ちきゅう



<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「産まれてきてくれて、ありがとう」


予定日の夜から、10~15分おきの、弱い陣痛が始まった。
でも初めてだから、それが陣痛なのかどうかも、分からない。

すでに出血もしていたので、病院に連絡してから向かうと、そのまま入院になった。
この時点で予定日翌日の朝5時。

陣痛室で横になり、モニターを付けて赤ちゃんの心拍と陣痛の様子を観察する。
陣痛の感覚が狭まる気配がないので、昼過ぎにいったん個室に移動した。

その日は弱い陣痛が一晩中続いたが、等間隔にはならない。
スマホにメモした陣痛の間隔を見ると、5~10分おきに痛んで眠れていない。

明けて予定日から2日後、午前中の診察で、促進剤を投与することになった。
弱い陣痛が1日半以上続いていたので、「これでようやく」と思ったけれど・・・


陣痛促進剤の効き目は、すごかった!
昼食をとりながら点滴を始めると、ものの10分ほどで、本格的な痛みが始まる。

ちょうどその頃、一時帰国中のパパが面会に来たので、最初は話をしていたけれど。
次第に痛みに耐えられなくなり「痛い」「マッサージ」「そこ」としか言えなくなる。

数分間隔で訪れては去っていく、あのとんでもない痛み。
子宮が縮む痛みと腰の骨が砕けるような痛みが、あんなに恐ろしいとは・・・


「もう我慢できない、出て来ちゃう!」と思った瞬間、大量に破水して。
「破水した!もう限界!!!」と叫ぶと、ようく助産師さんが構ってくれるようになり、数m先の分娩室へ、やっとの思いで歩いて向かった。

分娩台ではどこにどうやって足を載せて、どこを握ってどちら側に力を入れるか。
そしてどうやっていきむのか。

パニック状態ではそんなことも難しく、要領を得ないので、何度も無駄にいきむ。
そんな時のためにも、分娩台での実習があればいいのにね。

無理やり立ち会わされたパパは、もちろんそんな状況では何もできず。
でもずっと、分娩台の後ろで頭を撫でてくれていて、心強かった。


そんなこんなしているうちに、ようやく何となくコツがわかり。
「これで最後にしよう」という助産師さんの言葉で、最後の力を振り絞っていきむと。

テレビでよく見るあのシーンのように、へその緒がついた赤ちゃんが出て来た。
まだ肌は青白く血液にまみれていたが、元気な声で泣いている。

陣痛の痛みと長さに比べて、分娩はそれほど痛まずあっという間だったので。
自分が赤ちゃんを産んだなんて、しばらく実感が湧かず不思議な感覚だった。


その後すぐに、何もしなくてもにゅるっと胎盤が出てきて。
ぴくぴく痙攣する脚をようやく抑えながら、会陰切開(これを心配していたけれど全然痛くなかった)した所を縫ってもらうと。

きれいにしてもらって血色のよくなった赤ちゃんと、ご対面。
お腹の上に載せてもらって、家族3人で初めての記念撮影。
f0204584_1821279.jpg



まだまだこの時は、母親になった実感もなく。
痛みから解放されたことに、ただただホッとし。

体中の痛みに、このまま回復できないんじゃないかと不安になり。
トイレで用を足すにも、ひと苦労。

顔でもいきんでしまったようで、顔中の毛穴に真っ赤な内出血の跡が。
あちこちの筋肉が緊張して硬くなり、動かない。


でも、翌日から始まった授乳タイムによって、眠っていた母性が目覚め始めた。
やっぱり産むことではなく、赤ちゃんと一緒に過ごすことで、母性は覚醒していく。

その話はまた、次回にでも。
f0204584_18594661.jpg


産まれてきてくれて、ありがとう。
そしてパパとママにしてくれて、本当にありがとう。
[PR]
by skr201 | 2014-12-28 19:06 | Trackback | Comments(0)

「お腹とギプスにメッセージ」


14日(日)は、妊娠中のラストヨガだった。
友だちのれいちゃんとさゆちゃん主催の、「香るん♫ヨガ」。

ヨガとアロマの香りと音楽のコラボレーション。
れいちゃんが導いてくれるヨガの世界と、さゆちゃんが生み出す香りが創る空間。

それはそれは気持ちの良いもので、90分間どこかにトリップしちゃうみたいな感覚♡
ヨガタイムの後には、体だけではなく心もすっきり軽くなっているのを実感する。


私はお腹が張りやすくて、散歩しても仰向けに寝ても張るくらいなのに、ヨガ中は不思議と張らない・・・きっとベイビーもリラックスしているのね。


帰省して以来、毎週末に顔を出すたびに、みなさんがベイビーに声を掛けてくれ…
お腹をなでなでしてくれていた。

そんな暖かくベイビーの成長を見守ってくれたみなさんに、最後にお願い!
お腹にベイビーへのメッセージを書いてほしい!!!

という訳で、お肌に優しそうな水性ペンを選び(翌日病院だし)。
戸惑うみなさんに、書いてもらった。


f0204584_1149217.jpg

f0204584_11493293.jpg



「きみが産まれるのを、みんながこうやって楽しみにしてくれていたんだよ」
って、この画像をいつか見せてあげたいな。


そんなことをしていたら、その昔、南米チリ最南端の町「プンタアレナス」で、右足にギプスをしたことを思い出した。

2000年の1月から4月の初めまで、ピースボートという船で、地球一周をした。
東京の晴海埠頭を出て、台湾→ヴェトナム→シンガポール→セイシェル→ケニア→マダガスカル→南アフリカ→ブラジル→アルゼンチン→チリ→イースター島→タヒチ→フィジー→パプアニューギニア→ミクロネシアを巡る90日間。

私は当時、援助物資を各寄港地に届けるグループに属していたので、ブラジルのリオデジャネイロで、ある孤児院を訪れた。

そこでパソコンや文房具を届け、施設の子どもたちと遊んでいたときのこと。
少し高い場所で、小学生の女の子を抱きかかえながらくるくる回って遊んでいたら、バランスを崩して子どももろとも落ちてしまった。

気が付いたら数段の階段の下で、私は右のかかとを下にして尻餅をつき。
その子は、かわいそうに膝をすりむいてしまった。


まあでもお互い大したことはないだろうと、「ごめんね」と言って別れたけれど。
そのあとしばらくかかとの痛みが続いた。

次の寄港地のアルゼンチンでは、何となく痛みはあったけれど、日系移民の方の農場でビデオカメラを回す仕事を頼まれていたので、そこで巨大牛肉を食べたら時間切れ…

その後も痛みが続いたので、何かが起きているとは思ったけれど、当時の船内には医務室はあってもレントゲンがなかったので、どうすることもできず・・・


その次の寄港地プンタアレナスでは、誰もが国立公園に氷河を見に行くものだけれど、私はひとり、町の病院に行くことに(道連れになったスペイン語の通訳さんごめんね)。

この時点でケガから10日経っていたが、ようやく行った病院でレントゲンを撮ると、やっぱりかかとに一筋のヒビが入っていた。

ギプスをしてそれを覆うブーツ?と松葉杖を購入。
通訳さんを解放して、私はひとり、町の公園(大きなマゼラン像があった)へ。


ギプスをしたアジア人がマゼラン像の下に座る光景はきっと、珍しいのだろう。
子どもたちが寄って来て話しかけてくるけど、スペイン語なので全くわからない!

その中の一人が言った(多分)。
「日本人なら、ドラゴンボールの歌は歌えるか」と。


はい、もちろん歌えますよと、「ひっかる 雲を突き抜け FLY AWAY!」だったか、「さっがそうぜっ!ドラゴンボール!」だったか歌うと、大盛り上がり!

みんなで楽しく歌って仲良くなり、そのうち「ギプスなんかしてかわいそうだね」と、子どもたちはそこにメッセージを書き始めたのだ。

南米大陸の一番下まで届く、日本のアニメの影響力と「いちゃりば、ちょーでー」(出会えば兄弟)という言葉の意味を実感したこのハプニングは、印象に残っている。

その後のイースター島は、当時大型客船がつけるような港はなく、海上で小型ボートに乗り換えての上陸だったけれど、それをまたギプスと松葉杖で!笑


当時の写真を引っ張り出して来て、スマホで撮ったので、不鮮明。
何て書いてあるのか分からない・・・そして足が黒い・・・
(これは船のデッキにて)
f0204584_1372668.jpg



人生はいろんなドラマがあって、楽しいね。
次は何が起きるのだろう・・・わくわく、ドキドキ♫
[PR]
by skr201 | 2014-12-20 08:36 | Trackback | Comments(0)

「あと一週間」


予定日まで、あと一週間。

といっても、必ずその日に産まれるわけでもないので、わくわくドキドキ・・・
いやあ、いつ産まれるか分からないってのも、なかなかスリリング!

最近はお腹が下がって来て、下腹部がちくちくと痛む。
子宮の筋繊維が伸びているような感じ。


とりあえずは、遠出を控え、家の近所をうろうろと散歩する毎日。
初産は遅れるとか、いや40週に満たないで産まれたとか、色々な噂が飛び交う。

陣痛ってどれだけ痛いんだろうか、そして何時間で産まれるのか・・・
不安なことはたくさんあるけれど、とにかくちょっと待ってね。


別居婚中のパパが来週やってくる。
そして仕事の都合で、2週間ほどで帰ってしまう。

こんな機会もそうそうないだろうから、ぜひ出産には立ち会って欲しいし。
すぐに離れ離れになってしまう、待望のベイビーを抱っこさせてあげたい。


なのでどうか、予定日周辺に産まれてきてね。

毎日お風呂の湯船の中で、血管の浮き出たパンパンのお腹をさすりながら、日本語とディベヒ語(モルディブの現地語)で話しかけている。


f0204584_1319365.jpg

つわりは、全くと言っていいほどなかった。
(歯磨きで奥の歯を磨く時に、「ウッ・・・」となるくらい)

体調もずっと安定していたので、いつも通り仕事をすることができた。
(何度も言うけれど、安定期に入る前に水泳の授業を何回もやった!)

臨月に入った今でも、風邪すらひかず元気に過ごすことができている。
(しかもなぜか体重増加が、上限と言われる12kgでピタリと止まった)


そう、きっとこのベイビーは、母の手を煩わせない、協力的な良い子にちがいない!
だからあと一週間、がんばってお腹の中にいるんだよ。

お腹でいっぱい栄養を蓄えて、準備をしっかりとね。
予定日にお待ちしております。


でも今までずっと一心同体だったのに、2人になるのはちょっと不思議な感覚だよ!


f0204584_18561713.jpg

f0204584_18563218.jpg

f0204584_18565436.jpg

みなさんから色々といただいて、ベイビーグッズが揃ってきた。
我が家は色々と事情があるので、助かります・・・ありがとうございまーす♫
[PR]
by skr201 | 2014-12-13 13:24 | Trackback | Comments(0)

「どんぐりカフェへ」


横浜に帰って来て、日本の四季の移ろいの美しさに改めて気が付き。
12月になってからは、秋から冬へ移り変わる景色にも、うっとりの毎日。

沖縄も寒くはなるけれど、街路樹が色づいたり、秋の実が取れる訳ではない。
だから去年担当していた2年生では、生活科の秋の学習がなかなか大変だった。

松ぼっくりはかろうじてゲットしたけれども、どんぐりが落ちていない。
そこで実家にSOSを出して、どんぐりをたんまり送ってもらったりもした。


そんなことがあったので今年は、どんぐりが落ちているのがうれしくて。
拾い集めてはリースを作ったり、トトロの絵を描いたりして楽しんでいた。

そんな時に耳にした。
「どんぐりカフェ」なるものが、あるんだって!


同じくどんぐりにハマっている友だちに声を掛けて、訪れたのが、「レ・ドア」。
(お店の名前は、赤いドア=red doorから作った造語だそう)
f0204584_11483556.jpg

以前はクリスマス亭という、洋館のレストランだったこともあり、店内は大きなツリーや暖炉(目に暖かいタイプ)など、クリスマスムード満点。
f0204584_11485876.jpg

最初に出してくれたどんぐり茶が、とても香ばしくて、期待が高まる。
カフェインフリーだというので、妊娠中でも安心して飲める。

メニューはパスタを中心に、ピザやオムライスカレーなど、サラダと飲み物がついて、999円(営業時間は平日の11:30から15:00)。

私はエリンギのアラビアータ(なかなかの辛口)を頼んだ。
ここで写真を撮ろうと思ってポケットに入れて来た、2ひきのトトロも一緒に。
f0204584_1153434.jpg

後ろに見えている大きなどんぐりは、「さんぽ」の曲のオルゴール。
f0204584_11531559.jpg


パスタは生パスタで、もちもちしていて、おいしい。
この麺は販売もしていて、ラーメン・そば・パスタ…どんな風にも調理できるそう。

私は今回初めてどんぐりを食べたけれど、小学校の生活科の時間には、どんぐりを粉にして生地に練り込んでクッキーを作ったりすることもある。

ここのお店でも、食後のコーヒーと一緒に、小さなどんぐり煎餅を試食させてくれたけれど、香ばしくて美味しかったので、帰りに購入。

店頭ではお煎餅、クッキー、ドーナツ、麺などが販売されている。
f0204584_12175942.jpg



さて、どんぐりには、どんな栄養があるのかなというと・・・
f0204584_1614786.jpg

テーブルに置いてあった栄養成分表によると、主な成分は炭水化物。
ビタミン・ミネラルも豊富で、特にカルシウムとマグネシウムがバランスよく含まれていて栄養価が高く、女子にはうれしい。

縄文時代や飢饉や太平洋戦争直後の食糧難時代にも、よく利用されていたとか。
そんなこんなで、どんぐりの魅力を再発見したランチタイムだった。


帰り際にシェフ(おそらく)の方が、「どんぐりってかわいいよね」と、笑顔でひと言。


はい、私もそう思います!
[PR]
by skr201 | 2014-12-06 12:34 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧