ちきゅう



「妊娠中の体育授業」


以前働いていた地域の小学校では、担任が妊娠中の体育の授業は免除されていた。
代わりに体育の授業を担当する講師が、派遣されてくるのだ。
(その場合、「近隣校で2人」という条件があり、それに該当しないと適用されないけれど)


ひるがえって現在の勤務地域では、そんな制度はないらしく、配慮はまったくない。
どんなに体調が悪くとも、安定期に入っていなくとも、体育をやらねばいけないのだ・・・


担任をもっている以上、体育をやらない訳にはいかない。

小学生の場合、特に低学年では、道具の準備や片付けから一緒に行わないと、危ない。
危険なもの重たいものこそ、担任が何とかしないと・・・子どもの安全が第一だもの。


小さい子は指示を出すだけでは伝わらないので、自分が見本を見せることもしばしば。
子ども達が色々と動けるようになれば、子ども同士でもできるんだけど。

実技では補助もしないとだし、その時にお腹を蹴られたらどうしよう・・・と不安だった。
重いものを持つたび、お腹に手をあてて「がんばってね」と声を掛けて。


幸い私の場合は、つわりもほとんどなく、体調はずっと安定していた。
だからどうにかなったけれど、これで体調が悪かったら、一体どうするんだろう・・・



いちばん怖かったのが、水泳。
安定期に入る前の、安静にしたい時期だった。

私はずっと、水泳の授業は学年でやってきた。
水泳は万が一の時には、重大な事故につながる。だから複数指導が当たり前。

授業中には役割分担をして立ち位置も決め、死角がないように皆で目を光らせる。
緊急時には管理職への連絡・応急措置・通報・児童管理など、誰が何をするのかもあらかじめ決めておくことになっていた。


だけどここでは、驚くことに各クラスごとの実施なのだ。つまり担任一人しかいない。
もし何か起きたら、妊婦一人で何ができるというのだろう・・・

なので今年はお願いをして、特別に学年対応という形に変えてもらうことにした。
と言ってもここは、2クラスなので担任は2人しかいない。

一人が地上で全体指示をすれば、もう一人は水中で児童管理と実技の補助をするしかない。


なので炎天下の中、2時間プールサイドに立ちっぱなしか、水の中に入りっぱなし。
もし万が一があれば、担任としては当然、目の前の子ども達の命を助けにいく。
そうなるとお腹の中の子は、犠牲になる可能性もあるということだ。

そんな覚悟をして、臨まなければならないということ。


お腹も冷えただろうけれど、何とか無事に水泳の授業を終えたときには、ほっとした。
その後に続いた運動会だって、炎天下で続く連日の練習に、担任の代わりはいない。



これがこの仕事をするということ。

みんなが歩いてきた道なんだろうけれど、それにしてもここの女性の先生たちは、大変。
でも「これが当たり前」「みんな苦労してきた」で済ませていいんだろうか・・・



出産まであとひと月あまり。

あの頃の無理がたたって・・・なんてことがありませんように。
「~しなければ良かった」って、後悔することにならないといい。


f0204584_0145442.jpg

その代わりに今、十分のんびりさせてもらっている。
[PR]
by skr201 | 2014-11-15 09:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://skr201.exblog.jp/tb/23283593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「秋いっぱいリースづくり」 「胎教って何だろう」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧