたタコ。
f0204584_16253376.jpg

[PR]
by skr201 | 2009-10-12 16:26 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://skr201.exblog.jp/tb/12109918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はっちょ at 2009-10-12 21:51 x
ちょびっとダイビングかじった私としては、日常にそんな美しい海があるってことが羨ましい!
なのに現地の方々はあまり潜らないなんて~w(°O°)w
タコは私も好き!生の刺身も蒸したのも!特に蒸しタコをきゅうりと一緒にキムチのもとで和えたのをよくするよ☆
なのに現地の方々はあまり食べないなんて~w(°O°)w
文化の違いって面白いね~☆
Commented by きょんこ at 2009-10-13 06:12 x
きゅうりにキムチの素か…それも間違いないね!美味しそう、食べたい♪
Commented by あけみ at 2009-10-13 22:19 x
いいな!いいな!そんな毎日。取れたてのたこー何もつけなくても、おいしいに決まってます。「まいう-!」時間に追われながら、やらねばならないという思いで毎日を過ごす日本とは大きな違い。あくせくしたくないけど、そんな生き方しかできません。
Commented by あけみ at 2009-10-13 22:32 x
そうそう。今朝のニュースで富士山初冠雪。北海道は紅葉の季節。新型インフルエンザ、猛威を振るっています。学級閉鎖もあちこち。天高く 馬肥ゆる秋 モルディブに負けないくらいの青い空。大根おろしで食べる秋刀魚・コスモス・彼岸花・どんぐり・フェスティバル・ざくろ。日本の秋もいいぞ!
Commented by skr201 at 2009-10-14 00:59
いいですね、季節のもの。
毎日毎日暑くていやになっちゃう。
海も空もきれいだけど、たまには寒さい緑・山などが恋しくなります。
<< 115日目 「鳥が消えた日」 110日目 「TEACHER&... >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧