ちきゅう



「大泉門がぺこぺこ」


赤ちゃんのおでこの正中線から頭に向かって上がった所に、柔らかい部分がある。
これが頭蓋骨が未発達なためにできるすき間で、大泉門(だいせんもん)。
菱形でぶよぶよしているので、触るとすぐに分かる。
f0204584_2120411.jpg

分娩時には、このすきま部分を利用して、骨と骨が重なり合う。
頭のサイズを小さくして、狭い産道を通って来るのだ。
この他にも、頭の後ろの方には、小泉門というのもあるらしい。

この大泉門、よく見ていると心臓の拍動に伴って脈を打っている。
頭皮がペコペコと、上下しているのだ。


最近髪の毛が薄くなってきた(!)ので、このペコペコが良く見えるようになった。
私はこの動きを見るといつも、ウルトラマンのタイマーを思い出す。

時間切れを知らせる、あのタイマー。
息子も何かを訴えているような気がして・・・


でも動いているからといって、異常なわけではない。
ただ大泉門のところは骨がないので、脳を保護する構造としては弱い。
強くぶつければ、脳に障害をもたらす可能性もあるらしい。


この大泉門は生後9~10ヶ月までは増大するが、その後縮小し始める。
生後16ヶ月頃には、頭皮の上から触知できなくなり、2歳を過ぎたころに閉鎖する。

これに対して後頭骨と頭頂点との間にあるのが、小泉門。
これは生後1ヶ月で閉じてしまうらしい。


そうか、知らない間に、もう、赤ちゃんの特徴がひとつ消えていた。
なんだか、さみしい。

そして大泉門のぺこぺこも、いつかは見えなくなっちゃうんだね。


日々ものすごい速さで成長する赤ちゃん。

きのうできなかったことができるようになるのは、うれしいけれど。
きのうあったものが今日もうないのは、さみしい。


赤ちゃんの成長のはやさを例えて、友だちが言っていた。
「きのうの~ちゃんは、もういない」と。

本当にそうだよね。

今日しか会えない、今日の息子との時間を満喫して。
毎日を大切に過ごしていこう。
[PR]
by skr201 | 2015-04-19 21:43 | 育児 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://skr201.exblog.jp/tb/23918678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「青空散髪日和」 「このままじゃせんとくんになっ... >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧