ちきゅう



<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


「地域密着型コンビニ」


ここ10日間くらいで急に秋らしくなり、朝晩はめっきり冷えるようになった。

寝るときにはもう、布団がないと寒いし。
気の早い母なんて、9月だというのにコタツを出してしまった。

校庭には丸々太ったどんぐりの実がたくさん落ちてきた。
どんぐり拾いってなんでか楽しいんだよね。別に食べられるわけでもないのに。
f0204584_19155481.jpg

休み時間には子どもとどんぐり拾い。
これで何をつくろうかな・・・秋のお楽しみ会をしようね。


さて。今日はコンビニの話を。

職場の最寄り駅近くのコンビニで、高校時代の友だちが働いている。
お母さんが経営者で、その手伝いをする彼女は副店長ってところ。

このコンビニの、接客がすごい。

「マニュアル厳守」が基本のフランチャイズ経営なのに、全然マニュアル通りではない接客術。

まずお客さんのことをよく知っている。
顔、名前、勤務先、そして好み。

一番はじめにびっくりしたのが、それだった。
頻繁に来る「お得意さん」をだろうけれど、その情報量のすごいこと。

決まったコンビニに通っているわけでもない客の立場からすると、店員さんにここまで把握されているという意識はまったくなかった。

だけれども意外と、見られているらしい。
そして、覚えられている。何を買っているのかを。

彼女とその駅の近くを歩いていると、「あ、あの人知ってる」なんて言って気軽に話しかけている。

お客さんをよく観察している。そして会話している。
マニュアル通りの接客じゃ、ここまで親しくはなれない。

ものすごい元気なあいさつから始まって、知っているからこそ展開できる、絶妙なトーク。
これが相手の間合いに入りすぎても嫌がられるし、だからといって遠すぎても印象に残らないし。

この辺りがテクニックなんだろうね。
接客術以前の人間性と言うか、いわゆる「コミュニケーション能力」。
これが一人じゃなくて、親子二人でやってるんだからすごい。

たかがコンビニだけれど、されどコンビニだから。
お得意さんになった様な気がしてうれしくて、みんな通っているんだろう。


いつものお客さんには、「今日も取っておきましたよ」って、奥からとっておきを出してくる。
そんなのがまた、ちょっと良い気分にさせるんだろう。

お弁当を大量注文すれば予算に合わせて相談にのってくれ、内緒でお得なサービス。
「えっ!?そんなことできるの」ってことを、お店の判断でやっているらしい。

顔の見えるサービス。
「いらっしゃいませ」だけの紋切り型じゃない、あたたかい言葉が飛び交う店内。
自分のことを知っている、あの店員さんが元気をくれる店。

コンビニ・アワードなんてのがあれば、ぜひ推薦したいこのお店。


相鉄線鶴ヶ峰駅前の、ファミリーマート。
駅徒歩圏内に数件あるけどね・・・どこだかはぜひ行ってみて!

f0204584_21514850.jpg

気が付いたら1日2回のコンビニ通い。
今日は覆面パトカーつきのカフェオレで。

おまけがついていると、ついつい買ってしまう。
[PR]
by skr201 | 2011-09-29 21:53 | Trackback | Comments(4)

「神繍皇女(かんぬみこ)」


横浜駅から元町・中華街方面に地下鉄が開通したのが数年前。
横浜と渋谷を結ぶ東急東横線が延長されて、「みなとみらい線」と呼ばれている。

そのみなとみらい線に、最近出現したキャラクター。
どう見ても萌え系・・・「神繍皇女(かんぬみこ)」と言うらしい。

横浜から終点の元町中華街まで、ひと駅に一人ずつ決まっている。

新高島駅は、第弐皇女の高島綾乃ちゃん16歳。
f0204584_219193.jpg

f0204584_2194075.jpg


日本大通り駅は、第四皇女アリス・ブラントン20歳。
f0204584_21104117.jpg
f0204584_21105031.jpg


元町中華街駅は、第五皇女、趙麗玉(ヂャオ・リーユー)18歳。
f0204584_2112143.jpg

f0204584_21121772.jpg


私がこれまでに出会えたのは、この3人。
こうやって撮影していたら、なんだか全員に会いたくなってきた。

まで会えていないのは、あと4人。
新高島と日本大通り駅の間にある、みなとみらい駅と馬車道駅のお二人と、もう一人は渋谷駅にちなんだ皇女、そして隠れ皇女がいるらしい。

ついついネットで調べてしまい、もう顔は見てしまったけれど。
今度実際に会いに行きたいもんだ。

ボード状の彼女たちに。
f0204584_21311695.jpg




この神繍皇女ちゃんたち、テーマソングもあるそうだ。
http://www.youtube.com/watch?v=4QPdVb1DAq0&feature=player_embedded

そして皇女ちゃんたちのトレーディングカードが手に入る、iPhoneのアプリもあるらしいよ。
[PR]
by skr201 | 2011-09-27 21:33 | Trackback | Comments(0)

「準備中」


すっかり病も治ったようなので。
横浜に遊びに来ていた隊員時代の同期と、みなとみらいへ。

景色の良い中華料理でランチ。
f0204584_2319652.jpg

氷川丸の船内を見学して。
f0204584_2320632.jpg

マリンタワーを通り過ぎ(スカイツリーはマリンタワーの真似したよね・・・)
f0204584_23215763.jpg

シーバスから夕日を眺めたら。
f0204584_23223529.jpg


かっきーさんとわたしの間でもっぱら噂の、モルディブ・スリランカ トラベルカフェへ。
横浜ベイクオーター内にあるこのcafeは、モルディブ・スリランカ両国とスリランカ航空が観光促進のためにオープンしたらしいけど、どうもスリランカ色が強い。

店内に流れている観光ビデオも全部スリランカだし。
インテリアにもモルディブ色は見えないし(そもそもモルディブに伝統工芸などあるのか)。
メニューだって普通のcafeメニューに、セイロンティーとスリランカのビールとサモサ系のもの(これもあくまでスリランカ風)があるだけだし。
f0204584_23293851.jpg
f0204584_23295790.jpg



そして笑っちゃうくらい悲しいことには。
唯一のモルディブメニューであり、ここが「モルディブ」トラベルカフェたる由縁のものが。
f0204584_23315015.jpg

マスフニ&ロッシ950円・・・なんと「準備中」!!!

どんだけおもしろいんですかっ・・・
マスフニとロシ950円が準備中って。

その前に準備はしてたのかな。
だって日本で生活している一般的な人には、マスフニとロシが何だか分からないだろう。

せっかく行ったのに。
モルディブ的料理が食べられず残念。

あ、カラーファニ(スイカジュース)630円、飲むべきだったね・・・
あれはランカ風かラージェ風か、どっちかな。
[PR]
by skr201 | 2011-09-25 00:09 | Trackback | Comments(4)

「健康ってすばらしい」


22日木曜日。
朝からなんとなく体がだるかったんだ。

6時間目のクラブが終わって子どもたちを下校させた後に。
突然ものすごい頭痛と吐き気に襲われた。

そう。いつだって病気は子どもが帰ってからやってくる。
ほんと、人間の身体ってよくできてるよね・・・子どもがいたら、対処できないもの。

30分後にある研修は出られそうもないので、校長に相談。
「早く帰った方が良いよ」と言われるけれども、今や歩いて帰れるほどの気力もない。

座ってもいられないので、教室にあるマットに横になる。
吐くこと3回。こんなに吐いたのは、いつ以来だろう。

(去年の年末にスリランカのGaleという街に同期に会いに行ったときも同じく頭痛と吐き気だったけれども、吐けなくて辛かった。せっかく活動を見せてもらったのに、ずーっと寝ててごめんね・・・)

しばらく横になってもよくならないので、お迎えを呼んで車で帰った。
また夕方の道路の込んでいること・・・みなさん毎日ご苦労様です。

家に着いてから、死んだように眠り。
翌日は吐き気はなくなったもののまだ頭がズキズキ痛むので、一日中寝ていた。


そして今日、24日。

朝陽がまぶしい。
秋のカラッとした風がさわやかに薫る。
すずめの声に、時折まだ残るセミの声・・・

そんなものに気が付くくらい、余裕がでてきた。
もうどこも痛くないし、治ったんだー♪


そうじして洗濯して布団を干して・・・
ああ健康って、本当に素晴らしい。
f0204584_10592159.jpg

普通のことが普通にできる毎日に、感謝だね。
[PR]
by skr201 | 2011-09-24 11:01 | Trackback | Comments(4)

「帰宅困難」


台風15号が関東にもやってきた。

横浜市内の小学校では、午前7時の段階で暴風警報が出ていれば休校となる。
21日の朝7時に出ていたのは、暴風ではなく大雨警報だったので、とりあえずは通常授業。

でも午前9時25分に暴風警報が出されたので、短縮の午前授業で給食後に家族の方に児童を引渡すという形で下校させることになった(最近ではこういったお知らせも、事前に登録してあるメールアドレスに配信される)。

大雨と風の中、仕事や家事を切り上げて子どもを迎えに来てくれた親御さんたち。
私たちはこうやって、子どもたちのたくさんの命を預かっているんだなと、実感する。

子どもたちの安全を脅かすような事態になれば、まず第一に彼らの命を守らなくてはいけない。
それが仕事だからね、先生はがんばりますよ。

きみたちのために戦います。


なんだかんだで子どもたちを親御さんに引き渡して、ひと息ついて。
気が付いたら今度は、自分たちがピンチ。

暴風雨で電車が止まり、家に帰れない。
学校に缶詰で数時間が経った。

「待てない症候群」の私は、居てもたってもいられない。
なんとかして、帰りたいな、帰れないかな、家へ。

賢明な方々は涼しい顔して仕事を片付けているけれども。
勤務時間が過ぎたらもうバッテリーは切れてしまうので、私は帰るよ。

雨が通り過ぎて風だけになったので、行けそう。
仕事着(つまりジャージ)に仕事靴(スニーカー)、鞄代わりのビニール袋にケータイとお財布と鍵と化粧ポーチだけを入れて、あとは置いて帰る。

「えっ!それで帰るんですか?確実に浮きますよ・・・」
道中を共にすることになった先生方に注意される。
なるほどお二人はきちんと、出勤した時と同じきれいな格好をしているわ・・・鞄も持って。

やっぱり私はまだ、日本社会では浮いているのかもしれない。


渋滞していると思った道路には、車がまばらでびっくり。
バスもガラガラだし、みんなどこにいっちゃったの?

電車はまだ走っていないので、とりあえずは徒歩で家に向かう。
距離にして6.3km。1時間ちょっとだからそんな大ごとでもない。

時折ふく強風に、飛ばされそうになる。
こんな時は落下物にも気を付けないと。電信柱や電線にも注意。
f0204584_23192986.jpg

(こんな風にバス停も倒れていた)

しばらく歩いたところで、遠くで電車の警笛が鳴ったのが聞こえた。
友だちから「電車動き出したよ」という、ありがたい知らせも入って。

結局歩いたのはわずかひと駅。
普段は立ち寄らないその駅で、たこ焼きを買って家路に着いた。
f0204584_2322225.jpg

皮がカリカリッとした、プロの技。
ネギに大根おろしにおだしに・・・と和風も美味だねえ。

銀だこ食べられたのは良かったけれど。
明日は良い天気になりますように。
[PR]
by skr201 | 2011-09-22 07:41 | Trackback | Comments(0)

「バリウムの後で」


運動会だった土曜日の変わりに、20日火曜日が代休。
せっかくの平日休みなのに、健康診断。

まあ3連休だからといって行きたいところもないし。
家でゴロゴロしてるだけだから、いいか。

健康診断は普通年度初めにやるもんだけれど。
なぜだか今年はこんな時期に。

海外帰国者は胃のレントゲン検査が必須だって言うけれど、あれからもう半年も経ったし、その間にまたモルディブに行っちゃったし、胃の中にどんな寄生虫やウイルスがいようとも、今頃検査したって後の祭りだ。

だいたい帰国翌日に健康診断は済ませているし(胃のレントゲンはしていないけれど)、余計な放射線を浴びせられるのはもう勘弁して欲しい。

というわけで、人生初めての胃のレントゲン検査で、「バリウム」なるものを飲んだ。
バリウムもいやだけれど、その前の発泡剤のような粒状の薬もいやだね。

あれを飲むことで「げっぷ」が出そうになるんだけれども、「げっぷはしないで我慢して下さい」なんて無理難題を言われて、これまた生まれて初めてげっぷを我慢するという技を覚えた。

出そうになったら、そのまま飲み込むだけだけど、これがまた、気持ち悪いもんだ。

可動式の板に載せられて、技師さんが指示するままに身体を動かす。
うつ伏せ、仰向け、右肩上げろ、左を向け、息を吐いて、止めて・・・・

一体何枚撮るんですか。
またこれで、放射線のシャワーをふんだんに浴びた。


そんなこんなで、検診も終了。
昨日の夜から何も食べていないので、お腹が空いた。
前から気になっていたあのcafeに行ってみよう♪

駅から学校までの、いつもの道にnew openしたcafe。
なかなか入るチャンスがなかったけれど、今日ならランチに行けそうだ。

"Arrival"という、「旅」をテーマにしたお店。
地球儀や飛行機の模型など、見てるとわくわくするような小物が並ぶ。

お店のオリジナルカレーを注文。
「辛いですよ」と言われたけれど、口に入れた瞬間はむしろすごく甘い。
後からスパイスの風味が効いてきて、辛味が残るからおいしい。
f0204584_20223567.jpg

ガスで炊いているのか、ご飯が香ばしくてもちもちしている。
でもこの風味豊かなカレーには、パラパラの長粒米の方が合うような気がするけど、それは言わずになんとか我慢した。

この時間はご主人が一人でやっているらしく、近所まで出前に行ったりと忙しそう。
でも従業員が二人になると、ちょっと動きにくいかもという空間。

雰囲気もいいし、食事もコーヒーも美味しいし、また来ようっと♪
今度はスイーツと紅茶かな。
[PR]
by skr201 | 2011-09-21 08:56 | Trackback | Comments(2)

「生きる」


谷川俊太郎さんの代表作の一つである、「生きる」。
つい最近の新聞に、とある学校の広告として一面を使って掲載されていた。

今や光村図書の6年生の教科書にも載っている有名な詩だけれども、改めて眺めてみる。


「生きる」  谷川俊太郎

生きているということ いま生きているということ
それはのどがかわくということ 木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ いま生きているということ
それはミニスカート それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス それはピカソ
それはアルプス すべての美しいものに出会うということ

そして かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ いま生きているということ
泣けるということ 笑えるということ
怒れるということ 自由ということ

生きているということ いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ いま生きてるということ
鳥ははばたくということ 海はとどろくということ
かたつむりははうということ 人は愛するということ

あなたの手のぬくみ いのちということ



古今東西の昔から、人間は「なぜ生きるんだろう」なんて、考えてきたのかもしれない。
そんな壮大な問いには、もちろん簡単な答えなどなく。

ただ、そこにはありふれた日常があり。
その中から何かを感じることが、「生きる」ということなのかも知れない。

明日もまた朝が来るという希望。
毎日が過ぎ行き、いつの間にか季節がめぐること。

お腹が空く。のどが渇く。「生」への渇望。
うれしい、楽しい、怖い、悲しい、悔しい、腹立たしい・・・沸き起こる感情。

何かを「欲しい」と思う。
そしてそれを手に入れることのできる、自由。

何かを「好きだ」と思う。
そんな「好き」に触れて、心が満たされる喜び。

脆くも力強い、あたたかい命・・・


生きるってそんなことなんだろうか。


f0204584_1384650.jpg

知り合いの知り合いのfbから、勝手に引用した写真・・・だって素敵なんだもん。
今度謝りに行きますのでご勘弁を。
[PR]
by skr201 | 2011-09-20 09:45 | Trackback | Comments(0)

「日本のCMっておもしろい」


とあるテレビでCMで、思わず目が釘付け。

ビオレのクレンジングオイルの「濡れても落ちーるパーフェクトオイル♪」のちょっと遊んだ歌い方。
ロキソニンの薬剤師風衣装(ピンク)。
最近ではロリエのCMでも見かけるようになった。

「誰だろう」って前々から気になってはいたんだけれど、ネットで検索してようやく判明。
f0204584_1135967.jpg


貫地谷しほりさん。かわいいー。
2007年にNHKの朝ドラ主演だったっていうんだから、もう、かなり売れてるんだろうね・・・
私はあんまりテレビ見ないから、知らなかったけれど。

でもこうやって写真を見るよりも、動いているのを見る方が断然かわいい。
写真の方が良い人もいるけど、やっぱり女優さんは動画の方がいいね。

どんな演技をする人なのか、見てみたいもんだ。
ちょっと動向をチェックしてみよう。


CMと言えば、これもなかなか。
ダイワハウスの映画のようなCM。

夫婦役のリリー・フランキーと深津絵里がいい。
ある朝ケンカをしてそれぞれが1日を過ごした日の夕方、旦那がおみやげを持って、いつもより早く(これ推測)帰ってくる。
http://youtu.be/v6kTQyzWBFA

深津絵里さんはやっぱりいいな。
見逃していた「悪人」も見たいところ・・・でもDVDを部屋で見るのはちょっと・・・

やっぱり映画は映画館の大きいスクリーンと非現実的空間で見ないとね。
あの頃日本にいなかったのが残念。
f0204584_11563267.jpg

これは2010年の9月に公開された映画で、原作は吉田修一さん(朝日新聞の夕刊に連載)。
モントリオールの映画祭で、深津絵里さんが主演女優賞をとったのよね。


そうそう、最近話題のCMと言えば、これ。
「ショーシューリーキー♪」と連呼する、ポルトガル人のミゲルくん。
彼はプロの歌手で、日本でもCDデビューしたらしい。
http://youtu.be/Njz9e_lwH9U
f0204584_12391090.jpg



ちょっと前にはこんなのも話題に。
ドコモの木製ケータイのCM。
f0204584_13533949.jpg

「森の木琴」と呼ばれるこのCMは、どこかの国で何とかという賞を取ったらしい。
震災後のCM自粛ムードの中で、わずか1回の放映でお蔵入りしたそうだが、最近また見かけるようになった。
http://youtu.be/C_CDLBTJD4M


さらにはこんなのも。九州新幹線開通のCM。
新幹線に向かって、手を振る地元の人たちを撮ったもの。

開通が同じく震災直後だったもので、放映すべきかどうか随分と議論になったらしい。
「手を振ってくれて、ありがとう」
http://youtu.be/UNbJzCFgjnU


まあそれにしても、日本のCMっておもしろい。

1分に満たない、それこそ数十秒という制限の中で、ドラマや映画のような世界を見せて、なおかつ宣伝もしなくちゃだもんね。

まったくクリエイティブな世界だ。
[PR]
by skr201 | 2011-09-19 12:01 | Trackback | Comments(0)

「仕分け」


時々ザーッと雨に降られながらも、なんとか運動会が終了した。
とりあえず一回で終われて良かった。

結果は、青組と黄色組の珍しい同点優勝。
私の赤組はわずか12点及ばすの2位だった。

それにしても日本の学校の先生はすごいよ。
夏休みが終わってわずか3週間で、ここまでカタチにするんだもんね。

この数週間は中休みも昼休みももちろん授業中も、休む暇なんて少しもなく、ずっと走り回って子どもたちと運動会をつくっていた。
何だかんだ言っても、こうやってできてしまうからすごい。

きらきら輝くスーパーマンのように見えるな、日本の先生たち。


さて、運動会も終わって気分もスッキリ。
ならば仕分けでもしようか。

今回の仕分け対象は、ケータイの電話帳。
先日新しく買い換えてから、なんとかしたいなと思ってた。

以前は販売店で電話帳の移行をしてくれたけれど、iPhoneの場合は、販売店でネット上に一時的に保管してもらったものを、アプリを購入して自分でDLしなくてはならない。

なんとか電話帳のDLが済んでびっくり。
だってよく見たら、700件以上も登録されていたんだもの。

ここ10年くらいの間に出会った人、訪れた店、旅先での観光地・宿泊施設・交通機関・・・
なんでこんなに何でもかんでも保存してるんだろうか。

もちろんこんなに多数は必要はなく、ほとんどが仕分け対象。
さあ、どんどん削除していきましょうか。

が、使い慣れないこの電話。
電話帳にあるリストを削除するのに、ひとつずつ消していかなきゃならないみたい。

えっ、そんなことないでしょ。
そんなばかげたことが、あるもんか。

いろいろとやってみたけれど、どうやっても糸口は見つからず。
どうもiPhoneとやらは、使いたい機能を自分で買い足していかなきゃならないらしい。

アプリを探すサイトで電話帳を整理できるものを探して、とりあえず購入(170円)。
そこでもケータイのデータを吸い上げてネット上に上げたものをPCでDLして編集して、ケータイに同期する。

いくらPCでだって700件の整理は相当面倒くさい。
一気にマークして削除できればいいのに、1ページごとにしができないから煩わしいこの作業。

1ページに表示できるものは、わずか24件。
つまりページにして20数ページ。

それはそれは面倒くさい作業だったけれども、自分に渇を入れながらなんとか終了。
700数件あった電話帳も、274件のスリムなものになった。

まだまだ要らないものはたくさんあるんだけれども。
「いつか使うんじゃないか」って、とりあえずとっておいちゃう、捨てられネーゼ。

f0204584_19205748.jpg

便利なんだけれどちょっと手のかかる、この子。
[PR]
by skr201 | 2011-09-18 19:21 | Trackback | Comments(0)

「グラニータ」


もう9月も半ばだというのに、ものすごい暑さ。
横浜では8日連続の真夏日だったという。

もちろん今日も、運動会の練習・・・・赤組よ、踏ん張れ。

日本では暑いときに暑くなるようなことをするから、余計に暑い。
なんで炎天下なのにわざわざスポーツ?って、不思議に思う。
モルディブみたいに、木陰のブランコにゆらゆら揺れて、何もしなければいいのにね。


こんなに暑いと、さすがにあんまり食べなくなる。
モリモリ食べるというよりも、水分を流し込みたい。

スイーツにしたってケーキや濃厚なアイスよりも、シャーベットやカキ氷、そんなのがいいなあ。
そんな時に見つけた、近所のわんわんcafeにて。

私が2年間この辺にいなかったうちに、新しくOPEN。
たしか昔は「王様のcafe」といようなう名前だったから、毎回勝負してるね、ここの人。

最寄りの駅からこんな風にイチョウなどの街路樹が植えられた散歩道が続く。
ちょっとおしゃれな住宅が立ち並び、クリスマスの時期には毎年イルミネーションが見もの。
f0204584_20442878.jpg

f0204584_2059892.jpg

そんな土地柄だから、高級そうな犬をよく見かけるし。
誰の散歩なんだか、大事そうに犬を抱っこして歩いている人もいる。

「Green garden」という、犬を連れて来られるcafe。
そこに犬も連れずに、かといって人も連れずに、ひとりで入ってみた。
私の周りは、もちろんみなさん犬連れ。

通常のメニューの他に、わんわんメニューがこんな感じ。
まったくすごい世の中になったもんだ。
f0204584_20381745.jpg


でも今回紹介したいのは、これではなく、「グラニータ」というイタリア流かき氷400円。
なんでも味付けした氷を砕いては固めて・・・を繰り返してつくっているのだという。
f0204584_20411226.jpg


たしかに最後まで味がしっかりとついていて、ジューシー。
氷もつぶがしっかりと形になっていて、食感が良い。
氷を削ったのではなく、「作った」という手間隙かけた味がする。

普通のかき氷みたいに、最後はシロップが足りなくて薄味で水っぽく・・・なんてことはない。

ちなみに本場イタリアでは、こんなふうにブリオッシュと一緒に食べるらしい(Wikipediaより)。
はさんで食べるんだろうか?
f0204584_2175911.jpg



冷たいものを食べたら、体の芯からひんやりと冷えた。
また今度、食べに来てもいいな。まだ暑さは続きそうだし。
私も犬を連れて来れたらいいのに。

帰り際に従業員さんに聞いた。
「犬を連れてなくても、来てもいいんですか?」
「もちろんです。また来てくださいね」


レオという名のウエルシュ・コーギーが病死してから、そういえば3年経った。
[PR]
by skr201 | 2011-09-15 20:56 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧