ちきゅう



<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


「お墓を探しに」


親戚のおばさんがお墓を買うというので、社会科見学がてらお供した。

横浜には市営墓地があるけれど、年に一度の抽選制。
価格が安いので倍率も高く、抽選に漏れたのだという。


そんな時に、新聞に入って来た折り込みチラシ。
最近CMでもやっている「カード式自動搬送型屋内墓所」へ、さっそく見学へ。

その仕組みは、会員カードをパネルにかざすと、遺骨を収納した厨子が参拝ブースの墓碑に自動でセットされるというもの。
f0204584_22221274.jpg


お墓の真ん中が空いていて、そこに「〇〇家」と書かれた石版をつけた厨子が運ばれて来て、ピタッとはまる。
f0204584_22283333.jpg
f0204584_22284379.jpg


立体駐車場のような、ボーリング場のレーンの奥のような、仕組み。
狭い土地にたくさん納骨できるように、考えたもんだね。

室内墓苑なので、寒い日も雨の日も、大丈夫。
お墓の掃除すら、いらないらしい。


人口の4分の1がが高齢者と言われてる日本。
お墓を一基ずつ作っていたら、これからお墓が足りなくなっていくんだろうね。

f0204584_2250358.jpg

銀杏の木が黄金色に輝く頃。
良い社会勉強になりました。
[PR]
by skr201 | 2015-11-29 21:52 | 日本 | Trackback | Comments(0)

「0歳児の万歩計」


最近よちよちと歩き出した、もうすぐ1歳の息子。

歩き始めたその日(ちょうど10ヶ月になる日だった)は、わずか2歩だったけれど。
それが翌日には10歩になり、そのまた次の日には30歩、50歩と増え、いつの間にかずい分と歩けるようになっている。


歩けるようになったのが楽しいようで、よちよち、てくてくと、足が止まらない。
じっとしているのは何かいたずらをしている時で、それ以外は1日中、ずっと歩き回っているのだ。


「いったい1日にどれくらい歩いているんだろう」
と、不思議に思った私は、息子に万歩計をつけてみることにした。
(1日中つけておくことは難しいので、日中の3時間ほどつけてみた)


クイズ:11か月の息子が、家の中で1時間に歩いたのは、何歩でしょう?
① 100歩
② 500歩
③ 1,000歩









正解はなんと・・・








③の、1,000歩。
正解しましたか?笑


1時間に1,000歩も歩いていたなんて、びっくり!
1日にしたら1万歩近く歩いているかも知れない。
(まあこれだけ歩いても、どこにも辿り着いていないというのが、おもしろい)

ちなみに、ここ最近の私の歩数の1日平均は、4~5,000歩。
(スマホの歩数計なので、スマホを身に着けている時だけの歩数だけれど)


母も息子を見習って、もう少し歩かないとね。


f0204584_1523484.jpg

f0204584_15231678.jpg
f0204584_15232858.jpg
f0204584_15234154.jpg


お散歩するにも、だんだん寒くなって来た。
そろそろさむーい冬が、やって来るね~
[PR]
by skr201 | 2015-11-22 15:02 | 育児 | Trackback | Comments(0)

「帽子はきらい」


いつからか帽子がいやになった、10ヶ月の息子。
頭に何かがのっているのが気になるらしく、帽子を被せてもすぐに、自分で取る。

夏の暑い時には被っていたので、ここ最近のことかな。
まあ日本のこの時期なら構わないのだけれど、年明けにまたモルディブに行く予定なので、それまでにはこの「いやいや」を直して欲しいところ。


10月からベビースイミングに通い始めた。
スイミングと言っても、本人は私に抱っこされているだけで、まだ何もできない。

でも、水を手でバシャバシャと叩いたり、足をバタバタさせたりして楽しそう。
腕にリングをつけて一人でプカプカ浮いている先輩たちみたいに、早くなりたいね。


そのスイミングクラスでも、キャップが被れなかった。
何回被せてもやっぱり、脱いでしまう。

子どもも保護者も、キャップは被ることになっている。
コーチは「赤ちゃんの場合は、気にしなくてもいいですよ」と言ってくれるけど・・・


ところが10ヶ月になったある日を境に。
キャップをかぶれるようになったのだ!

まあそれでも嫌なようで、とりあえず脱ごうとはする。
でもそれを上から抑えると、そういうものかを思ったのか、抵抗しなくなった。

f0204584_236299.jpg

そう、こんな感じで!


うん、えらいよ。
世の中いやでもやらなくちゃいけないことが、あるんだよ~
そんなひとつひとつを、乗り越えていこうね、息子よ・・・

なんて、小さな「できた」がうれしく感じられる、新米ママの秋の日。

f0204584_239466.jpg

今日もお散歩が楽しいね。
散歩道には毎日、いろんな発見があるよ~♫
[PR]
by skr201 | 2015-11-15 22:19 | 育児 | Trackback | Comments(0)

「寒いの苦手だけれど」


気が付けばもう11月半ばで、今年も残りはあと50日だとか。
景色はすっかり秋色になり、日に日に陽が短くなって、夜の時間が長くなっていく。
f0204584_22303922.jpg
f0204584_2231394.jpg
f0204584_22312148.jpg
f0204584_22313580.jpg



子どものころから冷え性の私は、寒いのが苦手で手や足が冷えてくる。
こうやってだんだん寒くなると身の危険を感じて、どうやって南国に逃げ出そうか毎年考えているうちに、モルディブやら沖縄やらで暮らすことになった。

だからあんまり、冬は好きじゃない。
ちょっと、恐怖感すら覚えてしまう。


でも冬の服や小物はかわいくて、見ているとわくわくする。
例えばリースって、何だかとっても、惹かれるんだよね。

去年の今頃、近所のお花の先生に教えてもらって、リースを作った。
産休で実家に戻って来た頃で、こんなふうにゆっくり習い事に通ったりしながら赤ちゃんがやって来るのを待つのって、幸せだなあっと実感する毎日だった。
f0204584_22503185.jpg

これはドライなので、今年もまだまだ元気。


そしてこれ(下)は、同じく去年母が作った緑のリース。
f0204584_225912.jpg

生花なので今年はもう、カラカラに乾いて茶色になってしまった。



今年はどんなリースが出ているかなと、いつもの花屋さんを覗いてみると。
いつくかあった中で目に留まったのが、この真っ赤なリースちゃん。
ひと目ぼれしたけれど、うちにはもうあるので、プレゼント用に購入。
f0204584_22414944.jpg


そう言えば去年もこの花屋さんでかわいいリース(下)を見つけて、同じくプレゼント用に買ったことを思い出した。
f0204584_22431659.jpg



振り返ってみると、毎年同じような写真を撮り、同じようなことをしている私。
(最近facebookで、数年前に遡ってその日の自分の投稿が見られる)

このブログもきっと、毎年同じようなことを書いてます、すいません!(笑)
[PR]
by skr201 | 2015-11-08 21:48 | 日本 | Trackback | Comments(0)

「違いが分かる男」


目に入るものすべてに興味津々の10ヶ月の息子。
赤ちゃん用のおもちゃよりも、身の回りにある生活用品がおもしろいらしい。

キッチンの炊飯器がちょうど彼の目の高さにあるので、気が付くと勝手にスイッチを入れたり消したり、ふたを開けて中に入っているしゃもじでご飯をすくって手につけてペロペロ・・・(あれ、もうお粥じゃなくてご飯食べられるようになったんだ!笑)


エアコンのスイッチを入れたり、テレビのリモコンをめちゃくちゃにいじくりまわす。
エアコンは冷房になってたり、テレビは設定が変わってしまったりして大変・・・

ばあばのメガネが気になって、抱っこされる度にそれを取ろうとする(そう言えばモルでィブではパパのサングラスを取り上げて壊しちゃったね)。


テレビは番組よりもCMになると、目が釘付け。
ちょっと前はライザップが好きだったけれど、最近はSAYAKAちゃんの「タマホーム♫」が一番のお気に入りで、頭をかきながらうれしそうに見ている。


まあ色々とやらかすけれども、一番のお気に入りはテレビのリモコン。

もともとボタンのような突起物が気になってつんつんするんだけれども、それがたくさん並んでいるし、しかも自分がそれをいじって画面が変わるのがおもしろいらしく、私たちがするのを真似してテレビに向かって「えいっ」とよくやっている。

あれこれといたずらされるのも困るので、ある日使っていないリモコンを渡してみた。
するとなんと、「いらない」と言うように、ポイッと捨てたのだ。

f0204584_22454550.jpg

(左が本物、右がダミーのリモコン)

「あれなんでかな、偶然かな」と、何度か2つのリモコンを同時に差し出して選ばせてみても、いつだって間違えない!

よく似ている2つのリモコンだけれども、どうやってか区別しているのだ。
どうやら欲しいものははっきりしているらしく、ダミーじゃいやみたい。


ばあばのメガネだってそれが欲しくて、古いメガネを渡しても見向きもしない。
そう言えば一時私たちが履いているスリッパを舐めていたことがあって、代わりに子ども用の新しいものを買ってあげたけれど、それにも反応しなかったなあ。


誰かが使っている「それ」が欲しいんだよね。
という訳でどうやら、「違いの分かる男」のようです。
[PR]
by skr201 | 2015-11-01 22:07 | 育児 | Trackback | Comments(0)


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧