ちきゅう



<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


「出会いのかけら」


高校の卒業アルバムの白紙のページに、古文の先生がこう書いてくれた。
あの個性的な文字で、「人生出会い、ただ懐かしく」と。
f0204584_1040275.jpg

(ハートマークと宮古島上空)



先日たまたま参加した近所の小学校の公開校内研修で。
学級経営で有名な大分県の小学校のある先生が言った。
「子どもたちにはいつも、『人生は、友だち探しの旅だよ』って言ってます」
f0204584_08482.jpg

(波照間島ニシ浜へ続く道)



人生の節目を迎えたような気がするここ最近。
気の向くままに過ごせる幸せな時間を手にして、いろんなことをしているけれど。
f0204584_091359.jpg

(波照間島仲底商店)



やっぱり思うのは、人生は人との出会いだなってこと。
これからを生きていく刺激をもらえるのは、やっぱり「ひと」からなんだよね。
f0204584_093427.jpg

(石垣島観音崎)



熱い情熱をもってプロフェッショナルの仕事をこなす先生。
おごることなく損得勘定もせず、ただまっすぐに、そしてあたたかく。
f0204584_082470.jpg

(波照間港)



そんな先生の周りには、志をもった人たちが集まっていた。
ちょっとしたわずかな時間の出会いの中で交わされる、優しい言葉。
その場に漂う、あたたかい空気。ほとばしる情熱。
f0204584_10481496.jpg

(那覇市波の上ビーチ展望台)



様々な人たちとの出会いに、すてきな刺激をもらって。
私もがんばろうって気持ちになった。
f0204584_01019100.jpg

(石垣島フサキリゾートヴレッジ)



出会ってくれて、ありがとう。
そしてこれからやってくる出会いに、わくわく・・・
f0204584_0122077.jpg

(那覇市波の上)



そんな出会いのかけらたちをつなぎ合わせたのが、人生になるんだろう。
みなさんに支えてもらって、私は今日も生きています。
f0204584_0153186.jpg

(我が家からの眺め)
[PR]
by skr201 | 2013-08-30 08:23 | Trackback | Comments(0)

「だれかのしわざ」


マンションの入口にある駐車場に停めてある自転車。
この島での私の大切な足。

だれかのいたずらなのか、たまにハンドルがぬるぬるしている・・・
機械油のにおいがする・・・


f0204584_11271817.jpg

・・・なんで?
やめておくれ!!!
[PR]
by skr201 | 2013-08-25 11:10 | Trackback | Comments(0)

「エコなのかエコじゃないのか」


石垣島のスーパーはどこでも、会計時にレジの方が袋に商品を入れてくれる。
(混んでいる時には、自分で入れるけれど)

ベテランさんは、そりゃあもう、鮮やかな手つきで。
新人さんは、ゆっくり慎重に。

セットした袋に、バーコードを読み取んだ商品を次々と入れていく。
袋の底には重たくて安定した形の物を。上には軽いものや壊れやすいものを。
みなさん量もかなり多いので、なかなか難しそうだなあ・・・私この仕事できるかしら?


家までは5分10分の距離なので、自分ではそんなに慎重にパッキングしない。
なにがってあの、小さなビニール袋の話。

生の肉とか魚とか、汁がもれてしまいそうなものとか。
生卵が万が一割れてしまったときのために。
1回につき、1枚か2枚。むしろ使わないことも多い。


だがしかし、この、袋詰めサービスにおいては。
レジの方がものすごい量のミニ袋を使って、袋詰めしてくれるのだ。

野菜、果物、冷凍食品、豆腐(できたてのビニール売りの豆腐を、さらにビニールに入れる)、お惣菜、なんでもかんでも入れまくる・・・一体何枚使うんだろうか。


こっちでも持ち帰り用の大きなビニール袋は有料で、3円かかる。
有料にして省資源と、エコをお客さんにも意識化するってのは、とってもいいと思うけれど。

せっかくマイバッグ持って来てるのにさ、こんだけミニ袋使われたらあれれ?って感じだよ。
袋詰めのサービスしても、もし何かあったらクレームになってしまうからミニ袋なんだろうか。


お客さん1人につき、ミニ袋5枚使ったら、1日500人の来客として2,500枚。
大きなビニール袋は、だいたい1人2枚として1,000枚。
マイバック持参者も多いから、7~800枚かな。

ミニ袋の方が、消費量は多いだろう。


いっそのこと、袋詰めサービスをやめたら、ミニ袋の消費量は減りそう。
自分でやったら、誰だってあんなに慎重に袋に入れないでしょ。
レジ処理のスピードだって、かなり向上しそうだし。

しかしああやって袋に詰めてもらえるのって、何だかうれしいので。
やっぱり明日も、やってほしい。
f0204584_12524834.jpg

わたしのエコバッグいろいろ。

真ん中のはカナダのスーパーで売られているエコバッグ。
丈夫で持ち手もしっかりしていて使いやすい。おしゃれでかわいいし♡

CANADA'S GREENEST SHOPPING BAG・SOMETHING CAN BE DONE!
って書いてある。

オーストラリアでも十数年前にはすでに各スーパーがオリジナルエコバッグを推奨してた。
街でもそのバッグを使っている人を、よく見かけたもの。


ENVIRONMENTALLY FRIENDLYに、なりたいもんだ!
[PR]
by skr201 | 2013-08-20 11:35 | Trackback | Comments(2)

「不動産仲介手数料」


何かを決断する時に、あんまり悩まないタイプ。
スーパーでの買い物も、つぎの旅先も、人生の岐路の選択も。

だから石垣での家探しも、ほとんど悩まなかった。
ネットで様子をうかがないながら、とりあえずは民宿暮らし。
そこで島の地理やら相場やら見ながらも、優先順位は決まっていた。


まずは石垣のきれいな海が見える場所。
朝一番に窓を開けて海を見たい、音が聞きたい、香りを感じたい。
そして寝る前にも波の音を聞いてさ、星や月を眺めてね。

そして家具付き。インターネット付き。
仕事が決まったら、離島を含めどこに飛ばされるかわからないから、荷物は増やしたくない。


そんなふうに優先順位を決めていったら、候補はひとつしかなかった。
家賃はちょっと高めだけれど、そう長くはいないだろうから、まずはやりたいことをやろう。

なので不動産屋さんを回ったのも、1軒。
物件を見たのも、1件。


「本当に他の物件を見なくてもいいんですか?」と、担当さんに念を押されたけれど。
「ここが気に入ったのでここでいいです」と、即決で入居した。
荷物はスーツケースひとつしかなかった。


なので。


不動産仲介手数料の家賃一カ月分は、高いなあと思った。
だって、ほとんど向こうの手を煩わせてないもん。

物件を見に行くのだって、近所だったから自転車で行ったし。
そこで山側と海側の部屋を2つ見せてもらって、すぐに決めた。
あとは電話を数回して、手続きのために事務所に呼び出されたので、行ってそこで契約。

なので契約に必要な書類作成等の事務手数料が家賃のひとつき分ってことになる。
なかなかおいしい仕事じゃないの、なんて思っていたけれども。


いやいや不動産屋さん、なかなか大変なお仕事です。
毎日おつかれさまです。

入居ひとつき後の台風+老朽化のため、いろいろなものが壊れた。
そのたびに様子を見に来てくれ、無料で修理してくれる。

台風の前には、エントランスにネットを張りに来た(物が飛んできてガラスが割れないように)。
エレベーターを止めて、エレベーターのドアを鉄の扉で封鎖した。

台風の後には、梯子で屋上に上がってテレビのアンテナを修理し。
うちのベランダの壁を、業者さんと一緒に修理をし(制服ではなく作業着でやって来た)。
エアコンの室外機の修理の手配をし(ひとつ数万円する基盤を交換してくれた)。
f0204584_9473461.jpg


台風がひと段落したら、浴室の排水溝の詰まりについて相談すると。
またもや詰まり対策セットを大きなバケツに入れて持って来て、あれやこれやと作業してくれた。
(結局直らず、大がかりな工事をすることになった)


新規契約だけじゃないのね・・・アフターサービスもちゃんとやってくれるんだ。
自分が担当している物件は、業務内容に関わらず、修理なんかも対応してくれるのね。
でも一体、抱えている物件は、いくつあるんだろう。想像しただけでも、大変・・・


「不動産屋さんって、こんなことまでしてくれるんですね。こちらは助かりますけど、大変ですね」
とつい、言ってしまうと、
「はい、私もこんなことまでするとは思いませんでした。でもアフターサービスの充実が、八重山ホームの売りですから、何でもやるようにと、社長に言われてるんです。」
とのこと。


毎日いそがしく動き回る担当さんにとっては。
いつものんびり家で過ごしている私が不可解らしく、聞かれてしまった。
「いつも家で、何してるんですか?」と。

わたしは人生の休憩中です。
とは、さすがに言えません、就職活動中です・・・

f0204584_9573867.jpg

いつもお世話になってます、八重山ホームさん。
この部屋、窓からの眺め、とっても気に入ってます。


・・・これからも台風の度に、助けを求めて連絡します!
[PR]
by skr201 | 2013-08-15 08:56 | Trackback | Comments(2)

「つまようじ法ブラッシング」


昔から虫歯が一本もない。
正確には、小さい頃に乳歯にはあったけれども、永久歯にはなかった。

歯磨きがすきだし。
小学生の頃の歯磨き指導がうまくインプットされて、正しい磨き方ができていると思っていた。


でも石垣に越してきてしばらく経ったあたりから、奥歯が痛むようになった。
飛んだり跳ねたりすると、ズキズキと痛む。

近所の歯医者さんに行くと、虫歯になりかけの状態らしい。
そしてそれより深刻なのは、歯茎の腫れだと言う。


自分ではわからなかったけれど、歯茎が腫れていて、出血しやすい状態。
この状態で処置をすると、出血が多くて治療に支障があるのだとか。
何よりも、出血があるということは、歯周病が進行しているということなのだと言う。

なので虫歯の治療よりも、歯茎を健全な状態に戻すことを優先することに。
そこで、25年ぶりくらいに、ブラッシング指導を受けた。


今回の方法は「つまようじ法」というもので、通常の歯磨きに加えて、特殊な歯ブラシで歯と歯の間と、歯と歯茎の境目を突くように刺激する方法。歯磨き粉は使わないで、ブラッシングするのみ。
f0204584_1338429.jpg


こんな歯ブラシを、歯と歯の間や歯と歯茎の境目に、無理矢理入れ込んでゴシゴシ磨く。
普段は歯ブラシの毛先が届かない所なので、痛い、そしてかなり出血する。

でも終わった後には、口の中がすっきりして、余計なものが取れた感じで気持がいい。
これを続けると、マッサージ効果が得られ、歯茎が引き締まって丈夫になるのだと言う。

「家でもがんばってくださいね」と、その歯ブラシを渡された。
もらったパンフレットの写真を見ながら、つまようじ法に挑む。


でもこれがなかなか難しくて、毛先が歯間に入っていかない。
結局は通常の歯磨きと変わらなくなってしまい、あの爽快感が得られなかった。

その後5,6回ほど歯医者さんに通うも、言われるのは同じセリフ。
「歯磨きがんばってくださいね。まだまだですよ」


先生方に磨いてもらうと、歯間に毛先がしっかり入って、痛くて出血する。
自分でそこまでやるのを毎日続けないと、歯茎が元気にならないんだと。


先生に褒められない。
上手くやる方法がわかならい。
そんな子どもの気持ちがよくわかった。


最初の診察から2カ月ほど経った頃。
また同じように先生にブラッシングをしてもらっていた時のこと。

「まだ多少出血はありますが、以前よりは減ってきましたね」
なんだか少し、褒めてもらったみたい・・・


そう言ってその先生は院長先生に相談に行った。
するとそこで、ついに治療の許可が下りたのだ!

虫歯と言ってもなりかけだそうで、少し色がついている状態。
そこに白いもの(「何ですか」と聞いても、その先生は「わからない」と言った、大丈夫か?)を被せて進行を防ぐのだという。


ものの数分でその治療は終了。
二か月待って、ようやく虫歯に処置がなされたのだ・・・


この間に虫歯はどの程度進行したのだろうか。


そんな疑問が残るけれども、先生に少しでも褒められると、自分のやってきたことが認められたような気がして、やっぱりうれしいものなんだなあと、実感。


大人でも子どもでも、相手のことを認めるってとっても大事。
挨拶とか、褒めるとか、改めて気持ちを伝えるとかね。


虫歯の治療も、「いそがず、あせらず、なんくるないさー」なのかなあ。
f0204584_144269.jpg

先日はじめて開いているのを見た、おじいの店で。
[PR]
by skr201 | 2013-08-10 09:13 | Trackback | Comments(0)

「英文診断書」


ちょっと怒ってます、わたし。

先日自費で健康診断を受けた。
日本での入籍のあと、彼の本国での結婚の手続きに必要なため。


本来ならば向こうの首都の病院で受けなければいけないんだけれど、都合が悪ければ、日本で受診したものであっても検査項目が網羅されていて英訳があれば良いと言われた。


ネットで調べてみると、トラベルクリニックなんてものが多数ある。
留学やワーキングホリデー、海外での就職用に、健康診断+英語診断書で対応してくれる。

しかし沖縄ではなかなか見つからないので、関東の実家に帰っている時に受診することにした。


訪れたのは都内にある某クリニック。
通常の健康診断の他にSTD(性感染症)の検査が必要なので、追加で申し込む。

ここでまず、料金にびっくり。
・一般健康診断 6,000円
・感染症検査1 3,000円
・感染症検査2 2,000円
・英文診断書 10,000円
計21,000円に消費税1,050円が加わって合計22,050円


・・・高い、高すぎる。
特に英文診断書10,000円って、どれだけすごいもの作成してくれるんだか。
10,000円稼ぐのにどれだけ苦労するのか、知らないんだろうなあ、ドクターは。


しかも郵送で対応してくれる他のクリニックと勘違いして受診してしまった。
ここでは個人情報なので郵送はできないと言う。

感染症の検査に時間がかかるらしく、できるのは10日後くらい。
私は取りに行けないので、友人に頼み込んでいそがしい中取りに行ってもらった。


そして、ようやくそれが私の手元に届き。
封筒を開けてみて、またびっくり。

10,000円も払ったのに、英文の診断書が入っていないじゃないの!
なに、これ、ふざけてるの!?


ふつふつと沸く怒りを抑えて電話しようと思ったら、もう時間外。
翌朝を待ち構えて朝イチでコール。
対応した方の受け応えに誠意が感じられたので、いくらかクールダウン。

あちらのミスだということで、今回は郵送してくれることに。
翌日夕方には沖縄まで届くという、超スピード対応には感謝するけれども・・・


二度目の封筒を開けて、またもやびっくり。
なんなんだ、これ・・・

日本語で表になっていた検査結果を、最初から順に英語でずらずらと並べただけ。
名前はなんとか、誕生日はいつ、身長何cm、体重何kg・・・・
ただただ、検査項目を書き並べて、わずか9行。
(頭やしっぽをつけて、なんとかA4一枚の形にはなっていたけれど)。


なんなの、これ。私でも書けるよ。
これに10,000円の価値をつけているのか。

まったく、がっかりだなー。
それならチケットの安い時期に向こうの病院に行って、ついでに観光して来たらよかった。


でも、もう終わったことだから。
きれいな海を見て笑い飛ばそ。
f0204584_12241852.jpg

西表島干立のビーチにて。
[PR]
by skr201 | 2013-08-05 11:46 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧