ちきゅう



<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


「Back Room」


このブログでも以前に紹介したことのあるファミマのかんちゃん。
韓国のバンドFTIslandにハマッている彼女は、そのファンミーティングにソウルまで行くという。

ちょうどその日に、Bonnie Pinkのライブも予約していた。
でも本人に間近で会えて握手もできるというファンミーティングには・・・行かねばならない。

という訳で私が、ピンチヒッター。
Bonnie Pinkのことは昔から好きだけれど、他のアーティストも含めライブってものにはほとんど行ったことがないので、こんな機会でもないと・・・なかなかいいチャンスだ。

場所は夜景のきれいな都会のビル群にあるホール。
そのホールの窓から見える、向かいの建築の美しいこと・・・

中央三井信託銀行三井本店。
イタリア・ヴェネツィア産大理石などが使用されているという、重厚な外観。
f0204584_21114398.jpg

f0204584_2112483.jpg

マンダリン・オリエンタルホテル東京。
f0204584_21122055.jpg
f0204584_21123411.jpg


肝心のライブの方はというと、10kmランニング後の疲れた体に優しい座って聴くアコースティック。
これでオールスタンディングのRockなライブだったら大変だったよ・・・よかった。
f0204584_21422013.jpg


彼女の透き通った声と、きれいな英語の発音と、わずか3人でもじっくり聴かせるバンド演奏。
いやはや、やっぱり音楽っていい。

そこに生まれた空間は、4人で創られたものだけれども、そこに宿るパワーは計り知れない。
大きいけれども耳障りではない迫力のある音楽が体に響いて、どこか異次元に導かれるよう。

昔の曲もまた、いま別のアレンジで聴くと新鮮だし。
あの頃とは感じ方もちがっているので、おもしろい。

そしてこうやって、あの曲を歌っている人、つくっている人の話を聞く。
曲作りの裏話とか、人間関係とか、その曲に秘められた思いとか。
(MCでは曲作りやバンドメンバーの話をしてくれた)

そんな情報が入ってくると、何気ない「いつもの」曲が、「特別」なものに聞こえてくる。

ある人がある思いを込めてつくった、歌った曲。
そんな人たちの顔が見えるようになって、心に響いた。

"one of them"が"only one"になった瞬間。
あの会場にいたたくさんの人たちのもとにも、届いたんだろうな。
[PR]
by skr201 | 2011-11-30 21:38 | Trackback | Comments(2)

「江ノ島鎌倉RUN」


大会まであと一週間と迫った27日(日)。

麗しき音楽教師のマユコさんと一緒に江ノ島~鎌倉RUN。
海沿いを走るなんて、その響きだけでもう、気分が上がるよね。

色々検討した結果、江ノ島駅~江ノ島~R134沿いに鎌倉の鶴岡八幡宮まで行くと、ほぼ10km。
ゴールの鎌倉駅のロッカーに着替えや荷物を入れてから、江ノ電で江ノ島に向かって、スタート。
f0204584_21202712.jpg

橋を渡って江ノ島に向かうとき、青い空と海に富士山の白が映えていた。
この前まで真っ黒だったのに、いつの間にか雪が積もったよねえ。
飛行機雲がまっすぐ伸びるのも絵になる。
f0204584_21222078.jpg

江ノ島の駐車場脇の遊歩道には、こんな「健康ロード」が。
痛いのなんのって・・・これが痛くないのどんな人なんだろう。
外国人?子ども?犬?猫?ちょっと実験してみたい。
f0204584_21242671.jpg

走る脇を江ノ電が通り抜ける。
f0204584_2125034.jpg

鎌倉高校に憧れたなあ。
f0204584_21253290.jpg

江ノ島と富士山のコラボ、見えるかな?
f0204584_21263226.jpg

ゴールの鶴岡八幡宮はすごい人でごった返していて、とても走れる状態ではなあい。
f0204584_2127555.jpg


そんなこんなでも何とか走り切り、一週間前トレーニングは終了。
途中信号あり、歩道なしなんて道もあったけれども、やっぱり海を眺めながら走るのは最高!

海がきらきら輝いててね(一寸法師のようなsurferがたくさんいたけどあれは何?)。
空は青いし。富士山は白いし。飛行機雲はまっすぐに伸びているし・・・

あんまり爽快だったので、今後も月イチくらいで来ようかな。
その時にはタイムも気にせず、疲れたら歩き、思う存分写真を撮り・・・そんな走り方がしたい。

その後は街をちょこっとぶらぶら。
でもポケットにsuicaしか入っていない私たちに買える物は何もなく(もっと普及させてね)。
汗をかいているから寒いしで、早目に着替えて出直した。

わたしこの、ツタがとっても好き。
f0204584_21273132.jpg

1時間走るとお腹が空く!
ランチは手作り生パスタのお店で。
f0204584_21281920.jpg

ここのお店の看板娘の女の子が、わたしたちの似顔絵を描いてくれた。
カウンターでパスタを食べているところ。
f0204584_21284486.jpg

これがマユコさんお勧め、鎌倉名物「麦田もち」。
f0204584_21302115.jpg


この後マユコ氏は、授業で使うという南米の楽器ケーナをstreet performerから購入して終了。
帰路についてすぐにでもぐでーんと寝たいところだったけれど、この後はライブを見に都内まで・・・

BonniePinkのその素敵なライブの話は、また次回に。
[PR]
by skr201 | 2011-11-28 21:49 | Trackback | Comments(0)

「あと一週間」


軽いノリで申し込んだ。
何だかおもしろそうだと。

そしてトレーニングを始めてすぐに後悔した。
「なんで申し込んじゃったんだろう・・・」と。

たかが10km、されど10km。

運動不足の体には、1kmだってきつかった・・・
なんで5000円も払って、私はわざわざ苦労を買ったのかと・・・

まあ何事も、要は考え方次第だから。

修行だと思えば、何だってやり過ごせるし。
近所を走ることで、今まで見えなかったものも見えてきたし。

けっこう楽しくなってきた。
そんな2ヶ月だった。

今日だってすごくしんどかったけれど、走り終わった後のあの達成感は、苦しさをも消してしまう。

だからまた、明日も走ってしまうんだな。
ランニングにも間違いなくある、依存性。

今回の横浜マラソンに誘ってくれた人が言っていた。
「大会ではアドレナリンがガンガン出て、それは気持ちが良いものだ」と。

一週間後、そんなもの感じる余裕があるのかな、私に。
どんな気分になるのか、楽しみだ・・・ふふふ。


秋の街中を走るのも気持ちがいいー♪
f0204584_22264139.jpg

コーヒーを飲んでから走ったら、もちろんお腹が痛くなった。
f0204584_22272150.jpg

これは私の尊敬するあの人が好きな花。
f0204584_22395538.jpg

ランニング中でなければ買うんだが。
f0204584_22311743.jpg

やっと見つけた近所のイタリアン。今度行きたい!
f0204584_2231506.jpg

もう椿の季節なのね。
f0204584_22324654.jpg

晩秋の空と黄色は相性が良い。
f0204584_22332061.jpg


今日は近所の公園まで足を伸ばした。
休みの日の公園は、親子連れでいっぱい。

私のちょっと前を、まだ歩き始めたばかりのようなちびっこが、駆け出した。
脚を上手く動かせるようになったのがうれしくて、歩いていた勢いで走り出したような感じ。

その子を追い抜かすのにひと苦労。
つまり走るスピードは、ほぼ変わらず。

大会まで一週間。
ダイジョウブなのかしら?わたし・・・
[PR]
by skr201 | 2011-11-26 22:45 | Trackback | Comments(0)

「時速100kmで帰って来て!」


仕事からの帰りに、いつもの駅で、いつものように電車を降りた。

そこで目に入ったのが、電車に乗ろうとベビーカーを押すお母さんと、その少し前を歩く男の子。
手もつながず子どもだけで歩いているのが、危なっかしいなと思って見ていた。

3歳くらいの男の子が、ひと足先に、私が降りたドアから電車に乗った。
そのあとすぐに、お母さんがひとつ後ろのドアから乗った。

ドアが閉まりかけたそのとき、自分のすぐ後ろにいると思っていたお母さんがいないことに気付いた男の子が、あわてて電車から降りてしまった!!!

お母さんがひとつ後ろのドアから乗ったので、姿が見えなくてあせってしまったみたい。
その男の子も私も、「えっ!?」と思っているうちに、無情にもドアは閉まり・・・

ゆっくりと加速する電車。
お母さんの顔が目の前を通り過ぎた。

「そこで待っていなさい」
お母さんは冷静な表情で、ゆっくりとそんなジャスチャーをした。

しかし彼は、パニックのあまり、そんなことには気付いていない。
火が点いたように泣き出した男の子の手を引っ張り、とりあえず電車から離す。

家に帰るだけの私は「一緒に待っていようね」とベンチに座ってお母さんを待つことにした。
次の駅で折り返して、すぐに戻って来てくれるだろう。

小学1年生の扱いなら慣れているんだけれども。
この若さはちょっと、未知の世界。

「次の駅で降りて戻ってくるよ」や「泣くと疲れるからやめよう」の理屈も通じない。
膝の上にのせてあやすも、「3・2・1」とカウントダウンするも、泣き声は大きくなる一方。

「お母さんに今すぐ戻ってきて欲しいんだもん!」
そうだよね、心配だよね、そりゃ泣いちゃうよね・・・

ホームの反対側に一本目の電車が到着した。これには時間的に乗れていないはず。
お母さんの姿はなく、さらに泣き続ける。

「名前はなんていうの?」「いやだー!」
もはやまったく会話にはならない。

二人で大騒ぎしていたそんなとき、小さな男の子からとびきりの名言が飛び出した。


「時速100kmで帰ってきて欲しい!!!」


今すぐにお母さんに会いたい気持ちがよく表れている、なんとも子どもらしい表現。
彼の知る「速い」の最上級が、「時速100km」なのよね。

そのうちに二本目の電車が到着し、その窓からお母さんの姿を確認した。
「ほら、お母さんだよ」と、その子の手をとって振らせる。

興奮状態の彼に、「ここで待っていよう」の話など通じるわけもなく、「手を放してーーー!!!」と、まるで私から逃げるように、走り出す男の子。

近くにあった階段を駆け下りる彼を、急いで追いかける私。どうか、転ばないで!
降り切ったところで目に入った同じホームに上がる階段を昇ろうとするので、「ちがーう!」と叫ぶ。

足がピタッと止まった。
おっ、指示が通るじゃないか。

手を取って反対側のホームに上がる階段へ。
そこに待ち焦がれたお母さんとベビーカーが、エレベーターで現れた。


よかったねえ。

これから電車に乗るときは、お母さんと手をつないでいてね。
君がもう少し大きくなるまでは。

あ、時速100kmの話、お母さんに伝えるの忘れちゃったよ・・・
おもしろいエピソードだったのになあ。

--------------------------------------------------------------------

f0204584_2102169.jpg

眠活継続中で、明かりは間接照明を点けている。
あたたかい柔らかい光で、いつものカーテンがきれいに見えるな。
[PR]
by skr201 | 2011-11-24 21:06 | Trackback | Comments(2)

「竹を割ったような・・・」


今日国語の時間に慣用句の勉強をしていた。

「水を打ったように」とか。
「竹を割ったような」とか。
「蜘蛛の子を散らすように」とか。

子どもにはあまり聞きなれない言葉のようで、辞書で調べて初めて意味を知ったみたい。
意味が分かったら使いたくなるもの。

「学習発表会の会場は、水を打ったように静まり返る・・・?」
「おお、いいね!その使い方、あってるよー♪」
(でもよく考えると、ちょっと違うような気も・・・)

誉められてうれしそうな、ちょっと恥ずかしそうな顔をして、その子は続ける。

「お風呂に入って、竹を割ったようだ!」
「え!?」

一瞬わからなかったけれど。
「竹を割ったよう」というのは、「さっぱりした」と辞書には載っていた。

だからその子は、「お風呂に入ってさっぱりした」って言いたかったんだよね。
なんてかわゆいのかしらー♥

意味合いだけならあってるんだけどね、言葉には組み合わせ方というものがあって・・・
「竹を割ったよう」というのは、人の性格を形容するのに使うんだよ・・・日本語って難しいね。

でもそうやって使うことで、知識は知恵となり、自分のものになるのだ。
だから失敗を恐れずに、チャレンジしていこう、毎日。


とある学校にあった、すてきなものたち。
何でも元・美術家だというある職員の方(現在バリ島在住)が作ったのだとか・・・

思わず立ち止まっちゃうよね、1回目は。
f0204584_22201090.jpg

こんなの作ったら、子どもたちすごく喜ぶだろうな・・・
f0204584_22203823.jpg

どんぐりのカレンダー!
いいアイディアだなあ・・・これなら私もできるかも。
f0204584_2221034.jpg


いやあ学校は、クリエイティブなところじゃないとね。
[PR]
by skr201 | 2011-11-22 22:27 | Trackback | Comments(0)

「ツは難しい」


11月16日に日本でnew albumが発売となった、大御所ベン・E.キング。
f0204584_21325786.jpg

この『Dear Japan, 上を向いて歩こう』は、その名の通り東日本大震災の復興支援という意味合いで作られたという。

「上を向いて歩こう」のみならず、自身の代表曲「スタンド・バイ・ミー」も、日本語でセルフ・カバーしているのだとか。

この「上を向いて歩こう」が、ある日ラジオから流れてきた。
"omoidasu- na-tuno hi- hito-ri bocchino yoru-"

ここで耳が止まった。
「夏」のところを、natsu(ナツ)ではなく、natu(ナトゥ)と発音している。
・・・これは気になる。

どうも日本語の「ツ」は、外国人には発音しにくいらしい。
モルディブにいた頃、同期にマツダさんがいた話。

名前を書くときにはいつも、"Matsuda"と表記していたが、モルディブ人にはいつも、「マチュダ」と発音されていた。

なんだかそれが妙におもしろくて、あちこちで試してみたけれど、みんな「マチュダ」。
母国語によって発音しにくい音ってあるものね。

日本人ではRとLの違いとか。WとかFも難しいね。
ディベヒ語(モルディブの公用語)にあったLとLH、DとDH、TとTHの違いも難しかったな・・・

だからかな、自動車メーカーもmazdaだもんね(あれは文字数の問題か?)。
「マチュダ」じゃちょっと、かわいすぎる。


もう一方"stand by me"と言えば、思い出すことがある。
この名曲は私も好きで、聞くたびにあの映画のように冒険に出たくなっちゃう。

2000年に船で地球を一周していた頃。
その船のクルーは、ほとんどがウクライナ人やロシア人だった。

一応クルーズ船だったので、レストランやバーやプール、ジム、映画館などの施設が揃っていて、数人のバンドマンも同乗していた。

ある日プールサイドでそんなバンドマンたちが、「何かリクエストある?」と、聞いてきた。
私は迷わず、「stand by me!」と答えたが、なんと知らないのだという。

考えてみれば当時はソ連崩壊からわずか10年。
クルーたちは何とか英語を使っていたけれども、冷戦時代は当然禁止されていたであろう英語や欧米文化が浸透するには、まだまだ時間がかかったんだろう・・・

そんな世界の歴史を肌で感じた瞬間だった。
あの頃からだな、世界を自分の目で見てみたいと思い始めたのは。

stand by meを聞くと思い出す、こんなエピソード。

ところであのバンドは、何か演奏できたんだろう・・・
ロシア民謡かな?トロイカ?
[PR]
by skr201 | 2011-11-21 21:46 | Trackback | Comments(2)

「横浜見物」


空が高くて真っ青で、ぽかぽか陽気が気持ちよかったある日。
社会科見学で横浜ランドマークタワーと神奈川県警本部へ。

まずはみらとみらい線の馬車道駅で下車。
ここの駅は天井がこんなふうにドームのようになっていたり、造りが凝っていて素敵。

フラッシュなしだと電灯の色まできれいに撮れる。
f0204584_12175543.jpg

こっちはフラッシュあり。
f0204584_1218657.jpg


県警本部では通信司令室や交通管制センターなどを見学。
所内にはあの、新しくなった警察手帳?カード?を首から下げた人々・・・かっこいい!

そして案内をしてくれた広報の方々が、やはり厳しい。
一般市民の、しかも小学校4年生を常に整列させ、視線はここで固定、行動は始めにこれ、次にこれ、最後にこれ・・・と細かい指示。間違えるともちろん、公衆の面前で叱る・・・

やはり警察は厳しい世界なのですねえ。
毎日の煩雑な小学生対応、大変なことと思います。
受け入れて頂いて、本当にありがとうございました。

県警内はどこも撮影禁止なので、こんな風景しか撮れなかった。
f0204584_12274286.jpg


これはその形から「象の鼻」と呼ばれ、横浜港発祥の地だと言われている。
f0204584_12283469.jpg



さあ、では気を取り直して、次はランドマークタワーを目指して歩く。
f0204584_1229292.jpg

タワー見学の前には、みなとみらいのビル群や海の見える芝生でお弁当。
(茶色い柱のようなものは、日本丸のマスト)
f0204584_12301675.jpg

いつもは横浜名物シュウマイ弁当なんだけれど、この日は売り切れで「秋味弁当」。
f0204584_12311730.jpg

ここは日本丸も見えるし、
f0204584_12323872.jpg

みなとみらいも一望できるし、
f0204584_1235038.jpg

こんなトーテムポールもあるし、
f0204584_12353413.jpg

近くにトイレもあってお弁当を食べるにはうってつけの場所だった(マリタイムミュージアム前広場)。
子どもたちも芝生を駆け回って楽しそうだったな♪

次はいよいよ、ランドマークタワー69階の展望室へ。
今から350年ほど昔に、現在横浜スタジアムがある一帯を埋め立てた「吉田新田」の学習をしてきたので、それを実際に上から眺めてみようというもの。

現在ではどこもたくさんの道路が走りビルが建ち並んでいるけれども、昔はそこもすべて海で、それを機械も何も無い時代に人々が埋め立てたのだと、そんな話をしながら子どもたちと眺めた。

残念ながら吉田新田辺りの写真は逆光で白くなってしまい、美しくないので。
反対側の海の写真をどうぞ。
f0204584_12372260.jpg

f0204584_1250725.jpg

(iPhone4のカメラ、意外といい仕事をする)

ランドマークの入り口には、小さなクリスマスツリーが2つ。もうそんな時期だね。
f0204584_12512265.jpg

Qeen's Squareまで行くと大きなツリーがあるのだけれど、今日は社会科見学なので、ちらっと見ただけでがまん・・・まだ今度写真を撮りに行こうっと。
[PR]
by skr201 | 2011-11-19 12:53 | Trackback | Comments(0)

「アフリカフェス+RUN」


13・14日の2日間、山下公園でアフリカン・フェスタなるものがやっていた。

アフリカ各国の食や雑貨のお店、ライブ、そしてNGOの活動紹介ブースなどがある。
ここのところインドフェス・タイフェスなどやっていて、ちょっと気になっていたところ。

肉の塊が回転し美味しそうな匂いと煙を発するケバブ屋(肉食屋100%)はどこも長蛇の列。
ステージのライブはいつまで経っても始まらないアフリカ時間だし・・・

お店を回ってアフリカの方やNGOで活動する日本人の方々と話したり喧嘩したり・・・

まずはインド料理屋で腹ごなし(アフリカフェス外)
f0204584_22554777.jpg

アフリカの女性も美しいな。衣装もすてき♥
f0204584_22545299.jpg

豆のネックレスを購入(何の豆だかはお店の人もわからないと言う・・・)
f0204584_23342168.jpg

奥の女性とこの店の店長とケンカして、見物人に写真を撮られた!・・・気がする。
f0204584_22564284.jpg

平気で1時間くらいおしていた、メインステージでのライブ。みんなちゃんと待っているのがえらい。
f0204584_22584597.jpg

公園内にはバラ園があって、色々な種類のバラが植えられていた。
f0204584_2382819.jpg

秋の雲って絵になる。
このすぐ後にハート型の風船が20個くらい、空に高く登っていった。
f0204584_23994.jpg

イチョウ並木もだんだん色づいてきて。
f0204584_23101968.jpg

氷川丸はやっぱりかっこいい!
f0204584_23105172.jpg


さて、今日のメインの目的は、やっぱりランニング。
12月4日に控えた横浜マラソンのコースの下見に来たのだ。

一人じゃちょっと心細いので。
ランニングが得意な、りっちゃんと一緒に。

りっちゃんのパパはあの、箱根駅伝にも出場したという、ツワモノ。
確かに彼女の走りは、中学時代から、私たち凡人とはレベルが違ったもの。
きっとDNAに書き込まれきるんだろうな、「ランニング」の文字が。

道案内をしてくれるというりっちゃんに、大会のパンフレット(地図あり)を持ってもらい。
私は起動させているRunKeeperのmapを見ながら走るけれども、ちょっと迷ったりもして。

本来ならば10kmのコースを、時間をかけて12km。
途中で歩いたり、写真を撮ったり、水分補給に休んだり・・・

まあこのコースも10km超えも初めてなので、こんなもんでしょう。

でもこうやってりっちゃんと走っていると、毎日部活漬けのあの頃を思い出して、楽しかったよ。
週末も夏休みも冬休みも春休みも、ほんとアホみたいにがんばっていた頃のこと。

あの頃と何も変わらないような気がするのに、もう20年近くも経っているんだもんね。
たくさんの時間が流れたけれど、今日もまた一緒に楽しい時間をすごせるって素晴らしい!
f0204584_23243242.jpg


そうこうしているうちに、辺りはすっかり暗くなり。
マリンタワーは青く輝く。
f0204584_23254173.jpg

氷川丸だって、夜はまた別の姿に。
f0204584_23261465.jpg

体が冷えたので温かいものが食べたくなり、海鮮汁そば。
f0204584_23273382.jpg

ついでにデザートも!
f0204584_2328936.jpg


「せっかく走ったのにこんなに食べたらダメじゃん!」って友だちにつっこまれたけれど。
ダイエットのために走ってるんじゃないから、いいんだもーん!

強くなるために走っているのです。
そのためにはよく食べないとね。

つきあってくれたりっちゃん、どうもありがとう。
今度は江ノ島辺りを走ったら気持ちよさそうだねえ♪

そうそう、パパさんもね。
[PR]
by skr201 | 2011-11-18 23:36 | Trackback | Comments(0)

「最後は公園で」


今日職場で、ちょっとあった。

日本のみなさんは真面目で一生懸命で、お互いよく気を遣う。

言いたいことも我慢して相手を立てる。
でもそれで余計にお互いが何を考えているのかわからなくなり、すれ違い・・・
良かれと思ってやっているのに、すれ違って空回って時間ばかりが過ぎていく・・・どつぼ。

ああ思いっ切り走ったらスッキリしそうだなって思った。
頭の中空っぽにしてさ。

いつもの嵐を聞きながら、いつものコースを走る。
月齢19.76の欠けた月が昇り始めたころ。

ペース配分も何も考えず、ただ脚を前に出し続けたので、ちょっと速かったみたい。
途中でつらくなって結局歩いて、トレーニングになったんだかならないのか・・・

でもこうやって思いっ切り体を動かすのは、やっぱり気持ちがいいよね。

ランニングの最後は、いつもたいてい、うちの近所の公園。
ちょっとした丘の上にある我が家の、それよりも上にある、丘の頂上の公園。

桜の木が2本あって、天気がよければ富士山が見えて、駅までのバス通りが見渡せるところ。
ちょっと前までは荒れていたけれど、数年前から手入れされるようになり、明るい雰囲気になった。

72段の階段の上にある、ちょっとした難所。
でもこれくらいがランニングのフィニッシュには、うってつけ。

最後に階段攻めというのはきついけれど、上まで昇り詰めて景色を見下ろすのっていい気分。
だから結局、ここまで来てしまう。

息を切らしながら階段を登って。
「やったー!」って拳を上げて。

とりあえずは呼吸や脈が落ち着くまで、芝生の上に大の字になる。
脚も手も投げ出して横になり、空を見上げる。

ハアハアって、自分の胸やお腹が大げさに上下するのを眺め。
ドクドクって鳴る心臓の音を聞きながら。
月や星をぼーっと視界に入れておくのが、最近のちょっとしたお楽しみ。
f0204584_23294182.jpg

(左側が街灯、右が月、そして真ん中の下に見えるのが公園の柵)

夜もよく来る犬の散歩に来た人なんかに、不審者や変死体だと思われてはいけないので、ヘッドホンを外して耳を澄ます。

人の気配を感じたら、起き上がってストレッチや筋トレをして、平静を装うために。


さあ明日も、日本社会でがんばって生きていかないとね。
早くリタイヤしたいのだけれど。
[PR]
by skr201 | 2011-11-15 23:26 | Trackback | Comments(2)

「寒くなってきた」


暖かかった今年の秋。
ついこの前までは、仕事も半そで、ランニングも半そで。

空気はからっとしてるし、柔らかくなった陽射しはあたたかいし、日が暮れて急に寒くなるときのキュッとした感じと秋の匂い・・・そんなものが心地よかった。

f0204584_22465514.jpg
f0204584_22472425.jpg
f0204584_224746100.jpg

いつものコースはこんな感じ。

そんな秋も深まり最近では、だんだんと寒くなってきて、先週の金曜日なんて11℃!
おかげで11年11月11日11:11は11.1℃だったらしい。

こう寒いと冷え性の私はすぐに手足が冷えてしまうので、ランニングにも軍手をして行った。
そして走り始めようとして気が付いた。

・・・いつも使っている計測用のアプリが起動できない。

手袋等をしていると液晶パネルが反応しなくなっちゃうのは、なんで?
指先の何に反応してるんだろう?電流?

右手だけ軍手をしないという選択肢もあったのだけど、なんせ寒いので、いちいちはずすことに。
タイムや距離をチェックするたびに軍手をはずすのはやっぱり、めんどくさい。

まあ軍手だし、右手の指先だけでも切ればいいんだよね。
なんてfbに書き込んだら、液晶パネルの操作がそのままできる優れもの手袋があると、友だち(ガボン幼児教育隊員)が教えてくれた。

・・・みんな同じこと考えているんだね。
そしてそんなことを実用化できるんだから、すばらしき日本の技術。


この猫に出会ったあの神社のもみじは、この寒さで紅葉し始めたかな。
明日の朝にでも見に行ってみよう。
f0204584_225887.jpg
f0204584_22583466.jpg
f0204584_22585918.jpg

[PR]
by skr201 | 2011-11-14 23:01 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧