ちきゅう



41日目 「SPARIの誘惑」

モルディブの人たちは、食事の後に、ピンロウヤシの実を乾燥させたものを食べる。

その実を大きなハサミで薄くスライスして、
葉っぱでくるっと巻いて、
白や赤茶色の粉をふりかけて、
くちゃくちゃと噛んでいる。
これはフォーといって、口臭消しになるらしい。

私はまだこの魅力はわからないのだけれど、
同じくこのビンロウを乾燥させて、細かくし、
甘く味付けした「SPARI」というものに最近ハマっている。

こちらは食べやすいので、若い女性や子どもが良く食べている。
(フォーは年配の人がよく食べている。)

初めて食べたときは木の枝を食べているみたいで、
おいしくも何ともなかったんだけれど、
語学研修の時に先生たちがよく食べていて、
自分たちが食べるたびに分けてくれるもんだから、
毎回一緒に食べているうちに、すっかり癖になってしまった。

島の売店では4個で1ルフィア(8円くらい)。
島では少しずつ買っていたのだけれど、
ここマーレではスーパーにたくさんあるので、
今日は50個入りの箱を買ってみた。
f0204584_435244.jpg
これでしばらく安心。

なんかこれって依存性があるのかな。
何だか体に悪そうな感じだけれど。
[PR]
by skr201 | 2009-08-01 23:17
<< 42日目 「それぞれの任地へ」 40日目 「ごみの話」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧