ちきゅう



<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「おいしいもので元気を出そう」


せっかく石垣島に越してきたのに、仕事に追われ、心を病む毎日・・・
このままじゃ大好きな場所が、つらいだけの場所になってしまう!

そんな時は、おでかけしなくちゃね。
きれいな景色を見ておいしいものを食べて、気分転換しよう。

また仕事に行ってしまいそうだった土曜日のお昼。
ないちゃーの友だちが、外に連れ出してくれた。


こういう所に住んでいると、普通の和食が食べたくなる。
八重山そばじゃなくて、日本そばとか。

こっちのぶよぶよの天ぷらじゃなくて、衣がサクッと揚がった天ぷらとか。
そしてカラフルな魚ではなく、脂がしっかりのったうなぎとかね。

日本最南端の鰻屋だという、只喜(口ハ喜ぶと書いて「ただき」と読む)さん。
f0204584_19163088.jpg
f0204584_19165397.jpg
f0204584_1917924.jpg


去年の3月にオープンした新空港に行けば、スタバのコーヒーが飲める。
バスで40分かけて空港へ行って、あちこち探検。
f0204584_1928371.jpg


石垣市の蝶オオゴマダラの繁殖所と隠れ家カフェ、そして眺望ポイントを見つけた。
(このあとスタバにも行ったよ)
f0204584_19284575.jpg
f0204584_1929215.jpg
f0204584_19291715.jpg



翌日曜日はちょっと早起きして午前中に仕事に行き。
やることは山ほどあるけれど、時間を決めて昼過ぎには切り上げた。

天気が良いから、海がきれいに見える、お気に入りのカフェへ。
島野菜カフェRe:hellowのHawaiiwanミュージックと美しい料理で、パワーチャージ。

島の陽射しがたっぷり降り注ぐ明るい店内は、インテリアもかわいくて写真を撮りまくり・・・
f0204584_19364411.jpg
f0204584_1937199.jpg

これはサーモンの下に黒紫米のご飯が隠れている、ヘルシーロミロミプレート。
f0204584_19371936.jpg


はー、明日からまた、がんばらないと。
いつまでもつかな、いや、もたせないとね、笑。
[PR]
by skr201 | 2014-02-23 19:48 | Trackback | Comments(0)

「やぎの赤ちゃん」


なんとなくお腹が大きくなってきたなあと、思っていたら。
もう、産まれていた・・・

ヤギの赤ちゃん!
f0204584_2315134.jpg


警備のおじさんが、毎朝新鮮な葉っぱを取って来てくれる。
沖縄のヤギは運動会の賞品だったりして食べられてしまうことも多いけれど、この2頭は、そんなおじさんの愛情をたっぷりと受けて、元気に育っている(名前はウールとカールらしい)。


どうも先週末の静かなときに、産んだらしい。
月曜日には、かわいい子ヤギが、ひょっこり顔を出していた。

「ヤギの赤ちゃんが産まれたよー!!!」
って、子どもたちもそりゃあ大騒ぎ。

「抱っこして写真でも撮るかー?」
と、おじさんが小屋から赤ちゃんを出して来てくれた。


産まれたばかりの子どもを取られやしないかと、悲鳴をあげ続けるお母さん。
産まれて初めての恐怖に、心臓の鼓動がバクバクの、赤ちゃん。

「ごめんね」と謝りながら、写真を撮らせてもらった。
f0204584_2327264.jpg


産まれたばかりでも、こんなに大きいんだなー
毛もふさふさしていて、もう完成しているじゃないか!


まだちょこんとついているへその緒が、産まれたてだって、物語っている・・・

f0204584_23311186.jpg

新しい命が産まれて。
雨上がりの空と校庭がきれいで。

それだけで今日も、なんだかうれしいね。
[PR]
by skr201 | 2014-02-15 07:12 | Trackback | Comments(0)

「冷えない冷蔵庫」


内地では雪が降っているようだけれども。
ここ最近の石垣島はあたたかく、汗ばむ昼間は半袖でも過ごせるくらい。

昼休みに思いっきり外で遊んで来た子どもたちは、ランニング姿で扇風機を回す・・・
今からこんなんじゃ、教室内に扇風機5台にクーラー2台(2台とも故障中だけれど直す気はないみたい)もあるのも、納得だね。

早くも冷たいものが食べたくなる気候に、久しぶりに箱入りのアイスを買った。
(ちなみに石垣島では、冬でも自動販売機ではあたたかい飲み物が買えない!)


そんな日に限って!
なぜだか冷蔵庫が故障した・・・


ちょっと前から冷凍庫内の壁に、妙に霜がつくなあと思っていたけれども。
アイスを買って帰ったその時、冷凍庫はすでにこびりついていた霜がきれいに溶けていた。

中の電気は点いているけれども、温度は常温。
いったんコンセントを抜いて、しばらくしてからまた入れてみたけれどダメだった。

6本入りの箱アイスは、1人では2本が限界・・・
ただの箱になってしまったけれど、いちおう冷凍庫だった方に、残りを入れた。

f0204584_1753685.jpg

この部屋は海の目の前にあって年中海風に当たっているからか(これは部屋からの眺め)。
なんでもかんでもよく壊れる。

引っ越してきてひと月で遭遇した台風で、まずエアコンが壊れ(写真は室外機の中身)。
ベランダのお隣さんとの境目の壁も破れた。
f0204584_1758376.jpg

f0204584_17585534.jpg


潮で玄関のカギ穴が錆びて、回らなくなり。
自転車も何回か台風の塩水を浴びているので、買ってまだ半年なのに、ボロボロ。
1回目の故障から半年くらいでまた、エアコンが壊れているし。


とまあ、こんな具合だけれども、ここは家具家電付きの部屋なので。
月々家電使用料として6,000円(ネット代込み)も、払っている。
エアコンが壊れた時もカギ穴の時も、不動産屋さんに連絡すればすぐに対応してくれた。

今回も連絡したらその日のうちに、替えの冷蔵庫を運んで来てくれた。
(それを受け取るために、いつもは遅くまでしている仕事を、初めて17:30で切り上げた)


冷蔵庫が、冷たい。
エアコンが動いて、部屋を快適な温度にしてくれる。
蛇口からあたたかいお湯が出る。

不便を経験すると、当たり前のことが、ありがたく感じるね。
ああ冷蔵庫が冷えて、良かった。
f0204584_18104298.jpg

溶けたアイスはそのまま固めて、まだ食べている。
[PR]
by skr201 | 2014-02-08 18:15 | Trackback | Comments(0)

「エアメールは飛行機で来るのか」


モルディブにはいつも、振り回されて、頭を悩まされる。
いつも新たな発見とサプライズをありがとう。

今回は、エアメールでびっくり。
そんな話の、はじまりはじまり・・・


担任をした子どもたちには、毎年海外から年賀状を出すことにしている。

エアメールをもらう機会なんて、なかなかないから、もらったうれしいでしょ。
それに海外のポストカードや切手から、日本とは違う新鮮な感覚を感じ取って欲しいから。


「年賀状をモルディブから送るから、楽しみにしててね!」
と、2学期の最終日にそう宣言して、あっちから投函したのが12月31日。

まあそんな時期に年賀状を出すのも遅いんだけれど。
去年スリランカから同じような時期に出したものは、数日後には日本まで届いていた。


だから今回も、そんなに遅くはならないだろうと・・・
f0204584_22562537.jpg
f0204584_22564587.jpg


でも だか しかし。

1月6日の3学期の始業式に、子どもたちから言われてしまった。
「先生、まだ年賀状届かないよ!」

そうか、EMSは4日で届くけれど、エアーメールはもっと時間がかかるのね。
「モルディブは遠いからね、多分あと1週間くらいで届くんじゃないかな?」


なんて返事をしたけれど。
待てど暮らせど届かない。


そうこうしているうちに、新年の気分もすっかり薄れ、年賀状のことなど忘れてしまい・・・
この島が「石垣島マラソン」に沸いていた、1月も終わりの頃。

「先生、年賀状が届いたよ!海の写真が載ってたよ」「ぼくのは亀だったー!」
と、無事に配達された報告を受けた。



なんで?
こんなに
おそいのか。


約ひとつきかかった、エアメールの配達。
「一体どこで何してたの?」って、聞いてみたくなるわ・・・

「エア」じゃなくて「船」で来たんじゃないのかと、私は疑っている。
f0204584_23145772.jpg

消印では1月4日に処理されたことになってるね。
その郵便局から国際空港までは、約20分で辿り着くのだけれど。
[PR]
by skr201 | 2014-02-01 09:10 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧