ちきゅう



268日目 「ターニング・ポイント」

いよいよ17日に迫った日本行き。
この休暇中に私の活動期間も、残り1年を切る。

これがきっとこの2年間の「ターニング・ポイント」になるんだろうな、と思う。
というよりも、・・・しなくちゃあ、いけない!

モルディブに来て早、267日目。
この島で活動を始めて、7ヶ月あまり。

長く滞在することで、活動の幅は広がる。
知り合いも増えて、できることが増えた。

でも、長く住んでいるからこそ、見えてしまうものがある。
感じてしまうことがある。

この国が抱える問題。
この島が抱える問題。
そして私自身が抱える問題。

それはどれも、こうやってネットで発信する訳にはいかない種の問題。
いま私を大いに悩ますあれもこれもそれも、ここに書く訳にはいかない。

なので、毎日1人で同じような道を行ったり来たり。
ちょっと浮かんではまた沈み・・・
そんな繰り返しのここひとつきほど。

今日も友だちの誘いを断った。
最近ドタキャンが続いてる。
ピクニックや、バレーボールや、ギターの練習のお誘い。

前日までは、直前までは、行く気がある。
「部屋に閉じこもってばかりいないで、外に出て気分を紛らわそう!」と思う。

だけどその時が来ると、外に出て人に会うのが億劫に。
それで結局、「ごめんね」って電話してしまう。

「祖母のお見舞い」という理由のこの休暇。
それはもちろんだけど、期待するのは自分の気持ちの回復。

「自分は何のためにここに来たのか」という活動の意義とか。
「残りの活動期間でどこまで持っていくのか」という目標とか。
そして何よりも、「あと1年間がんばろう!」って思える、前向きな気持ち。

そんなものを日本に探しに行く。

せっかくつかんだチャンス。
子どもの頃からの夢。
ずっと憧れてきたもの。

そして、1年先にはタイムリミット。
沈んでいたら、もったいない!

与えるのでも、教えるのでも、ない。
体育だって、音楽だって、ゴミの問題だって・・・

彼らに受け入れてもらうこと。
それにはまず、楽しんでもらうこと!

そのためには、私が楽しい毎日を過ごさないとでしょ!
だってつまらなそうな外国人の先生なんて、何の魅力もない。

無理に笑う必要は、まったくないと思うけど。
でも、ただ時間をつぶすような毎日は、いやだよね。

日本に帰ったらめちゃくちゃ動き回って、みんなに元気をもらいに行くよ!
だからとっておきの「元気玉」下さいな。
会えないみなさんも、遠くから「えいやー」って、送ってね。

人生にいくつかある「節目」。
それは自然に訪れるものかな。
それとも自分でつくり出せるのかな。

いずれにしても、今回の日本行きで、気持ちをリセットして。
またこの国に、この島に、「ただいま!」って元気に帰って来たい。

「ワラッ・ボダ・ミスウェー(すごく会いたかったよ)!」って。

f0204584_055473.jpg

日本でやりたいこと。
①寒さを体験する
②お風呂にのんびり浸かった後に、マッサージする
③うどんを食べる

これ、最近(でもないか・・・)あちこちで見かけるようになった讃岐うどん屋さんのおうどん。
カウンターでうどん玉をもらって、好みでおつゆやトッピングを選んで頂く。
あの、のどごしや食感、こっちにはないなー。
「ズルズルズル」って大きな音を立てて、食べたい。
[PR]
by skr201 | 2010-03-16 03:28
<< 269日目 「元気のもと」 267日目 「裁縫士ジャンベ」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧