ちきゅう



<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「ブリッジとサイドプランクポーズ」


週末に通っている、友だちが開いているヨガ教室。
そこで最近、できなくなったポーズがある。

ヨガでは「車輪のポーズ」と言うが、「ブリッジ」の方が一般的には浸透している。
そう、誰もが小学生の頃にやったであろう、あのポーズ。


数年前にモルディブで、現地の子どもたちに体育や音楽を教えていた時のこと。
何をするにも道具がないので、体ひとつでできる組体操をやっていた。

その手始めに、よくやっていたのが、ブリッジ。
みんなおもしろがって取り組んで、そのうち島でブリッジブームが起こった。
f0204584_18431478.jpg

体育の時間だけでなく、放課後にも、港や道路でブリッジ。
私を見つけると、遠くからでも「キョウコミスー!」と呼び止めて見せてくれた。

隣の家の子は、幼稚園の妹(写真手前)も引き連れて、私の部屋にやってきて。
「3人でやるから見てね」って、このポーズ。
f0204584_18443989.jpg


組体操は好評で、この他にも、こんなこともやっていた。
f0204584_18453786.jpg

f0204584_1845518.jpg


という訳でブリッジは、モルディブの子ども達と一緒に、私もよくやった。
帰国してからもちょっと前まではできたのに、なぜか最近できない。

なんでかな。
どこの筋力が衰えてしまったんだろう・・・



これと反対に、最近できるようになったのが、サイドプランクポーズ。
f0204584_18495967.jpg


もちろん、できるようになたのは、いちばん左の基本のポーズ。
以前はできても2・3秒だったけれど、キープできる時間が長くなってきた。

これには心当たりがある。
3か月になる息子の育児の毎日で、自然と腕に筋力がついたのだろう。

おかげで膝も腰も痛いし、最近では手首に腱鞘炎の予感!
肩も背中もバキバキに凝るけれど、筋トレだと思ってがんばろう・・・


f0204584_1985097.jpg

f0204584_1991450.jpg
f0204584_1992865.jpg

桜の花もほころんで、急に春らしくなってきて、運動するにも気持ちが良い季節。
さあ明日のヨガでは、どんなポーズができるかな。
[PR]
by skr201 | 2015-03-28 19:11 | その他 | Trackback | Comments(2)

「梅の花が膨らむ頃」


古来、花見と言えば、梅を愛でることだったのだそう。
それが平安時代に桜が普及し、嵯峨天皇がその花見を始めたのだとか。

現代でも花見と言えばもっぱらソメイヨシノのことだけれども。
今年は梅の美しさに、改めて魅せられた。

f0204584_16314786.jpg

f0204584_1632861.jpg

これはとある古民家でやっていた、吊るし雛の祭りの頃。


冬の寒さがようやくやわらぐ頃に膨らむ、梅のつぼみに。
春の訪れを感じてうれしくなる。

今のように暖房器具も暖かい衣服もない昔、春の訪れがどんなにうれしかっただろう。
そんな気持ちで梅が咲くのを待ちわびたんだろうなあ・・・


近所の公園に、お弁当を持って息子と梅見に出掛けた。
小さい頃もよく来たこの公園。
でも梅がこんなにきれいだなんて、気が付かなかったなあ。

桜に比べたら地味だけれど。
冬色の風景にパッと色をつけ、ふんわりと香る。

こうやって大人になると、見えてくるものもあるんだね。
そうなると歳を取るのも、悪くはないかも。

f0204584_16365349.jpg
f0204584_1637487.jpg
f0204584_16373581.jpg
f0204584_1638248.jpg
f0204584_16384343.jpg
f0204584_16385694.jpg


我が家の梅の木もすっかり散ってしまい、花吹雪が舞っていた。
すると今度は杏の花が開き始め、梅よりも濃いピンク色の花をつけている。
f0204584_1649539.jpg



次はいよいよ、桜だね。
お弁当持ってまた、あの公園に出かけよう。
[PR]
by skr201 | 2015-03-21 16:52 | 日本 | Trackback | Comments(0)

「メリーズ争奪戦」


ここ最近テレビでよく見たのが、中国人観光客の「爆買い」模様。
春節需要だとかで、物価が高騰する中国よりも、円安の日本に買い物に来るらしい。

中でもよく売れるのが、①温水便座、②お茶を入れるステンレスボトル、③不動産。

①世界に誇る日本のトイレ機能。

・冬の寒い日でも、便座が暖かくて快適。冷たいのにはもう座れない。
・ウォシュレット機能も、使い出すと止められない。


②旅行中でも仕事中でも、中国人は片手にマイボトルでゴクゴク

・数年前に中国に行ったときは、現地の人は透明のボトルにお茶を入れていた。
・中には茶葉が入っているのが見えた。
 (砂糖が大量に入ったジュースを飲むより健康的だなと思ったのを覚えている。)
・でもそれだと冷えてしまうから、日本製の魔法瓶が良いらしい。


③日本の都市部の不動産は外国と比べて安い

・消費税増税後の日本人の買い控えに比べて、外国人(特に中国人)の投資が盛ん。
・中国でマンションを買うより、都内の方が安く買えると言う。


私はあまり出歩かないので分からないけれど、繁華街では「中国人の買い物客が大勢いてすごかった」なんてよく聞くし、たくさん来ているんだね。


この他に中国人に人気なのが、日本製の紙オムツだと言う。
なかでも「メリーズ」が人気で、そのおけかげで品薄状態になっているらしい。

たしかにいつもオムツを買うお店では、メリーズが売り切れ状態。
買えないとなると気になる、使ってみたいなあ、メリーズを。


産院ではパンパースを使っていたので、とりあえずパンパースから始めた。
薄いので持ち運びは便利、でも紙っぽい感じがちょっと苦手だな。

おしっこすると、匂いも結構気になる。
そして太もも回りが細いのと、そのギャザーが長いので、跡がついてしまう。

同じくGoon!も薄手で紙っぽくて、匂いが気になる感じ。

ムーニーは厚みがあってふわふわしていて、肌触りが良い。
太もも回りのギャザーが二重になっているので、内側のギャザーがしっかりウンチまでガードしてくれて、漏れないので気に入っている。

こうして見ると紙オムツもそれぞれ使い勝手が違うので、色々試してみたいなあ。
(布おむつも持っているのだけれど、まだウンチが水っぽいので、固形になってきてから試そうと思っている。)


診断チャートによると、太目でよく動くうちの子には、メリーズがいいらしい。
f0204584_20323626.jpg


そうなるとますます気になる、メリーズ。
そう思いながら子ども用品専門店を訪れた時のこと。

紙オムツ売り場には、バラ売りの他に段ボールでも売っていた。
でもメリーズは大きいサイズのみで、息子が使うようなサイズはない。

諦めて帰ろうとしたころ、紙オムツを大量に載せた台車が、倉庫から出て来た。
そして売り場にはすでに、10人くらいの行列。


おお!これがテレビで見た、メリーズ買いの中国人だ!
なんだかうれしくなって、その行列に近づいてみた。

そしてずっと聞いてみたかった質問を、ぶつけてみた。
「どうしてメリーズだけを、買うんですか」と。

しかしみなさん、日本語は分からないようで、答えは返ってこない。
でも一人のおばさんが、パンパースを指さして「グー!」と指で合図した。
「これも良いよ」ということなのか。


1人2箱までと言われているのか、みなさん2箱ずつ持っていくので。
台車に積んであったメリーズは、私の前からどんどん消えていってしまった。

(レジに並ぶ中国の方々。お二方ともメリーズの段ボールを2箱買っていた。)
f0204584_20481646.jpg



という訳で。

どうしてみんなメリーズなのか、残念ながらその謎は解けなかった。
ますます気になる、メリーズの使い心地。
[PR]
by skr201 | 2015-03-14 08:15 | 育児 | Trackback | Comments(0)

「今さらアンフェアを見て」


いつの頃からかテレビを見なくなり、特に連ドラはずっと見ていない。
最後にまともに見たのはロングバケーション(96年)かな・・・笑

ところがお休み中の今は、テレビを見て過ごすことが多くなった。
平日のお昼にはもう、タモさんがいないことを実感し、徹子さんを見る。

御年80歳、そして徹子の部屋は今年40周年だそう。
相変わらず徹子さんは超オシャレで、毎日ばっちりキマッてる。

そしてまったく、人の話を聞いているようには見えない。
番組が長く続く秘訣は何ですかと聞かれれば、「長生きすること」と答えていた。

「徹子の部屋」を挟んで「ワイド!スクランブル」という情報番組がある。
(この挟むというパターンも、おもしろいよね)

この司会者の、橋本大二郎さんがまた、チャーミング。
元高知県知事として有名だが、その上品で穏やかな物腰が、好感がもてる。

こんな政治家いるんだなあ。
お兄さんとは全く違ったタイプ。


さて、ここからが本題で、14時からのドラマの再放送枠について。
NHKと日テレは情報番組、テレ東は映画、TBS・テレ朝・フジがドラマという並び。

うち(母と私が見ている)では内容によって、フジがテレ朝のドラマを見るんだけれど、つい最近までアンフェア(2006年)の再放送がやっていた。

名前は聞いたことがあったけれど、ドラマ自体は見たことがなかった。
そして、こうやって記事にするまで、9年も前のドラマだとは思っていなかった。

主な出演者は、篠原涼子、瑛太、寺島進、阿部サダヲ、濱田マリ、香川照之など。
その後もスペシャルや映画などもやっていて、今年も9月に映画が公開予定。


そこで言いたいことが、2つ。


まず、一連の流れの事件を、11回連続のドラマでずっとひっぱるってすごい。
当時は3か月間もの長い間、細かく分けると3つになるらしいけれど、1つの事件が解決せずに視聴者はモヤモヤしつづけていたのかしら?
(いや、ドキドキならいいのかしらね)

再放送は毎日2回分放送するので、私は一週間の我慢だったけれど。
同じ時間帯にやっている「相棒」なんかの1話完結のパターンに慣れていると、ものすごく長く感じる。

「右京さんならすぐに解決するのにね」って、うちでは話題になったけれど。
そういえば昔のドラマって、そういうものだったのかもしれない。


2つ目は、篠原涼子の一人娘役の、美央ちゃんについて。
篠原演じる雪平が未成年の容疑者を射殺したショックで、声が出なくなる設定。

セリフがない分その表情で演じるんだけれども、笑顔がとってもかわいい。
ドラマでは7歳の設定なので、無意識のうちに小さい子どもだと思っていた。


でもwikipediaで検索してびっくり。
なんと彼女は現在17歳で、AKBチーム4のメンバーなんだという。

本名は、向井地美音さん。
検索して出て来た画像は、水着で胸の谷間を強調して・・・複雑な心境!
f0204584_22593437.jpg


アンフェアの劇中では、こんなにかわいらしかったのに・・・
f0204584_2323351.png



子どもは成長するものだけれど、オバさんはすごく、びっくりした!
そして何だかとっても、さみしいのだ、あの美央ちゃんはどこに・・・


時間の流れは人を変えるんだね。
今後ともご活躍ください。
[PR]
by skr201 | 2015-03-07 08:51 | その他 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧