ちきゅう



<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「青空散髪日和」


私の出産以来、久しぶりに日本に帰って来たパパ。
この間ずっと言われていたことがあった。

「息子の髪の毛を切って欲しい」と。


ここのところ抜け毛が多いから、生えている髪は死守したい。
日本ではもう少し大きくなってから散髪するみたいだし「後で話し合おうね」と、ずっと先延ばしにしてきたけれど・・・

パパのスーツケースには、しっかりとバリカンが入っていた。
確かに薄い部分は薄いけど、濃い部分は長くなってきている。
伸びている部分だけなら、切ってもいいかもなあ。


そしてついにお天気の良いある日、庭で散髪することに。
手にしたバリカンは、幸いにもバッテリーの残量がわずか。

充電しようにもコンセントの形がちがうので、できない。
(私は日本製品を海外で使うためのアダプターしか持っていない)
これならそんなに、切りすぎることはないだろう。

向こうでも友だちの髪を切っていたこともあるらしく、慣れた手つきのパパ。
でも日本人のように繊細な感覚はないので、その切り方はガタガタ・・・
f0204584_173834.jpg



息子はお庭でに出られて満足。もちろん何が起きているかは、分からない。
お気に入りのバスチェアのクマの耳の部分を、おいしそうにペロペロ舐めている。
(ちなみにこの椅子に座らせると、かなりの確率でウンチをする!)

そのうちにバッテリーが切れて、撃沈!
でも大抵の部分は切り終えて、仕上げに上の部分を櫛で持ち上げながら、ハサミでこれもまた適当にチョキチョキ。

あっという間に散髪は終了。
さっぱりと短くなって、ちょっと少年のようになったようにも見える。


天気の良い日に、散髪をする。
家族で散歩に行く。パパがご飯を作る。

何でもない光景だけど、家族が揃うってやっぱりいいね。

f0204584_17482035.jpg

桜の季節もいいけれど、青葉が目に鮮やかなこの季節もいい。
生まれたてで柔らかな緑の色。

もうそろそろ、夏の始まりだね。
[PR]
by skr201 | 2015-04-26 17:51 | 育児 | Trackback | Comments(0)

「大泉門がぺこぺこ」


赤ちゃんのおでこの正中線から頭に向かって上がった所に、柔らかい部分がある。
これが頭蓋骨が未発達なためにできるすき間で、大泉門(だいせんもん)。
菱形でぶよぶよしているので、触るとすぐに分かる。
f0204584_2120411.jpg

分娩時には、このすきま部分を利用して、骨と骨が重なり合う。
頭のサイズを小さくして、狭い産道を通って来るのだ。
この他にも、頭の後ろの方には、小泉門というのもあるらしい。

この大泉門、よく見ていると心臓の拍動に伴って脈を打っている。
頭皮がペコペコと、上下しているのだ。


最近髪の毛が薄くなってきた(!)ので、このペコペコが良く見えるようになった。
私はこの動きを見るといつも、ウルトラマンのタイマーを思い出す。

時間切れを知らせる、あのタイマー。
息子も何かを訴えているような気がして・・・


でも動いているからといって、異常なわけではない。
ただ大泉門のところは骨がないので、脳を保護する構造としては弱い。
強くぶつければ、脳に障害をもたらす可能性もあるらしい。


この大泉門は生後9~10ヶ月までは増大するが、その後縮小し始める。
生後16ヶ月頃には、頭皮の上から触知できなくなり、2歳を過ぎたころに閉鎖する。

これに対して後頭骨と頭頂点との間にあるのが、小泉門。
これは生後1ヶ月で閉じてしまうらしい。


そうか、知らない間に、もう、赤ちゃんの特徴がひとつ消えていた。
なんだか、さみしい。

そして大泉門のぺこぺこも、いつかは見えなくなっちゃうんだね。


日々ものすごい速さで成長する赤ちゃん。

きのうできなかったことができるようになるのは、うれしいけれど。
きのうあったものが今日もうないのは、さみしい。


赤ちゃんの成長のはやさを例えて、友だちが言っていた。
「きのうの~ちゃんは、もういない」と。

本当にそうだよね。

今日しか会えない、今日の息子との時間を満喫して。
毎日を大切に過ごしていこう。
[PR]
by skr201 | 2015-04-19 21:43 | 育児 | Trackback | Comments(0)

「このままじゃせんとくんになっちゃう!」


せんとくん、それは平城遷都1300年記念事業のマスコットキャラクター。
2011年からは、奈良県のマスコットキャラクターになっているらしい。

f0204584_036266.jpg



キャラクターデザインが決まった当時は色々とあり、よく報道されていた。
確かにゆるキャラっぽくはない目を引くデザインで、未だに強烈な印象が残っている。

その、せんとくんに。
息子が似ているなあと思っていた。


お風呂上がりで、髪の毛がペターっと頭にはりついている時。
そして特に、眉間をひっかいて傷ができていると、よく似て見える。

目がはっきり二重でくりっとしているのと。
後頭部が出た頭の形だろうか。

耳はこんなに大きくないけれど。



それが最近になって、ますますせんとくんに似てきた。
何がって、抜け毛がとってもひどいのだ!


シャンプーすると、ごっそり抜ける。
枕やシーツにも、細くて柔らかな髪の毛の残骸。
帽子を脱いで内側を覗いても、ついている・・・


怖くなって、「赤ちゃん 抜け毛」でネットを検索する。

「6か月頃までに生え変わる」「新陳代謝が活発になっている」「胎児の頃からの毛が、丈夫な毛に変わる」「新生児生理的脱毛という現象で、やがて生えてくる」とあって、少し安心。

でもそれと同時に、「赤ちゃんによっては、毛根が休止期に入ることも」「始めはサトイモ状態、そのうちモヒカンになり、最後はツルッパゲ」なんて記述も・・・(涙)


抜け落ちる髪は、どうにもならない。
嘆いても仕方がないし、本人は何も気にせずご機嫌な毎日なので、良しとしよう。

でもやっぱり母は、枕に付いた髪の毛を、ついつい数えてしまう。
そしてこう思う。


「このままじゃ、本当にせんとくんみたいに、ツルツルになっちゃうよー!」
[PR]
by skr201 | 2015-04-11 21:27 | 育児 | Trackback | Comments(0)

「ベビマの効果」


産院で開催されているべビーマッサージ教室に行って来た。

長らくお休みになっていた教室が、久々に再開されたらしく、参加者は少なめ。
おかげで、先生の近くで色々とお話ししながら、和やかな雰囲気でできた。


まずはマタニティビクスでも使っていたマットの上に、バスタオルを敷く。
その上に赤ちゃんを寝かせて服を脱がせたら、タオルを1枚お腹の上に載せる。
(裸だと不安になる赤ちゃんが、これで安心する)

「心臓に遠いところから」マッサージするのが原則らしく、最初は足から。

ホホバオイルを手に伸ばして温めてから(パッチテストも済ませて)、足を持ったら、その反対の手で優しくマッサージしていく。


マッサージされるというのは、赤ちゃんにとってはかなりの運動量になるらしく、くれぐれも力は入れすぎず、肌に触れるくらいの力でマッサージ。

マッサージされることで、赤ちゃんが気持ちよくなるだけでなく、肌が触れ合うことでお母さん自身のリラックスにもなるのだという。


背中やお腹など全身が終わるまで30分弱。
ベイビーはスキンシップを兼ねて遊んでもらって、とってもご機嫌。
そしてやはり疲れたのか、帰り支度をしているうちに寝てしまった。


家に帰って来てからのこと。
出掛ける前にウンチをしたのに、ウンチが出た。しかも1回でなく、2回も!

つまり1日で、3回もウンチが出たのだ・・・
普段は1日1回、出ない日だってあるのに。


これがベビーマッサージの効果なのかしら?
これなら大人でも便秘の時に、こんなふうにマッサージしたらいいのね。

帰りには満開の桜の下でお昼ご飯を食べて、帰って来た。
f0204584_15385741.jpg

f0204584_1539910.jpg
f0204584_15392299.jpg
f0204584_15393397.jpg
f0204584_15394472.jpg



季節はすっかり、春。
やっぱり四季の移ろいって、素敵。
[PR]
by skr201 | 2015-04-04 15:42 | 育児 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧