ちきゅう



「小さき者へ」


最近は我が家も、教育テレビがついていることが多くなった。

朝晩2回のゴールデンタイムには、
「おかあさんといっしょ」+αの番組が繰り返し放映されている。


2歳児の集中できる時間は限られているけれど、
しばらくはテレビをじっと見ていてくれるので、
その間に他のことができてこちらも助かる。

子どもの興味を引く、映像や音楽がちりばめられた番組。
さすがNHKだな、いつもと感心するのは、こんな内容。


⓵「おかあさんといっしょ」
基本的には、昔と変わらない、王道路線。

「はみがき上手かな」「ぱじゃまでおじゃま」など、
母が子どもの頃に見た記憶のあるコーナーも健在で安定した印象。


体操コーナーのブンバボーンは、耳に残るフレーズがたくさん。
「アルパカパカパカちょっとオカピ」の所とか、
斬新な言葉選びが、なかなかおもしろい。

息子は「トンネルのぞいてみーたり」のポーズがお気に入りで、
足の間から顔を出して「おーい!」ってやってる。

世の中のお母さんたち、きっとけっこう踊れるだろうね(笑)・・・


⓶「いないいないばあっ!」
お姉さん役のゆきちゃんが、すんごいかわいい。
回りの小さな子どもたちとを見る目が、とっても優しいのよね♡

f0204584_23010000.jpg
わんわんの中の人は、名作「たんけんぼくのまち」のチョーさんらしい。
wikipediaを見て、今知った、びっくり!
だからわんわんは絵が上手いのね~


③「みいつけた!」
スイちゃんも、すんごいかわいい。
f0204584_23233442.png
サバンナ高橋がキャラクターの声やってたり、
最近ではトータス松本や森山直太朗が歌を歌ったりと、
有名どころを起用して遊んでいるのがすごい。

「おっす!いすのおうえんだん」という歌がおもしろくて、
どうも耳に残るメロディーだと思ったら、
作曲が今を時めく星野源だった!
(クドカンが作詞なのは知ってたけどね)



④「にほんごであそぼ」
あの齋藤孝先生監修の、古き良き日本語を学ぶ番組。
これもみわサン(美輪明宏)、野村萬斎、
コニちゃんが出ていたりと、出演陣のバラエティーが豊富。

この番組の地方公演で歌われているらしい曲がふと、耳にとまった。
有島武郎の「小さき者へ」という短編小説の一説を、
歌にアレンジしたものらしい。
 

 前途は遠い
 然し恐れてはならぬ
 恐れない者の前に 道は開ける
 行け 勇んで
 小さき者よ
 小さき者よ


この歌詞の意味は子どもには分からないだろうけれど
こんな言葉を小さい頃から耳にしていて、
潜在意識の中に少しでも潜んでいたら。

子どもの人格形成やその後の人生にどんな影響を与えるんだろう。
やっぱりこんな、ちょっとかっこいい人間になるんだろうか…

子どもの言語環境について、ふと思った。


④番外編「デキナイヲデキルマン」

加藤諒くん扮する、デキナイヲデキルマン
小学1年生向けの番組のキャラクターなんだけれど、
ちょっと濃すぎだよね!
f0204584_23320636.jpg
妙に耳に残る、このテーマソング・・・

♪できない できない できない できない子いないか
 できない できない できない できない子見つけた
♪できないことにきづけたら いつかできる ひゃっほ~
 できる できる デキナイヲデキルマン!
(デキナイヲデキルマン?!)

オホホ!デキナイことがデキルようになるために
日夜見守っている私こそがデキナイヲデキルマン!


ああ、夢に出てきそう!





[PR]
by skr201 | 2017-02-05 22:37 | 育児 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://skr201.exblog.jp/tb/27556357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「搾乳機ってすごい」 「ベビーグッズ・レンタル生活」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧