ちきゅう



<   2012年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


「美しきグランドキャニオン」


さあ、セドナの次は、グランドキャニオンへ。

広大な国立公園になっていて、多くの観光客が訪れるサウス・リムから反対側のノース・リムまで350kmもあるというんだから、大きさは本当にケタ違い。

サウス・リムの平均海抜は2,300mだから、朝晩はだいぶ涼しくなる。
f0204584_163812.jpg


いくつもの地層が重なる美しさはさることながら、びっくりするのは、その大きさ。
その光景が視界に入る限りずっと続くので、どれくだい大きいのかよく分からなくなるよ。

こんな景色を眺めていると、私に関する出来事なんて何もかも、取るに足らないことに思えてくるから良い。そんなに大したことじゃない、どうにかなるよってこと。

"Every little thing gonna be alright..."って、ボブ・マーリィも言ってたし。

ほら、人間なんて、こんなに小さいんだもの(左上に観光客が見える)。
f0204584_16425359.jpg


最表面の地層が2億7000万年前、最も古い底の部分は18億4000万年前のものだそうな。

地球の誕生を45億年前と考えそれを1年間に例えると、人類の出現は12月31日の23時40分くらいだって、中学の理科の先生が言っていたけれど、その話を今回のガイドさんもしていた。

そうなれば人の一生なんて、「くしゃみ」みたいなもんだろうか。
そんなことを思いながら朝陽を眺めて、グランドキャニオンのビューポイントに向かった。
f0204584_16571665.jpg

f0204584_1713435.jpg

コロラド川は、渓谷の下1,500mを流れている。
グランドキャニオンがあまりに深いため、川を眺められるのは、2,3箇所の見晴台からだけ。
f0204584_1658484.jpg

f0204584_1659426.jpg

↑右端に見える塔は見晴台のようになっていて、内部にはおみやげショップや壁画があった。
f0204584_17114238.jpg

f0204584_16594550.jpg
f0204584_1704183.jpg
f0204584_1704229.jpg
f0204584_1712474.jpg


そしてここでちょっとハプニングが。
グランドキャニオンを後にしたときのこと。

このコースの最後のポイントであるアンテロープ・キャニオンに行ってみたら、なんと・・・
どうやら前日の大雨による鉄砲水の危険があって、入れないのだとか。

そう言われると、ますます見たくなる、アンテロープ!
また行くかな・・・
(写真は"BEAUTIFUL PLANET EARTH"というfbぺージからお借りしてます)
f0204584_17214319.jpg


仕方ないので急遽、近くにあるホース・シュー・ベンド(馬の蹄の形に見える)に向かう。
途中には火力発電所があった。
f0204584_17151070.jpg

そりゃあもう高くて、上から恐る恐る覗いてみると、足がすくむくらい。
「落ちないでね、気をつけてね」ってガイドさんが何度も言うもんだから、余計に怖くなる。
f0204584_17183856.jpg

(上がiPhoneで、下がデジカメで撮影。もはや私のデジカメの役割は終わったか・・・)
f0204584_17185775.jpg


ああほんとに、地球って美しい。
アメリカの食べ物は、こんなにも奇妙な色をしているけれども。
f0204584_17271697.jpg

[PR]
by skr201 | 2012-09-30 16:25 | Trackback | Comments(0)

「ボルテックス・セドナ」


日本国内、世界各国を歩き回るようになって十数年。
そろそろ私の旅も、終わりが近付いてきているような気がする。

そんなことを感じながら、今年の夏は導かれるように、北米に向かった。
北米って今まで、毛嫌いしていて行ったことがない。なんか、いやなのよね・・・

目的は憧れのGrand Canyon。
それに最近話題のパワースポット、SedonaやLasVagasを組み合わせて。

最初にラスベガスまで飛んで数日過ごした後、日本で申し込んでいた現地ツアーに加わった。
(ラスベガスの話はまた、後日)

さすがアメリカは、とんでもなく大きいの、なんのって。
何にもない砂漠の道を、車は何時間も走り続けた。
f0204584_12232984.jpg

f0204584_1293510.jpg


最初に訪れたセドナは、ボルテックス(Vortex)がいくつもあると言われている。
ボルテックスとは、ラテン語で「渦巻き」を意味し、最近では「大地からの強いエネルギーが渦を巻いて放出され、神秘的なパワーが人々に癒しを与える場所」という意味で使われている。

まあそんな名前に関係なく、広大な自然の中に自分を置くと、リフレッシュできるから。
忙しい毎日で文字通り心がなくなっているような気がして、人の存在など超えた大きな力で、自分を潤したくなって向かったんだろう。


エアポート・メサという高台からは、セドナの街が見渡せる。
f0204584_12214012.jpg
f0204584_12221353.jpg

ボイント・キャニオンにはこんなリゾート地もあり、その神秘的な力を求めて、世界中からセレブが訪れるとか・・・
f0204584_12225195.jpg


どこを見ても、こんな岩山の風景。
何千年何万年かけて土や砂や石が堆積し、地層をつくり、それが削られ、独特の形になった。

ずっと昔から人々はこんな風に、この広大な景色を眺めていたんだろうね。
そしてそれぞれの場所から、どんなことを考えたのかな。
f0204584_1227736.jpg

f0204584_1231568.jpg
f0204584_1231890.jpg


岩山の中には、こんな教会もあった。
f0204584_12323687.jpg

f0204584_12333766.jpg
f0204584_12333794.jpg


神秘的なものや霊的なものなど、何にも感じない私だけれど。
目の前に広がる大きな自然に、心が洗われたような気がした。

グランドキャニオンの話はまた、次回に。
[PR]
by skr201 | 2012-09-29 12:40 | Trackback | Comments(0)

「風に吹かれて」


一週間までは夏だったのに、突然秋がやってきた。

湿気がなくなり、風の匂いが変わった。どこかでキンモクセイの香りがする気がする。
そして、吹く風が肌寒いくらいで、半袖から出ている腕をこする。

布団を厚いものに変えて、たんすの奥から、秋物の服引っ張り出してきた。
でも、もともと秋物なんてそんなに持っていないから、何を着たら良いのかわからないよ・・・


街路樹も少しずつ秋の準備を始めていて、川沿いのサクラの葉は赤くなりだしている。
サクラは紅葉もきれいなんだけれど、葉が完全に色づく前に散ってしまうので絵にはならない。
f0204584_23484747.jpg


毎年この頃になると、思い出す歌がある。
JUDY AND MARYの、「風に吹かれて」という曲。

調べてみると97年にリリースされた"THE POWER SOURCE"というアルバムに収録されていて、シングルカットはされていないらしい。


ちょうどその頃一緒にバイトをしていた友だちと、よくそんな話をしていた。
ドリカムの曲では何が好きとか、ジュディマリなら何が良いとか、そんな時代。

その彼女が言っていた、「私は『風に吹かれて』が好き」だと。
なぜだかその時の場面を、15年以上もたった今でもよく覚えている。


あなたに前もらった 詩集が失くなったの
後ろのページにはさんであった 私の似顔絵 よく似てて笑った

しゅんとして歩いてる 背中たたいてくれる
踏みつぶされてる しぼんだ風船に 息を吹きかけてる

(中略)

夢のカケラたち 元気に出ておいで どこまで 行こうかな?

失くした詩集を見つけたの 懐かしくてページめくる
まだあの絵がはさんでる気がして 本気で探しちゃった

変わってゆく私も 変わってく景色も イタズラに時をすべって
もし生まれ変わって 違う私でも 永遠に 銀河の風に吹かれて…



こうやって聞き返してみても、「秋」という言葉も、秋らしいフレーズも出てこない。
でもいつも、秋の始めになると思い出すのは、この話をしたのが秋だったのかな。


その彼女に今年の夏、LAで再会した。
ここ10年くらい疎遠になっていたのだけれど、ブログだかフェイスブックだかを通じて、思い出したように連絡を取り合うようになって。


外国で自分の道を、自分で切り拓いて生きている姿に、ものすごく刺激を受けた。
「ああ私もやっぱり、自分の好きな場所で好きなことして、生きて行きたいな」って。


そうやって「がんばろう」って思いにさせてくれるのは、いつもそんな人たち。
素敵な生き方をしている、昔の仲間だったり新たな知り合いだったり・・・


私も自分らしい道を歩いていかなくちゃねって、今日も思った。
日に日に秋に変わっていく通勤の道を歩いて行く途中、この曲を聴きながらね。
f0204584_063018.jpg

そのために、今できることを少しずつやっていこうっと。
[PR]
by skr201 | 2012-09-28 00:12 | Trackback | Comments(0)

「モルディブ缶詰ナイト」


モルディブから帰国して早1年半。
モルディブ関係のイベントにちょこちょこ誘われるようになった。
f0204584_21383821.jpg

在日モルディブ人は、わずか数十人だというし(大使館の把握する、オフィシャルな人数)。
モルディブと関係のある日本人も、そんなに多くはないだろうから。

こういうイベントに行くと、だいたいいつも、同じ顔。
だから今回もどうせ、関係者の集まりでしょ、と思ったら・・・

なかなかの盛り上がりだった、モルディブ缶詰ナイト。
缶詰博士・黒川勇人氏による、缶詰トーク+モルディブの観光情報。
f0204584_21393248.jpg

あっという間に売り切れて、唯一残っていたのが「ビスカトラス」と呼ばれる、ゆで卵が入ったスパイシーなコロッケのようなヘディカ(甘い紅茶と一緒に食べるモルディブ風お菓子)
f0204584_21395898.jpg

「リハ」という、モルディブ風のカレー。でも日本米とはあんまり合わない。
f0204584_21402328.jpg

ココナッツが入ったツナサラダのようなものを、小麦粉をのばして焼いたロシで包んで食べる。
左側はフニロシと言って、生地の中にもココナッツが入っていておいしい。
f0204584_21404541.jpg



ここでどうして、缶詰なのかというと・・・。
(だって「缶詰ナイト」なんて、あんまりピンとこないし、魅力的じゃないもんね)


これといった産業のない観光立国モルディブの、数少ない純国産品といえば、ツナ缶。
日本の技術支援で生産が始まったもので、今では欧米でも高級品として売られているとか。

そして何より、長年日本から最大のODA支援を受ける親日国モルディブは、東日本大震災の際に、日本のためだけに36時間テレビを放映し、ツナ缶の寄付と募金を呼びかけ続けたというドラマがあるのだ。

人口40万の国で68万缶のツナ缶が集まり、被災地へと届けられた。
(635日目「モルディブ、日本人と一緒!」http://skr201.exblog.jp/15684882/)


震災発生時モルディブにいた私たちは、日本を心配して声を掛けてくれる人や、缶詰やお金を持ってテレビ局に集まる人に、たくさん出会った。



だから、知っている。
f0204584_21574989.jpg

たかが、缶詰。
されど、缶詰なのです。
[PR]
by skr201 | 2012-09-25 22:02 | Trackback | Comments(0)

「ヒート・ギア」


高校生の頃に突然、日光に対して肌がアレルギー反応を起こすようになった。
数分であっても肌が日光に当たると、赤くなってぶつぶつと発疹ができてしまう。

夜になるとそこが熱くなってきて、さらにぶつぶつが大きく膨らみ、とってもかゆい。
あちこち皮膚科に行ったけれども、あまり効かない塗り薬をもらうだけで、何もよくはならない。


なので対策は、日光に当たらないようにするのみ。
長袖を着る、帽子を被る、サングラスをかける(目も紫外線に弱い)、そして日焼け止めを塗る。

半ば日光恐怖症になっているので、日焼け止めは必須アイテム。
春から秋にかけて、そして旅行に行く時には、かばんの中に必ずひとつ入れておく。

これがないと怖くて外に出られない(それなのに南の島がすきな困ったわたし)。
家で洗濯物や布団を干す時にも、必ず日焼け止めクリームを塗って長袖を着て、帽子を被ってから。


今年の夏も、おそらく10本は使っただろう、日焼け止め。
いや、20本かもしれない。とにかく1日数回、塗って塗って塗りまくる。
f0204584_14481054.jpg

(今年の夏のお気に入りは、左端のSEA BREEZE。この緑の他にも色んな香りがある)


日焼け止めを塗ったとしても焼けるのだけれど、赤くなったり発疹ができたりはしにくくなるので(まったくしないわけではない)、肌に1枚カバーをかけて保護するという意味で使っている。


しかし職業がら、夏は外にいることが多い。
水泳授業に運動会・・・、もういやになるくらい、炎天下で過ごす毎日。

水泳ではラッシュガードにくるぶしの長さまである水着で。
運動会の練習も、長袖ジャージを羽織ってだったけれど、やっぱり暑いので・・・


UNDER ARMOURの"heatgear"なるものを購入。
暑いときに着ることで、かいた汗を蒸発させてドライに保ち、サポート機能で運動効率を上げてくれるらしい。
f0204584_14564642.jpg

そして私にとって何よりうれしいのが、首のところまでカバーしてくれること。
首周りは肌が弱いので、日焼け後の炎症が起きやすいから。


暑いかなと思ったけれど、キュッと締め付けるからか、そんなに暑さは感じない。
そしてこの、上半身が完全にガードされているという、安心感がたまらない。


おかげで1日4時間という運動会の練習や、朝6時から働かされた運動会の当日も、カラダには異常が出ず乗り切れた。

顔はやっぱり、ヤケド状態になっちゃったけれど(顔にはマスクをするわけにいかないので)。



今後も色々と活用したいアイテム。
[PR]
by skr201 | 2012-09-23 15:04 | Trackback | Comments(0)

"ESPRESSODA"


友だちに「すんごい、まずいよ」って言われて、改めて気になっていた。

CMを見て以来探してはいたけれど、売れてないのかあんまり見かけない。
でもようやく見つけたので、挑戦。

(私の生活圏にやたらめったらファミマはあるけれど、品揃えは店によって全然違う。
なので最近は、欲しいものによって店を使い分けることを覚えた。)

f0204584_18541414.jpg


すごく甘くて、すごく苦い(つまり味が濃い)。
そんでもってすごく、シュワシュワしている・・・

これは一本飲むのもひと苦労。
なかなかのインパクトだった。


それにしても、カルビー商品の安定感は抜群だね。
「たらこバター」もまた、美味し。

秋になるとバターやらこってり味のものが食べたくなる。
[PR]
by skr201 | 2012-09-21 08:50 | Trackback | Comments(2)

「プリクラ・マジック」


モルディブからお客様が来た。
なんだかんだ色々あって、わずか6泊7日の滞在!

宿泊はみなとみらいにして。
買い物やちょっとした観光を楽しんだ。

うちの近所の田んぼやヒマワリ畑にも感動していたっけ・・・

f0204584_13585883.jpg
f0204584_13591684.jpg
f0204584_13593540.jpg
f0204584_140421.jpg
f0204584_1402636.jpg


日本って改めて買い物をしてみると、品物の種類も豊富で、値段も手頃、そして店員さんの接客態度は世界イチ・・・まさにShopping Paradise!

衣料品やらスポーツ用品やら、楽しそうにたんまりと、買い込んでいた。
家族や親戚、友だちとのつながりが強いので、おみやげは大量に買って帰らないといけない。


週末は熱海と初島に足を伸ばした。
船に乗って小さな島に行くのと花火大会が、おめあて。
f0204584_1452564.jpg
f0204584_1454144.jpg
f0204584_146152.jpg
f0204584_1461994.jpg
f0204584_1464154.jpg
f0204584_146554.jpg


特に花火大会は、向こうでは花火自体が国で禁止されているので、びっくりしたみたい。
小さな手持ち花火も楽しんだ。
f0204584_1475290.jpg
f0204584_1481264.jpg



こうやって観光客目線で見ると、色々な発見があったけれども。
私がいちばんびっくりしたのが、プリクラ。

ゲームセンターなんてほとんど行かないけれど、こうやって外国からお客さんが来たときには、連れて行ってUFOキャッチャーやらプリクラやら太鼓の達人やら、やってみる。


プリクラは私のように、いかにも日本人顔でも、きれいに写るようになっている。
目の上下のラインが強調されて、瞳がきらきらし、強い光が肌を白く写す。

だから私のような顔は、修正機能がうまく働くんだけれども。
モルディブ人のようにもともと目鼻立ちがはっきりしている人の顔は、おかしなことになるのだ!


いつもより黒さが弱まった肌の色に、ご機嫌なご本人(モルディブでも美白は人気)。
でも「この変な目は、なんなんだろうね」って、不思議そう。

・・・なんだか大きなクマができたようになっていた、目元。
そして黒目のきらきらがなんだか奇妙・・・青白くなってる?

やっぱりプリクラは日本人の、日本人による、日本人のための機械なのねって、実感。
プリクラ・マジックは、日本人にしか効かないみたいだよ。

f0204584_1415241.jpg

ちなみにこのHARAJUKU STYLEは、モルディブで売っているGATSBY。
(そういえば日本で最近やっているGATSBYのCMの松田翔太くん、かっこいいね)
[PR]
by skr201 | 2012-09-19 13:56 | Trackback | Comments(0)

「おみやげコレクション ’12」


夏休みが終わって、早ひとつき。
長期休み恒例の、おみやげのお渡しと回収がほぼ、終了した。

私のおみやげはグランドキャニオン・ミント。
小さくて軽くて、かわいいものを見つけたと思ったけれど、みなさんと比べるとショボいな・・・
f0204584_13134443.jpg


職場の方からは、長崎の「じゃがメル」。
口に入れた瞬間はキャラメルの味なんだけれども、それがだんだんとポテトチップの味に変わっていく、不思議なお菓子。
f0204584_131432100.jpg


同期からは、広島の「お濃い抹茶さくろーる」と、
f0204584_1315498.jpg

宮古島(沖縄)のローズマリーtea。
f0204584_13164257.jpg


マレーシアから一時帰国した隊員同期には、紅茶。
(キャメロン・ハランドは紅茶の産地として有名)
f0204584_13172528.jpg


前の職場でお世話になったお姉さんたちからは、スペイン(左)とメキシコ(右)のアクセサリーを。
f0204584_1319283.jpg


モルディブでお世話になったイタリア人の友だちが、初来日。
今度は「うちに来てね」って、地元のガイドブックをくれた。
f0204584_13194247.jpg



あれ、そういえばモルディブからのお客様には、何ももらわなかったな・・・
[PR]
by skr201 | 2012-09-17 13:21 | Trackback | Comments(0)

「BARE FOOTのバッグ」


スリランカのコロンボに、BARE FOOTという、雑貨屋さんがある。
(最近は日本でも、ちょこちょこ売っている所もあるらしい)
f0204584_12191164.jpg
f0204584_12193547.jpg


日本人らしからぬ、FUNKYな色使いの衣装を身にまとう私の、好みど真ん中。
カラフルで丈夫な生地で作り出す、雑貨の数々のかわいいことと言ったら・・・
f0204584_1221463.jpg
f0204584_1222795.jpg

f0204584_12423572.jpg

f0204584_1224542.jpg


接客態度は実にイマイチだけれども、いつ行っても外国人観光客で賑わっている。
併設してあるcafeも、とってもかわいい。
f0204584_12231457.jpg
f0204584_1224172.jpg
f0204584_122415.jpg



2回目のスリランカに行くことになった2011年末。
同じくBARE FOOTファンの友だち(旅行中毒者でもある)に買い物を頼まれた。

ハンドメイドが得意な彼女のリクエストは、「長さ1mの布地を2枚買ってきて欲しい」。
セレクトは私のセンスに任せると。

ということなので私の好みで、青系と茶系の布を1枚ずつ買った。
f0204584_1229078.jpg


その布を持って、スリランカからネパールとインドネシアを10日間かけて回った。

みなさんもご存知の通り、布と言うものは、軽くはないのだ。
「荷物はできるだけ小さく軽く」という、私の旅の哲学に反する・・・


日本に帰ってきて、恒例の旅行報告会をしながら彼女に布を渡したときのこと。

「青はとっても素敵ね!」とお気に召した様子。
「でもこの茶色はちょっと、地味じゃない?」と、どうも気に入らない様子。

「あのー、布のセレクトは私に任せるってことだったし、その布2枚は、かなり重かったんですけど・・・」と言いかけた時。

「わかった、こうしよう!私この布で、あなたにバッグ作ってあげるわよ!!!」
「えっ、いらないんですか・・・」


という訳で、それから半年ほどたった、ある日。
あの布でつくったバッグが、私のものになった。
f0204584_12364696.jpg



どうもありがとうございまーす。
これは私の好みでしたね・・・
[PR]
by skr201 | 2012-09-16 12:48 | Trackback | Comments(0)

「どんぐり見つけた」


まだまだ毎日暑くてしょーがないけれど。
季節は秋へと向かっているみたい。

18時過ぎには暗くなるようになり。
秋の虫のさわやかな鳴き声が、日が暮れてようやく凌ぎやすくなった空に響く。


学校では子どもたちが、どんぐりを見つけたって、うれしそうに報告に来る。
「先生にあげるよ」って、せっかく拾ってきたのに、もらっていいのかな。
f0204584_0461674.jpg


夏はいつまで続くのかと思っていたら(私は一年中夏でもいいくらい夏がすきだけれども)、もう秋はすぐそこまできているんだって、子どもたちが教えてくれた。


こうやって月日は過ぎ行き、季節は巡るんだね。
四季のある日本の自然は、やっぱり美しい。


サンマが旬をむかえ(サンマと粒マスタードの香味焼き)。 
f0204584_050378.jpg

モンブランは一年中あるけれど、おいしくなるような気もする。
f0204584_0505316.jpg

ティラミスはよく見たら、秋っぽいね。
f0204584_0511192.jpg


美味しいものが、またたくさん出てきそう。
[PR]
by skr201 | 2012-09-15 23:53 | Trackback | Comments(2)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧