ちきゅう



194日目 「おめでとう」

あけましておめでとうございます!
みなさんはどんな新年を過ごしていますか?

この島はというと、いつもとまったく変わらない時間が流れている。
年末の慌しさも、新年の清々しさも、ない。
西暦なんて知ったことかと、相変わらずの島時間。
この時間の流れはずっと昔から、そしてこれからも、きっと変わらないんだろうな。

まあとにかくおめでたいということで、ちょっとおめでたい話を。

学校がターム休みのこの時期、来年小学校に入学する男の子はみな「割礼」をする。
(モルディブの学校は1月に新年度が始まる。)
イスラム教やユダヤ教、またオーストラリアやアフリカの諸族で宗教儀礼や通過儀礼などとして今も行われている、「大人になる」ための儀式だ。

マーレではよく見かける。
家の外にきらきらのデコレーションやイルミネーションを施すので、すぐに分かる。
これはおめでたいことなので、とにかく派手に飾って、知り合いを大勢呼んで、食事を振る舞って祝うのだ。

先日同期隊員の島に行った時にも、ちょうど「合同割礼祝賀会」のようなものをやっていた。
公民館のような所をきらびやかにデコレートして、マンマたちがせっせとご馳走をつくっている。
割礼をした十数人の男の子たちが、入り口に座り、来場者と次々に握手をして出迎える。
島中の人がご飯を食べに来て、彼らの成長を祝うのだ。

f0204584_1401043.jpg
f0204584_1404930.jpg


症状が落ち着くまではこんな風にムンドゥ(パレオ)を巻き、患部に布が触れないように手で持っている。
どんな時もこうやって左手でガードしている姿がなんとも健気・・・

ケヨドゥーでも数人、ムンドゥ姿の男の子を見かけたことがある。
そして今日、友だちが家に来いと言うので行ってみたら、ベッドには横たわるのはあの子。
いつもは元気なのに、今日は目が潤んでいる。言葉もなく宙を見ている。

何でも今朝早く、隣の島からやって来たベーベに、施術を受けたそう。
島ではこうして知り合いに頼んだり、マーレまで出向いて病院に行ったりするらしい。

そうだよね、痛いよねえ。
こんなふうに3日間くらいは安静にするらしい。

次から次へとお客さんが来ては、台所で食事をして帰る。
「あめでとう」や「ありがとう」を言うわけでもなく、ただ淡々と食事をして帰る。
これがモルディブ流だ。どんな集まりも、いつもこんな感じ。

始めと終わりがないというか。
気の利いたセリフがないというか。

痛がるその子に「すぐに良くなるよ」なんて分かりもしないのに適当なことを言い、マーレで買って来たちょっとした贅沢品のチョコレートを渡して帰ってきた。

まあとにかく、おめでとう!


画像は、
①おじいちゃんとおばあちゃんと一緒に。布を天井から吊り下げている。
②お客さんは、ひたすら食べる。
③室内もこんな風にデコレーションして。

f0204584_1424239.jpg
f0204584_1431161.jpg
f0204584_1434526.jpg

[PR]
by skr201 | 2010-01-01 13:52 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://skr201.exblog.jp/tb/12589612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by テツ at 2010-01-01 19:42 x
明けましておめでとう!!お久しぶりですm(_ _)m

今は男の子の写真を見て何とも言えない気持ちに。。。
でも元気そうでなによりです*^^*

近々モルディブで会いましょう!!
今年もヨロシクです。
Commented by skr201 at 2010-01-02 04:42
わおっ!てっちゃん、ほんとひさしぶし。
元気してた?今は何者になっているのでしょう??
何だかほんとに遊びに来てくれそうだね♪
たくさん遊ぼう!ゴミも拾おう!!
<< 195日目 「ケヨドゥーのお正月」 193日目 「大晦日の満月」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧