ちきゅう



「ホウライカガミさがし」


オオゴマダラという蝶を、知っていますか?
白地に黒のまだら模様の大型の蝶で、石垣市の蝶でもある。
(この写真は新石垣空港の蝶園で)
f0204584_12274936.jpg

そのサナギは金色で、去年こっちに越して来た時に、バスターミナルで出会った。
昔マレーシアのペナン島のbutterfly gardenで、同じようなサナギを見たのを思い出した。
f0204584_12335489.jpg


人生には伏線が張ってあるなあ。
それとも意識の中に取り込んだものに、自分から無意識的に近づいて行っているのか。


今年はそのオオゴマダラを、幼虫から飼育することになった。
3年生の担任になると、横浜ではカイコを育てたが、こちらではオオゴマダラ。
どちらも食草(エサの葉)の確保に、教師はいそがしくなる。

オオゴマダラは、キョウチクトウ科のホウライカガミという草を食べる。
以前は校内で栽培していたが、いつの間にか誰かに刈られてしまったらしく、見当たらない。
これは今年はホウライカガミ探しに苦労するなと思い、子どもたちに予め話しておいた。

オオゴマダラは、5月の連休明けから飼育すること(委員会から幼虫が各校に配布される)。
食草のホウライカガミが校内に見当たらないので、探しておくこと。


すると。


いつもは私の話なんて全然聞いていないあの子が。
「あ、それ幼稚園(小学校と同じ敷地内)にあるよ」と言い出した。

えっ、そうなの?その前に君は、ホウライカガミがどんな草か知ってるの?
なんて疑っていたが、その後幼稚園の先生に聞いてみると、本当にあったのだ。


するとそれから始まった、オオゴマダラブーム。
子どもたちは登下校時に通る幼稚園の、その草についている幼虫を、毎日捕まえて来る。
貴重なホウライカガミの葉を、惜しげもなくどんどん取って来る。

なので、まだオオゴマダラの学習は始まっていないのに。
もう幼虫もサナギも見つけてきて、羽化させて、ひと通り楽しんでしまった。
f0204584_1255594.jpg

f0204584_1255233.jpg

f0204584_125786.jpg


連休明けの学習の、モチベーションが下がらないといいけれど。
そして本格的に学習が始まる前に、あといくつかホウライカガミを見つけておきたいなあ。


という訳で私の最近の関心事は、ホウライカガミ探し。
外に出るときにはいつも、あの葉っぱを探している。


月桃が美しい季節になった。
f0204584_133151.jpg

[PR]
by skr201 | 2014-04-29 13:05 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://skr201.exblog.jp/tb/21920745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「おいしい匂いがする家に帰る」 "SOLEMARE(... >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧