ちきゅう



<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


「オキナワの平和教育」


沖縄では、6月23日が「慰霊の日」とされている。
(1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、琉球政府及び沖縄県が定めた記念日である。本土復帰後は日本の法律が適用となり、慰霊の日は休日としての法的根拠を失ったが、1991年に沖縄県の自治体が休日条例で慰霊の日を休日と定めたことによって再び正式な休日となった。国の機関以外の役所・学校等は休みになる―Wikipediaより)

そこでどこの学校でも、6月が「平和月間」とされ、図書室には戦争や平和に関する本や写真パネルが多数展示され、各クラスでも時間を取って、それぞれが平和について考える(琉球新報から児童一人ひとりに、沖縄戦に関する子ども用の新聞も配布される)。
f0204584_1773212.jpg



我が校でも20日に平和集会が行われた。・・・が、今年の平和教育担当は、私。
沖縄の平和教育の経験は皆無、沖縄の痛みも分からない本土出身者が、やっていいのか・・・
と、悩みながら。

毎年、地域からゲストをお迎えして、読み聞かせや楽器の演奏などをしている。
今年は映像鑑賞の順番だということで、八重山平和祈念館で、戦争アニメを借りて来た。
f0204584_17122320.jpg


日本最南端の波照間島の島民が、日本軍の命令により、当時マラリアが蔓延していた西表島に強制疎開させられ、そこで飢えやマラリアに苦しみ、多くの人が犠牲になったというお話。

アニメを鑑賞し、「平和への誓い」を群読し、「月桃」の歌を歌う。
そんな集会を終えた、子どもたちの感想は・・・

「友だちどうしの小さいケンカが、いつか戦争につながるから、もう絶対にケンカはしたくない」
「戦争は今はなくて、幸せだなって思いました」
f0204584_17193688.jpg

「アメリカに勝っていたら、今も戦争があったと思います」は、鋭い意見。
「おじいちゃんが生きていてうれしいです」
f0204584_17195344.jpg


集団的自衛権を巡り、何やら雲行きの怪しい、ニッポン。
沖縄戦では20万人以上の人が亡くなり、当時の人口の4分の1が犠牲になった。


毎年6月23日には、最後の激戦地、糸満市摩文仁の平和祈念公園で、沖縄全戦没者追悼式が行われている。

県内の小学生が1人選ばれ、自作の詩を朗読することになっているのだが、昨年は、与那国島の小学1年だった男児の「へいわってすてきだね」という詩が選ばれた。
それが今年、絵本として出版されたという。
(関連記事:東京新聞「へいわの絵本 うまれたよ 沖縄慰霊の日 昨年6歳朗読」)
f0204584_17352515.jpg


詩の内容については、読みにくいけれど、こちらの写真で。
f0204584_17591079.jpg

f0204584_17592687.jpg



平和って何なのか、まずは1人ひとりが考えることから。
戦争という過ちが、もう二度と繰り返されませんように。
[PR]
by skr201 | 2014-06-29 18:03 | Trackback | Comments(0)

「世界にひとつだけのリング」


記念日とか記念品とか、あんまり興味がない。

結婚式もお世話になった方々へのご挨拶という意味ではするべきなんだろうけれど、できればやりたくないので、やっていない・・・
(この点では2人の意見は一致している)

なので結婚したとは言え、なーんにもしていない私たちなんだけれども。
ひとつだけやってみたいことがあった。

それは、ウエディングリングを自分でデザインして、友だちにつくってもらうこと。
その夢が、今回叶うことになった。


大学を卒業してからもまったく就職する気になれず、海外への興味だけが募っていたころ。
ワーキングホリデー制度を利用して、1年間オーストラリアで過ごす機会を得た。

働いたり旅行したりしながら、オーストラリアの大自然と異文化を体で感じた1年間。
移民の国であるオーストラリアでは、世界中の人たちと出会うことができたけれど、日本人との出会いにも恵まれた。


子どものころに見た「タスマニア物語」という映画の影響で、行ってみたかったタスマニア。
そこへの拠点となるメルボルンで、費用節約のために同行者を探していた時のこと。

いろいろな偶然で、5人の日本人が集まった。
それが2週間の旅の間に車や宿(主にキャラバンパーク)をシェアして、一緒に旅をする仲間。
f0204584_9223483.png

f0204584_9381162.gif

f0204584_924689.jpg

(東部のフレシネ国立公園にある、ワイングラス・ベイ)


こういう時って、だいたい似たような人たちが集まるので、おもしろい。
まあなんだかんだで、あっという間に2週間が過ぎ、それぞれが自分の生活に戻って行った。

その中の1人が、ジュエリーデザイナーをしている、Takaさん。
当時はケアンズのお店で働いていたが、その後も修業を続け、最近独立開業したという。

そんなTakaさんに、今回ウエディングリングをオーダーメイドした。
デザインは某社のものを大いに参考にさせてもらい(笑)、色や素材、サイズ、そして値段など、だいたいの希望を伝えたら、後はおまかせ!


あちこちで入籍しているので、いつか結婚記念日なのかよくわからないんだけれど。
日本での初めての結婚記念日の前に、素敵な記念品が、ケアンズから届いた。
f0204584_9303996.jpg

f0204584_93143.jpg


世界にひとつだけの、素敵な結婚指輪を、どうもありがとう。
別居中なので、一緒に付ける相手はいないんだけれどもね・・・


お世話になったTakaさんのお店、チェックしてみてください。
Original Japanese Style Jewellery "Precious Takas Jewellery"
[PR]
by skr201 | 2014-06-21 09:47 | Trackback | Comments(3)

「だからよー」


きのうの仕事からの帰り道のこと。

満月なのに月が見えない曇った夜空(未だに梅雨が明けない)の下を、とぼとぼ歩いていると。
暗闇から首輪を付けた犬が、ひょっこり出てきた(リードはついていない)。

人懐っこく、そして物欲しそうに、こっちを見て。
私の後を、しばらくついて歩いて来る。

「どうしたの?」と言おうと思って、口を開いたら。
出てきた言葉は、「なんばー?」だったのには、思わず自分で笑ってしまった。


勤めている学校が、ちょっと市内から離れているので、方言も多少ちがうらしい。
「~ばー」とか「~どー」とか、なんかちょっと、おもしろい。

モルディブの言葉にも、「~だよね」って同意を求めるのに、「~dho」って使うんだけれど、それがこっちの方言に似ているって、先生たちが言ってたなあ。


上履きのかかとを踏んでいる子に注意をしたら、「だってよー、上履きが狭いさー」
(「狭い」って、部屋とか場所とかに使う表現だよって、訂正しそうになった)

服やズボンやスカートのことを、「着る」「履く」じゃなくて、「つける」と言う・・・
「おちょる」「わじる」「どぶす」「ちょっぴん」「ちゃー」「あがやー」など、気になる言葉は、まあいろいろとあるんだけれど・・・


「だからよー」ってのを、こっちの人はよく言う。1日に何回も言う。
「そうだよねー」みたいな、意味で。

さすがにそれは、まだ言ったことがないけれど。
いつそれが口から出てくるのか、楽しみでもある。


言葉っておもしろいもので、何回も聞いているといつの間にか自分のものになって。
ふと気が付いたら自分が、使っていたりするんだよね。

f0204584_19272745.jpg

犬の写真は撮れなかったので、代わりに猫の写真を。
[PR]
by skr201 | 2014-06-14 19:30 | Trackback | Comments(0)

「誰もいない学校で歯磨き」


6月4日から10日までの1週間は、歯と口の健康週間。
学校では歯磨きの仕方を確認したり、虫歯のない児童が表彰されたりする。

私はと言えば、昔から歯磨きがすきで、未だに虫歯が1本もない。
でも虫歯菌のない人は、歯周病菌があるらしいので、今後は歯周病に苦しむらしい。


そんな私がすきなのが、休日の学校での歯磨き。
平日の学校と言えば、それはそれはいそがしく、歯磨きをする時間などない。


子どもたちには歯磨きの時間があるけれど、それは給食指導の時間帯なので、先生は指導をしなくてはいけない。食べない子に声を掛けて食べさせる合間に、自分も食べて、その間に宿題もチェックして・・・

トイレに行く時間もなく、すでに毎日30℃以上になる教室で、汗まみれ埃まみれになって、戦っているのだ・・・しんどい、しんど過ぎる!!!


しかし休日の学校と言えば、子どもがいない。時間割もない。
時間がうそのようにゆっくりと流れているのだ。

平日に処理しきれない、時間のかかる案件を片づけながら。
持って来た昼ごはんを食べた後に、ベランダに出て、景色を見ながらの歯磨きが。


それがとっても、気持ちがいいのだ。
平日には景色を見る余裕なんて、ないけれど。
目の前に広がる景色の、なんてきれいなことだろう。
f0204584_19212280.jpg


家でもベランダで歯磨きをするけれど、こうやって誰もいない学校で歯磨きをするのが、なんだか「とっておきの」気がしてすきなんだな。


f0204584_19235367.jpg

雨上がりの通勤路に、きれいな雨粒を見つけた。
いつもの風景をしっとりと見せてくれるから、雨上がりってすきだな。
[PR]
by skr201 | 2014-06-08 19:27 | Trackback | Comments(2)

「ついにファミマが参入!」


石垣島でコンビニと言えば、ココストアー。
その昔は赤と緑の「ホットスパー」だったけれども、気が付けばピンク色になっていた。
横浜ではまず、見なかったなあ・・・
f0204584_18212087.jpg

(うちの近所には2店舗。品揃えが微妙に違うので、買う物で使い分けている)


現在島内には21店舗があるらしい。
どこに行ってもココストアー。

セブンイレブンもローソンもファミマも、この島では見られない。
だから那覇空港でファミマを見ると、実家に帰ってセブンやローソンを見ると、うれしくなる。


近所の魚屋さんのお刺身や、豆腐屋さんのゆし豆腐、ちょっと割高な野菜。
ANAインターコンチネンタルホテルの高級パンや、お惣菜屋さんの弁当・・・
地元の商品が手に入るのが、ありがたい。
(そんなお店が開いている時間には、買い物に行けないから)

最近ではATMサービスや淹れたてコーヒーサービスなども開始して、がんばっている。
そうそう、コピーが5円なのも助かるよ。
イオングループのTOP VALUE商品など、コンビニなのにリーズナブルな物が買える。


そんなココストアーの独壇場に、ファミリーマートが参入してくるのだと言う。
第1店舗目の開店時期は10月。場所は秘密。
今年度中に10店舗の展開を計画中らしい。
f0204584_1831799.jpg


こんなふうに大きな看板を立てて、地主さんにアピール。
さすが沖縄県下ではシェア1位のファミマ、なかなか攻撃的でございます。
(セブンイレブンは沖縄にはひとつもないらしい)


ココストアー大丈夫かな?
他人事ながら、ちょっと心配・・・
[PR]
by skr201 | 2014-06-01 18:40 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧