ちきゅう



183日目 「島へ帰る日」

モルディブ隊は毎年6月と12月の2回に、隊員総会がある。
そのために「島」隊員は、はるばる島から首都マーレへ上京する。

事務所に顔を出せるのも年2回。
隊員どうしで顔を合わせられるのも年に2回。
それ以外は、自分の島で過ごすことになる。

(「マーレ」隊員はまた勝手が違って、事務所にも頻繁に来られるし、同じくマーレで活動する隊員どうしも毎日のように会うことが出来る)

私たち島隊員は、この上京に合わせて、日用品を購入したり、お金を下ろしたり(島には銀行もない!)、外食を楽しんだりと、島では出来ないことをする。

ターム休みとも重なる11・12月は、ずいぶん長い間マーレに滞在した。
やるべきことも一通り終わったので、島へ帰ることにする。

実家から受け取った大きな荷物を抱えて、港へ向かった。
20日の午後。
同期の隊員を3人連れて。

私たちが語学研修を終えたのが約5ヶ月前。
彼らはしばらくぶりにホストファミリーに顔を見せに行く。

でも、だが、しかし。
船がいない!
人も全然いない。

マーレの港は大きくて船もたくさん停泊しているので、どれだかよく分からない。
知り合いに片っ端から電話してみる。
すると。

どうやら船は、30分ほど前に出発してしまったらしい。
こんなふうに時間が変更になることはよくある。
とりあえずたくさんの荷物を抱えて、再びホステルに戻る。

気を取り直して今日21日も帰島に挑戦。
今日は別のルートにあたってみる。
でもケヨドゥー行きはどれも満席。
年末はやはり、移動の時期らしい。
あちこち電話してみたけど、天気が悪いのも重なって、今日もまたマーレに足止め。

明日こそ帰れるといいなあ!

f0204584_3281556.jpg


ローンチュ(高速船)にドーニ(普通の船)、島を往復する船は数種類あるけれど、どれも確実性がない。
色々な都合で出たり、出なかったり。
これはリゾートが所有する船で、道すがら島にも立ち寄ってくれる。
[PR]
by skr201 | 2009-12-21 12:16
<< 185日目 「近くて遠い島」 180日目 「同期隊員活動視察②」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧