ちきゅう



40日目 「ごみの話」

モルディブに限らず、外国ではよくごみが落ちています。
お菓子を食べたら、ごみをそこにポイッ、
ジュースを飲んでもポイッ、
赤ちゃんのオムツもポイッ、
本当にきたない。

マーレももちろん例外ではないのだけれど、
語学研修島であったケヨドゥーにも、
残念ながらたくさんのごみが落ちていた。

海がきれいで、
白い砂を敷き詰めた道が美しいので、
ごみが目立ってしまう。

島の人々を観察していると、
売店で食べ物や飲み物を買い、
店の前で食べる、飲む、捨てる。
海に行ってカップラーメンを食べる。
容器をそのまま置いてくる。

「どうしてゴミ箱に捨てないの?」と聞くと、
「ゴミ箱がないから」
「かといってもって帰るのは面倒」
それもわかる。

以前はゴミ箱もあったらしいのだけれど、
津波でさらわれて以来、そのままらしい。
売店や人通りの多い所にゴミ箱を置くだけでも変わると思うのだけれどな。

語学研修中は、ひとつき間、みんなで早朝にごみ拾いをしていました。
そんな様子を見て、みなさん「バラーバル!(すばらしい)」、「シュークリッヤー(ありがとう)」
「サカラ(ごみをすてるのは悪いことだよね)」とは言うのだけれど、
一向にごみのポイ捨ては減らなかったのです。

やっぱり、ごみを捨てる人と拾う人が違う限り、
人々の意識は変わらないですよね。
2年間かけて、子どもや地域の人を巻き込んで、
この島を少しでもきれいにできたらと思い始めました。

まずはごみを捨てないことから。
そして今あるごみをみんなで拾おう。

そのためには、学校で子どもたちに働きかけ、
子どもに家庭や地域に持ち帰ってもらう。
ゴミ箱を設置することにも繋げたい。

でも一番の問題は、
この島でのごみ処理の方法。

プラスチック、金属、ペットボトル、ガラス、トイレ、冷蔵庫など、
ありとあらゆるごみがあるのだけれど、
それを集積所に集め、分別し、火をつけて燃やすしかないのです。
処理能力以上のごみが出てしまうのが問題。

これは、どうしたらいいんだろう。

①島で唯一のごみ集積所。一応分類はされている
②毎日ごみ拾いをしていても、大きな袋がすぐにいっぱいになる
③港にプカプカと浮かぶごみ

f0204584_5192290.jpg
f0204584_5211490.jpg


f0204584_415193.jpg

[PR]
by skr201 | 2009-07-31 23:50
<< 41日目 「SPARIの誘惑」 39日目 「ではまた12月に」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧