ちきゅう



<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「さよなら、石垣」


10月の半ば、石垣島を後にした。

ベイビーに会える日が近付くのは、うれしいけれど。
あの激務から解放されるのも、ほっとするけれど。


やっぱり島から離れるのはさみしい。
f0204584_16322736.jpg



誰もが呆れる中、前の仕事を退職した去年の3月。
なーんにも決めずに、この島にやって来たのが5月。

ゲストハウスにひと月ほど滞在しながら、部屋を探した。
大好きな海の眺めがきれいな部屋にひと目ぼれをして、即決。
f0204584_16382985.jpg



一緒に来た彼が、国に帰る時に入籍をして。
仕事が見つかって、いそがしい毎日が始まった。

そしてこっちでの仕事がちょうど1年経ったころ、出産のため、しばらく帰省することに。


来たくてたまらなくてやって来た、ここだから
わずか1年ちょっとで帰るのは、やっぱりくやしい。

f0204584_16461762.jpg

f0204584_1645893.jpg
f0204584_16453439.jpg
f0204584_16455184.jpg


石垣を飛び立ったとき。

飛行機の窓から見える島が、あんまりきれいだから、涙がほろり・・・
私はなんで、泣いているのかな・・・って、自分でもよくわからない。


悲しいのかな。くやしいのかな。
それとも、うれしいのかな。




まあ、また戻って来るんだから、何でもいいか!笑
きっと目には見えない何かの、ひと区切りがついたんだね。

f0204584_1653421.jpg

お土産に買ってきたロイズ石垣島の黒糖チョコレート。
ほんのり黒糖の甘味が、なかなか好評♡

白く見えるのは、空港店でようやく食べられた、ハウトゥリージェラートのココナッツパイン味。
ほんとはお店に行って、大理石の上で混ぜ混ぜして欲しかった・・・

それはまた、次の機会に。
何だかんだ言っても、結局は「花より団子」だね・・・笑
[PR]
by skr201 | 2014-10-25 09:17 | Trackback | Comments(0)

「あしたは はれる」


産休に入る前の最終日、最後の授業は、お別れパーティーを企画した。
企画したのは私だけれども(笑)、子どもたちがプログラムを考えて作成してくれた。
f0204584_1730253.jpg


ビンゴゲームをやって、早く上がった子どもから、賞品をゲット(賞品は全員分あるよ)。
賞品は外国のお金や、砂漠の砂や、サンゴや貝殻など、つまりは私のコレクションの処分・・・

一番人気は外国のお金だった。

価値は日本円にして、数十円~数百円だけれども、やっぱり夢があるよね。
見たことのないお金に、「えー、これがお金なの?」って、みんなびっくり。

あのわんぱく坊主くんも、モルディブのお金を早速ゲットし、「おれたち(仲良しと肩を組んで)、モルディブに行ってこのお金使うんだ!」と、うれしそう。

両替し忘れた各国のお金たちも、こうやって子どもたちにとっては、夢のかけらになる。
いつかその目で、外の世界を見て来てね。


歌のコーナーでは、「先生が学校のこと忘れないように」って、子どもたちは「校歌」を提案。
うん、確かにそうだねって、納得。

先生のリクエストは、「あしたは晴れる」。
作詞・作曲は、「おかあさんといっしょ」の坂田修お兄さん。
歌うのは、速水けんたろうさん、茂森あゆみさんの、「だんご3兄弟」コンビ!


かなしくて なきたくなったとき おもいだしてほしい ぼくらのことを
くもにのり とんでいくからね ひとりぼっちじゃないよ てをつなごうよ

すきだから きみが すきだから
ともだちさ いつも いつまでも

さあさ ゆめじゃない みどりのそうげんに みんながあつまるよ きみとうたうよ

すきだから きみが すきだから
ともだちさ いつも いつまでも

さあさ げんきだせ なみだふきとばせ
こえをあわせ うたおう あしたははれる あしたはれる・・・



軽快なリズムと明るい歌詞が歌いやすく、子どもたちも大好きな曲。
「すきだから 君がすきだから」ってところが、わたしは一番すき。

誰かや何かを「すき」って気持ちを、大切にしていってほしいな。
その思いで、突き進んで欲しい。夢はでっかくね。

そしてその「すき」な気持ちを、相手に伝えたり表現したりすることも忘れずに。
まずは最初に、身の回りを「ふわふわ言葉」でいっぱいにして。


「みんなからのプレゼント」では、子どもたちが手作りのプレゼントをくれた。
どれも気持ちがこもっていて、うれしかったけれど。

思わずジーンとしちゃったのが、私の言うことなんていつも聞かない、あの男の子が。
新聞紙ほどの大きな紙で折った鶴を持って来てくれた。首には魚のネックレス。
(お別れパーティーの日を勘違いしてフライイングで持って来ていたけれど・・・)
f0204584_23131088.jpg

ありがとう。
いつも素直になれないだけなんだよね・・・お互いに(笑)

そして君ならできるから、自信をもって。
お父さんもお母さんも先生たちも、ちゃんと見てるから、大丈夫だよ。


このプログラムやみんなからもらった寄せ書き、大切に持って帰るね。
「横浜に帰ったら、先生のお父さんやお母さんにも見せるよ」って言ったら。

「えっ?日本語読めるの?」って、みんなフシギ顔。
「モルディブ人なのかと思ってた」って・・・


先生のお父さんとお母さんは日本人だよ、今まで知らなかったの?(笑)
ちなみに私も・・・
[PR]
by skr201 | 2014-10-19 08:54 | Trackback | Comments(0)

「保護者連絡もLINEの時代」


学校っていつも変わらないなあって思う。

国語の教材なんか、あの頃自分が学んだものだって、未だにたくさん残っている。

「はなのみち」「じどうしゃくらべ」「スイミー」「動物の赤ちゃん」「がまくんとかえるくん」「たんぽぽの知恵」「スーホの白い馬」「ちいちゃんのかげおくり」・・・等々、聞いたことがあるだろう。

他にもやっていることは、昔とほとんど変わらない。
朝の会をして、午前中の勉強、給食を食べ掃除をして、昼休み、午後の授業、帰りの会・・・


変わったことと言えば、最近は電子黒板やiPadなどが導入されて、教材のデジタル化が進み。

教科書を大画面で見せられるので、図や表やグラフなどを見て、視覚的に理解できる。
理科のデジタル教科書には動画も多く入っていて、変化の様子など見られておもしろい。
f0204584_10192682.jpg

iPadを使って、子どもたちが調べ物をしたり(校内にLANが整備され、wi-fiが飛んでいる)。
学習アプリで計算や漢字の練習、地図や図鑑を使って調べ学習だってできるのだ。


そして最も変わったなと感じるのが、保護者との連絡手段の変化。

最近は個人情報保護の観点から、連絡網を作らない学校が多い。
保護者どうし(子どもどうしも)もお互いの連絡先を知らず、仲良くなって個人的に連絡先を交換するしかなくなった。

家に電話を引いていない家も多く、携帯電話が唯一の連絡手段(ウチにも電話はないけれど)。
またそのケータイが、諸事情で止められていることも多いのだ・・・

欠席や遅刻の連絡もして来ないので、休み時間のたびに職員室に下りて、確認の電話。
お母さんにかけても通じないので、お父さん、おばあちゃん・・・
何人かけても通じないことも多く、本当に勘弁してほしい。

次の時間の授業の準備だってあるし、水分補給したいし、トイレだって行きたいんだよ。
お腹も張るから座りたいけれど、そんな時間は1分もない・・・はぁ、本当に激務。


放課後だって、電話をかける用件はもりだくさん。
体調が悪くなった、けんかしたなど、その日の様子を伝えたいのだけれど・・・
学校からの電話は取りたくないのか、みなさん中々出ないし、着信を残しても折り返さない。

でもある時気が付いた。
そんな方々でも、LINEをすれば連絡が取れるのだ。


LINEなら、こっちも仕事しながら、気軽にメッセージできるし。
あちらも「学校からの連絡」と構えず、受け取ってくれるらしい。

お話すると、表情が硬く言葉の少ないあの方も。
LINEだとかわいい文字に、表情豊かな数々のスタンプ。

保護者の方々はだいたい同世代だけれども、私たちはそういう世代なのかもしれない。
直接的な電話よりも、文字の方が伝えやすく、慣れているのかな。

時間も気にせず連絡がスムーズにできるようになり。
こちらも気持ちがずいぶん楽になった。
[PR]
by skr201 | 2014-10-12 09:52 | Trackback | Comments(0)

「最初はさくらんぼ、最後はスイカ」


妊婦は多少太ってもいいものだと思っていた。
だって2人分なんだもん。

でも、そうではないらしい。
そもそも赤ちゃんはまだ小さいし、胎盤・羊水・血液の増加量を入れたって、たかが知れている。

妊娠中期から末期における1週間あたりの推奨体重増加量は、0.3~0.5kg。
つまりひと月で2kg以上太ったら、増えすぎなのだ。


なのに夏休み中の4週間で、体重が3.5kgも増え、食事指導を受けることに・・・
毎日3食と間食で口に入れた物をすべて記入し、次の健診で提出した。

野菜中心にして揚げ物や塩分を控えることに気を付けた。
スーパーで毎回野菜を大量購入。離島では野菜は高価だけれど、仕方ない。
f0204584_11243171.jpg

その時期はちょうど、運動会のハードな練習の時期だったこともあって。
2週間後の健診では、体重が少し減り、看護師さんに「言うことないです」と誉められた。

でもそれで油断したのか、その2週間後にはまた、1.5kgも増加!
運動不足だろうけれど、「安静に」と言われているし、動くとすぐにお腹が張るし・・・で難しい。


体中がむくんでいるらしく、きのうは友だちに作ってもらった結婚指輪が取れなくなって焦った。
石鹸でしばらくゴシゴシしてたら取れたけれど、もう当分付けないことにしよう。
f0204584_11282898.jpg

代わりにイモガイでできた、この指輪を。
大きめなので今のところブカブカだし、大丈夫だろう。
f0204584_16373596.jpg



夜中に足がつるし、ちょっと動くだけで息が切れるし、靴下履くのにひと苦労だし・・・
だんだんお腹が重くなってきて、何をするにも「よっこらしょ」が最初に口をつく。

最初はさくらんぼだったベイビーも、イチゴ・レモン・グレープフルーツ・リンゴ・パイナップルと姿を変え、今はマスクメロンほどの重さになったと言う。
f0204584_11322960.jpg

3カ月後のスイカを目指して、がんばって大きくなるんだよ。
私は低カロリー高栄養素、そして塩分糖分控え目にするよう、気を付けないと。


モルディブ土産にいただいたデーツ(ナツメヤシを乾燥させたもの)。
干しブドウや乾燥プルーンの類で栄養価が高く、特に妊娠中の鉄分の補給に良い。
f0204584_1139275.jpg

ラマダン(断食月)に、日中の断食を終えるバンギ(モスクからのお知らせ)が鳴ると、バッパ(お父さん)はまず最初に水を飲み、そしてこのデーツ口にしていた。

毎朝これを、サプリ代わりに2~3粒。
お土産ありがとうございました!
[PR]
by skr201 | 2014-10-05 07:11 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧