ちきゅう



「犬と息子と私の寝相」


その昔我が家で飼っていた犬(コーギー)も、色々な恰好で寝ていた。
①体を丸めてあごを地面につけたり、②仰向けで両足を広げていたり、③横になって両手両足(前足後ろ足)をそろえて寝ていたり・・・

f0204584_23282760.jpg

上の図(これは猫だけれど)の真ん中の眠り方は、犬がかつて狩猟生活をしていた頃の習性の名残で、脳は眠っているけれども体はいつでも動ける状態(ノンレム睡眠)で、地面につけたあごの骨からの骨伝導により、周囲の状況を把握しているらしい(①)。

②についてはさすがに解説はないけれど(安心して爆睡しているのは確か)、③は体は弛緩して休息状態にあるけれど、脳は覚醒時に近い状態(レム睡眠=Rapid Eye Motionの略で、まぶたの下で目がキョロキョロ動く)だと言う(「快眠寝具研究室」より)。


息子は最近、この③の恰好で眠るのがお気に入りらしい。
抱っこして寝かせて布団に置く時、どんな風に寝かせても素早くくるりと回転して、両手両足を揃えて横になる。

その様子がとっても、おもしろい。
あっという間にくるりと回転する姿に、くすりと笑ってしまう。



そんな息子の姿を見ながら、かつてあの犬もこうやって寝ていたなと思い出し。
犬も人間も寝る時の姿はあんまり変わらないのね、子どもってそうなのかなあ・・・なんて考えたいたら。

私と息子が昼寝をしている姿を見て、母が言った。
「あんたと~(息子の名前)、同じ格好で寝てたよ。親子だね~」と。
f0204584_0305851.jpg


両手両足を揃えて寝ていたのは、犬と息子だけでなく、私もだった。
[PR]
by skr201 | 2015-07-19 23:09 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://skr201.exblog.jp/tb/24270019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「消えたEMS」 「雨戸(あまど)と網戸(あみど)」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧