ちきゅう



<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「みなさんのおかげです(長文)」


2013年も早いもので、あと数日。

振り返れば今年は、本当にいろいろなことがあった。
(まあ自分で、引き起こしてきたのだけれど・・・)


退職した。
沖縄に移住した。
結婚した。
そして、仕事が見つかった。

その間に、しまなみ海道を自転車で渡ったり、写真展を開いたり、シンガポールで点滴したり・・・
今年も様々な「やりたいこと」を実現できて、おもしろかったなあ。
(もちろん点滴なんてしたくなかったけれど・・・)


今年の最後に、みなさんにご報告。
沖縄県の教員採用試験に合格しました。
(候補者として26年度の名簿に載るということで、まだ本決まりではない)

仕事が回って来て、一年間無事に業務をこなし、適正に問題なしと判断されれば、本採用。
そうすれば憧れだった沖縄に、退職までは住み続けられるということになる・・・

10月から臨任の仕事を始めて、いろいろと感じるところがあり。
なかなか素直には喜べない、この状況。

でもまあこれも、またひとつ夢を叶えるチャンスをもらったんだと、とらえて。
体や心が壊れない程度に、がんばります。


試験に合格するまでには、たくさんの方々にお世話になった。
これまではずっと、横浜でひとりぼっちで勉強していたのだけれど。

やっぱり沖縄には沖縄の、「勉強の仕方」というものがあった。
それを教えてくれたのが、沖縄教職研究会の、T先生と仲間たち。


小学校の採用試験には、一般教養、教職教養、小学校全科の3つの試験がある。
そのうちの教職教養について、週に一度、本番と同じような形式の練習問題を郵送してくれる。

40回分で、料金はたしか1万円くらいと、格安なのも魅力だった。
那覇にある予備校群は、入学金だけで数万円かかる。

去年の採用試験の会場でT先生作成の広告をもらい、「来年のために」と取っておいた。
それをある日ふと思い出して申し込んだのが、試験のふた月前。

みんなが1年かけてやることを2カ月でやろうなんて、そりゃ無理な話だけれど。
1年分をどーんと郵送してきてくれた、先生。


まあとりあえずやってみたら、一次試験合格。
二次まで行くのは想定外だったので、勉強の仕方がわからない!
試験まであと10日しかないけれど、どうしよう・・・

T先生に相談したら、こんなあたたかい、言葉が。
「~について(テーマを5つくらい出して)論文を書いてみてはどうですか。
 こちらで採点指導しますよ」と。

言われた通りに論文を書いてメールに添付すると、すぐに電話がきた。
採用試験の論文の書き方を知らない私に、その書き方の「いろは」から教えてくれたのだ。


それからメールでのやりとりが始まった。

いつ論文を送っても、翌朝6時には返事がメールで届く。
私以外にもたくさんの生徒さんを抱えていて、様々な指導で夜もずい分遅いらしいのに。
・・・先生は一体、いつ寝ていつ起きるんだろうか?

「模擬授業の練習をするから、ぜひ来てください」
「その時に一緒に、面接対策もしましょう」
そんな風に、声を掛けてくれるようになった。


試験の直前に、台風を避けて早目に那覇まで上がったときに、その二次対策にお邪魔した。
(二次試験は、論文、模擬授業、面接、体育と音楽の実技)

通信で一次対策をしていた生徒さんたちが、二次試験の対策のために自分たちで勉強会を設定して(会場なども手配して)、先生に講師をお願いしているのだという。
(メールでの指導もこうした勉強会も、先生は一切お金を受け取らない)

そしてそこで知り合ったのが、先生を慕って集まって来た、すてきな仲間たち。
沖縄の試験について何も知らない私に、あれやこれやと教えてくれた。


試験の前日には、マット運動の練習のために、琉球大学まで連れて行ってくれ。
(その途中に車から、180度に架かる二重の橋が見えたね)
教室にマットを敷いてみんなで練習をした。

おかげで翌日の試験では、ここ数年で初めて倒立前転ができ。
試験会場に知ってる顔があって、お互いに声をかけ合ったり、空き時間に問題を出し合ったり確認をしたりできたのも、心強かった。


試験最終日の夜、みんなでT先生を囲んだ。
翌日からはまた、それぞれの場所に帰って行く、職種や年齢も様々な仲間たち。

そこで先生が、言っていた。
「来る者は拒まず、ですよ」と。

助けを求めてやってくる人たちを、放っておくわけにはいかない。
だから、自分の時間と労力とお金をつぎこんで、世話をする。

教育って、そういうことなんだなあって、改めて思った。
お金儲けではなくて、人を育てるって、ことなんだよね。


「沖縄のかわいい子どもたちを、よろくお願いします。
 石垣島から世界に羽ばたく人材を、育ててください」
そう先生に言われた。


それが私の、やるべきことなのかな・・・。
私が経験してきたことを伝えていくこと。


写真は宮古島にあるドイツ村ではしゃぐ、おちゃめすぎるT先生。
つらい時にはスマホに保存してあるこの画像を見る・・・思わず顔がほころぶ。
f0204584_21282468.jpg



その他、お世話になったみなさん。
・石垣市立八島小学校の先生方
(模擬授業対策に教科書と指導書を一週間も貸してくれ、マット練習にも付き合ってくれた)
f0204584_21472824.jpg


・かなめっち
(公園の芝生でロンダートを教えてくれた。おかげで当日バッチリできたよ!)
f0204584_2253140.jpg


・音楽家の田本先生
(「春の小川」の歌唱とピアノ指導をしてくれた。先日のリサイタル素敵でした!)
f0204584_21451489.jpg


・那覇市立若狭小学校と天妃小学校の先生方(音楽室のピアノをお借りした)

・小島よしおさん
(試験の前日に那覇のカフェでお会いし、「がんばってね」と応援してくれた)
f0204584_21454172.jpg


・「これお守りになるよ」と、NO1の名刺をくれたタクシーの運転手さん
(約300人いる三和交通の運転手の中の、最優秀ドライバーさんらしい)
f0204584_2151429.jpg




今年もたくさんのみなさんにお世話になりました。
どうもありがとうございます。

みなさんどうぞ、よいお年をお迎えください。
f0204584_2153937.jpg

[PR]
by skr201 | 2013-12-28 08:32 | Trackback | Comments(0)

「日記の宿題」


この辺りの学校では、家庭学習(宿題とは呼ばない)をたくさん出す。
その中のひとつに、「メモ日記」というものがある。

家庭学習の内容や出し方については、言いたいことはたくさんあるけれど。
今の私は欠員補充という立場なので、前の先生がやっていたことを、続けるしかない。


子どもたちが毎日書いてくる、日記。
これを毎日続けるのは、なかなか難しいとは思うけれど(見る方もすごく大変!)。
みんな毎日がんばって書いてくる。


その中から、いくつかをご紹介。


「ねこにごはんをあげました。うれしそうに食べました。わたしもあんな顔したいです。」
f0204584_14272898.jpg


「四葉のクローバーを見つけました。帰ってからおし花にして、家宝にしました。
今日はラッキーな日でした。」
f0204584_14292534.jpg


「生活科で米とぎの練習をしました。これで家の手伝いも上手になったと思います。
うで前をためしてみたいです。」
f0204584_14303211.jpg



子どもらしい、かわいい感性。
「上手になりたい」「できるようになりたい」という気持ち。

こうやって日記を書くのも、いいのかもね。


f0204584_14373844.jpg

よし、先生もがんばるか!
かけ算テスト、みんな早く合格してね・・・
[PR]
by skr201 | 2013-12-21 14:39 | Trackback | Comments(0)

「給食について思う」


今の時期は、日の出が7時過ぎなので、通勤途中に陽が昇る。
f0204584_1335971.jpg

海から昇る朝日が、3階の教室から見えてしまうんだから、びっくり。
f0204584_1341964.jpg


いまだに毎日のように、カルチャーショックを感じるけれども。
その中でもショックが大きいのが、給食。

まず、給食当番が白衣もマスクもしない。
(エプロンとマスクを持って来ることになっているが、忘れる子多数)

向こうでは安全のためそして異物混入を防ぐため、必ず教師が付き添い整列して給食を取りに行くけれど、こっちは子どもたちだけでバラバラに行っている。

教室に入るために靴から上履きに履き替えるので、半分外のような廊下に食缶を置くし・・・

経費節約のためにか、パックの牛乳に、ストローが付かない。
注ぎ口を開けて、そこに口を付けて飲む・・・


まあいろいろとあるんだけれど。
衝撃的だったのが、給食のメニュー。

何かが、足りないのよね。
それは塩味だったり、あと一品だったり・・・

「このスープ、味付け忘れたんじゃないの?(あれが沖縄の味なんだろうか)」
「えっ、今日の給食これだけなの?夜までもたないなー(毎日21時までの勤務)」
ってことが多数。


これはきっと、給食費が安くてコストが抑えられているんだなと、勝手に思っていた。
(八重山の所得は、47都道府県の中で平均所得が最も低い沖縄県の中でもさらに低く、年間所得は200万円ほどと言われている)

各地の物価や所得水準に合わせて、給食費も調整してあるんだ、と。
まあ食べた感じは半額ってところかな・・・なんて想像していたら。


横浜と同じ値段の、4,300円を徴収された。
そうか、これが公立学校という意味なのね。

ひとりあたり4,300円で、あの様々なメニューと量を実現できていた横浜が、すごいんだろう。
ビビンバとナムル、カレーとナン、ソース焼きそば・・・
あのおいしい給食が、なつかしい。


ちなみにこちらの今週のメニューは、
9日(月) 牛乳、ご飯、マーボー豆腐、冬瓜スープ、オレンジ
10日(火) 牛乳、カレーソーススパゲティ、くるま麩と豆腐のナゲット、バナナ
11日(水) 牛乳、かに玉ぞうすい、豆腐のふっくら揚げ、琉球ドーナツ
12日(木) 牛乳、コッペパン、肉だんごスープ、照り焼きチキンパティ、ハイチーズ
13日(金) 牛乳、ご飯、アーサ汁、パパイヤチャンプルー
と、こんな感じ。

こうして見ると、おいしそうだけれど・・・
[PR]
by skr201 | 2013-12-14 19:55 | Trackback | Comments(0)

「美容院さがし」


外国や地方で生活していて、困ることのひとつが美容院。
地元のお店に行って失敗されても、髪はそんなに早く伸びるもんじゃあ、ない。

でも今やたいてい、世界中どこにの町にも日本人がいて、美容師さんもいる。
日本語で、そして同じような美的感覚で施術してもらえるのは、とってもありがたい。

同じく地方では、若い人が少なかったりして、スーパーに入っているような美容院。
まあ私も中年だけどさ、あの雰囲気の店に入っていく勇気はまだ、ない。


石垣に来てからも、どこの美容院に行こうか悩んでいた。
最初に行った建物が素敵なお店では、昔風のスタイルにされたので却下!
さあ次はどこに行こうかな・・・そこで目に入ったお店が、ここ。

f0204584_10352329.jpg

目の前の海を眺めながら施術してもらえる、"head bang"というお店。
この写真では表現できなかったけれど、窓の向こうには石垣島の海が見える。
外装も内装もとってもかわいくて、気分がよくなる・・・やっぱり雰囲気って大事。

ちょうどサンセットのタイミングだったので、ベランダにお邪魔させてもらった。
音を立ててチャポンと沈むような、まあるい太陽が撮れた。
f0204584_10401443.jpg

f0204584_10395369.jpg

f0204584_10491442.jpg


前髪カット500円と、トリートメントと地肌マッサージが2,500円の計3,000円。
まあこんなもんかな。

ここはまた来てみたいと思えるお店だな♪
ありがとうございました。
[PR]
by skr201 | 2013-12-07 10:48 | Trackback | Comments(2)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧