人気ブログランキング |

ちきゅう



201日目 「ムシマス(あじ)のシーズン」

いつの頃からか、ムシマス(あじのこと)の季節になった。
バッパたちが港で、ビーチで、糸を垂らしている。

こっちのムシマスは、日本のものと比べて小さい。
15cmくらの大きさで、丸ごと揚げて食べるのがおいしい。

朝早くや夕暮れ時がよく釣れるらしく、うちのバッパは早朝に釣りに行く。
私が起きる頃にはもう帰って来ていて、庭で捌いている。
当たり前だけど、バッパの包丁捌きは見事なもの。
手際よく内臓を取り出し、ガルディア用と揚げ物用に分けていた。

f0204584_115219.jpg
f0204584_1154963.jpg


夕暮れ時には、学校裏のビーチにムシマスを釣る人たちが集まる。

スブスブと、腰まで海に浸かっている人。
f0204584_1162161.jpg

小さなボートに乗っている人。
f0204584_1165180.jpg

木の板の下にポリタンクを付けた「いかだ」のような物に乗っている人。
f0204584_1172333.jpg


夕焼けを背景に、一様に釣竿を下ろしている姿が絵になる。
f0204584_1175911.jpg


今回ばかりはいつものペットボトルではなく、釣り竿で。
でも、竿は単なる一本の棒で、リールも何もついていない。
糸の先に金属製の小さな疑似餌をつけて、食いついたところをひょいと引っ張る。
f0204584_1183848.jpg


釣ったムシマスを、首から下げているビニール袋に入れる人。
プラスチック製の籠に浮きを付けて網を被せ、それを腰にくくりつけている人。
これだと海水に浸けていられるので、釣った魚が悪くならない。

海には今日も大量の小魚の群れ。
海面に黒っぽく見えるものが、全部それ。
f0204584_1192440.jpg


それを追う大きな魚。
小さな魚たちが追われてジャンプする。
大きな魚もジャンプする。
食うか、食われるかの世界。

向こうには、ダイビングのサファリボートが停泊している。
最近はよくこの島にも、見物や食事にやって来る。

これは貴重な収入源で、この時ばかりはいつも閉まっているお土産屋が開店する。
島には店を持っている人も多く、そこには観光客向けの高い商品が並べられているのだ。
英語も話せないバッパやマンマが、片言のイタリア語を話して接客している姿には驚く!

太陽が、水平線の上にかかる雲の中に消えてしばらくしてから、空がオレンジ色に染まっていく。
いつまで仕事をしているんだろう、太陽って。
f0204584_1201876.jpg
f0204584_120534.jpg


満月から一週間が経ち、月が出る時間がだいぶ遅くなってきた。
まだ月は見えない。一番星がひとつだけ、きらり。
by skr201 | 2010-01-08 01:22
<< 203日目 「結婚、浮気、そし... 199日目 「ちょっとこわい話」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧