ちきゅう



<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「ホウライカガミさがし」


オオゴマダラという蝶を、知っていますか?
白地に黒のまだら模様の大型の蝶で、石垣市の蝶でもある。
(この写真は新石垣空港の蝶園で)
f0204584_12274936.jpg

そのサナギは金色で、去年こっちに越して来た時に、バスターミナルで出会った。
昔マレーシアのペナン島のbutterfly gardenで、同じようなサナギを見たのを思い出した。
f0204584_12335489.jpg


人生には伏線が張ってあるなあ。
それとも意識の中に取り込んだものに、自分から無意識的に近づいて行っているのか。


今年はそのオオゴマダラを、幼虫から飼育することになった。
3年生の担任になると、横浜ではカイコを育てたが、こちらではオオゴマダラ。
どちらも食草(エサの葉)の確保に、教師はいそがしくなる。

オオゴマダラは、キョウチクトウ科のホウライカガミという草を食べる。
以前は校内で栽培していたが、いつの間にか誰かに刈られてしまったらしく、見当たらない。
これは今年はホウライカガミ探しに苦労するなと思い、子どもたちに予め話しておいた。

オオゴマダラは、5月の連休明けから飼育すること(委員会から幼虫が各校に配布される)。
食草のホウライカガミが校内に見当たらないので、探しておくこと。


すると。


いつもは私の話なんて全然聞いていないあの子が。
「あ、それ幼稚園(小学校と同じ敷地内)にあるよ」と言い出した。

えっ、そうなの?その前に君は、ホウライカガミがどんな草か知ってるの?
なんて疑っていたが、その後幼稚園の先生に聞いてみると、本当にあったのだ。


するとそれから始まった、オオゴマダラブーム。
子どもたちは登下校時に通る幼稚園の、その草についている幼虫を、毎日捕まえて来る。
貴重なホウライカガミの葉を、惜しげもなくどんどん取って来る。

なので、まだオオゴマダラの学習は始まっていないのに。
もう幼虫もサナギも見つけてきて、羽化させて、ひと通り楽しんでしまった。
f0204584_1255594.jpg

f0204584_1255233.jpg

f0204584_125786.jpg


連休明けの学習の、モチベーションが下がらないといいけれど。
そして本格的に学習が始まる前に、あといくつかホウライカガミを見つけておきたいなあ。


という訳で私の最近の関心事は、ホウライカガミ探し。
外に出るときにはいつも、あの葉っぱを探している。


月桃が美しい季節になった。
f0204584_133151.jpg

[PR]
by skr201 | 2014-04-29 13:05 | Trackback | Comments(0)

"SOLEMARE(太陽と海)"


それは遡ること約1年前の5月のこと。
移住を決意して石垣島に降り立って、空港から市内に辿り着いた。

バスターミナルから当時泊まっていた民宿に向かう途中。
離島ターミナルに、おしゃれなイタリアンレストランの看板を見つけた。

SOLEMARE」(イタリア語で「太陽と海」という意味)というその看板が、なんだか妙に気になったのだけれど、夜しか営業していないというので、なかなか行くチャンスがなかった。
(レストランはお得なランチで試してまた行きたいと思ったら、夜にも訪れることにしている)


でも先日、一時来日中の彼(イタリアかぶれ)の誕生日に。
なんとなくピンと来て、その店を予約した。

電話に出た店長さんの対応があたたかく、好感がもて、期待も膨らむ。
そしてようやく、巡り会ったのだ。料理と店長さんに。
f0204584_19233190.jpg

f0204584_19235559.jpg

f0204584_19252339.jpg

f0204584_19254053.jpg

f0204584_1930414.jpg


「サプライズケーキを出すタイミングは、合図してくださいね」という電話の言葉を思い出し、奥に用意してもらった部屋から首を伸ばすと、そこで初めて、店長さんと目があった。

部屋がゆっくりと暗くなり、ろうそくの点いたスイーツが登場。
そこにはイタリア語で、誕生日おめでとうの文字が。
f0204584_19274977.jpg


何がきっかけだったかそこで、店長さん(日本人)と彼がイタリア語で話し始めた。

日本語がまったくできないので、私しか話し相手がいない彼が。
毎日21時にようやく帰ってくる私を、待つだけの生活の彼が。


久しぶりに他の誰かと会話を始めると、その表情がきらきらと輝き出した。
しばらく話していなかったイタリア語を少しずつ思い出しながら、その口調はだんだんと滑らかになっていく。

聞けばこの店長さん、イタリアに修行に行ってたことがあり、ずい分とお上手。
「ぼくも昔イタリアにいた頃は、話し相手がいなくてヤギと話してたんですよ。だから言葉の通じない気持ちはよく分かります」


言わんとしていることが伝わるのって、とってもうれしい。
思いが伝わる相手がいるって、とても救われるよ。

それだけで、自分の存在が肯定されたような気さえする。
文化や言葉の壁にぶつかったそんな経験は、私にも数えきれないくらいあるから。


それから彼は、夕方になるとそのお店に向かい、仕込み中でいそがしいはずの店長さんと、コーヒーを飲みながらいろいろと話をしているらしい。


二週間ほど経った頃、その店長さんと彼と私と3人で、ランチに出掛けた。
石垣島のきれいな海が見えるカフェからは、膝まで浸かって釣りをする人の姿が見える。

島では蝉がもう鳴き始めていて、本格的な夏の訪れの様子。
景色はきれいだけれども、テラス席には陽射しが燦々と注ぎ、じりじりと肌を焦がす。
f0204584_22193679.jpg

f0204584_2295961.jpg


「世界中を回って、最終的に八重山に辿り着く人って多いですよ」という店長さん。
「私もあちこち回って来ましたが、ここは理想と現実の境界線のような気がします」と私。

そうなんだここは、「住みたい」と「住める」が両立できる場所。
こんな話をするのは久しぶりだなあ。
こういう感覚を共有できる人がいるのってうれしいよ。


そんな話をしていたら。


最近は仕事がいそがしすぎてきらいになってしまいそうだったこの島の暮らしも。
好きで好きで、来たくてたまらなかったんだから、楽しまなくちゃ損だと、思い直した。


店長さん、彼と私に素敵な刺激をありがとう。
おかげで気持ちがリフレッシュできました。

私はいま、大好きな島の太陽と海に囲まれて、幸せな日々を送っているんだね。


次回の約束は、うちでモルディブ料理を御馳走することになった。
[PR]
by skr201 | 2014-04-20 22:20 | Trackback | Comments(2)

「かじられた石鹸」


石垣島の学校で起こる、不思議な出来事・・・
未だに毎日カルチャーショックの連続だけれども。

万年の予算不足で、とにかくモノがない。

プリントを作ろうにも、紙一枚すらないので、印刷用紙を買うところから始まる。
採点するにも赤ペンもない、プリントを束ねるステープラーも芯もない、のりもはさみも・・・
横浜の学校で、事務室に行けばたいていの文房具があったのは、恵まれていたのだなあ。

蛍光灯が切れても、替えがない。ホウキも壊れているが、予備はないという。
子どもが手を洗うための石鹸もないので、新学期に各家庭から寄付してもらう。
f0204584_22402182.jpg

(その他ティッシュとぞうきんも集める)


その貴重な石鹸に、起こるのだ。
不思議な出来事が。
f0204584_22424896.jpg


気が付くとこんなふうに、石鹸にひっかいたような跡が。
誰が一体、何のために・・・

石鹸を置いておくのは、各クラスのベランダの水道と、廊下にある共有部分の水道。
沖縄の校舎には壁がなく、教室から出ると、すぐに外になっている。

こんな構造なので、誰でも出入りが自由な状態。
でも石鹸にいたずらして、何が楽しいのか・・・


そんなある日、目撃したのが。
石鹸をつっつく、大きなカラス。

カラスもちょっと、向こうより大きい気がする。
そんな巨大なカラスが、つっついて遊んでいるのだ、石鹸を。

手洗い用に、ネットに入れて蛇口にぶら下げてあっても、何のその。
食べてもきっと、おいしくはないのに、良い香りにつられるのかなあ。


どこかに持って行かれてしまうこともあるので。
貴重な石鹸は、包丁で半分に切ってから、ネットに入れている。
f0204584_2255123.jpg

今日もまた、かじりにやって来るのかな。
[PR]
by skr201 | 2014-04-12 22:55 | Trackback | Comments(0)

「初乗り430円」


4月1日の消費税の値上げで、東京でのタクシーの初乗り料金が、730円になったとか。
石垣島のタクシーは、これまで430円だったけれど、一体いくらになったのか。

春休み期間は子どもたちは休みだけれど、職員は出勤。
年度末の事務処理や片づけの後は、新年度の準備で、すんごくいそがしい。

でも子どもたちとの1分1秒を争う戦いはないので、ちょっと気が緩むもの。
出勤はいつものバスには乗れず、この一週間でずいぶんたくさんタクシーに乗った。


増税後も後部座席の窓には、初乗り430円のシールが。
初乗り料金は変わらないけれど、1メーターの距離が短くなっているそう。
f0204584_21442567.jpg

(プリウスだって同じ値段)


自転車なら25分。
バスなら20分。
車なら10分。

職場までは、910円で着いた。
高いけれど、安い。


バス通りとは違う車窓からは、アマリリスが鮮やかに咲いているのが見えた。
f0204584_21452314.jpg

[PR]
by skr201 | 2014-04-05 21:46 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧