ちきゅう



279日目 「マーレにて」

モルディブに帰って来た。

ほっとするこの暑さと湿気。
低温サウナの中にいるような。

冷え性の私は冬場はずっと手足が冷えてしまい動かしにくくなる。
だから冬はきらい。
体が温まらないことに、漠然とした恐怖を感じる。

だから冬が来るたびに思う。
「冬のない国に行きたい!」って。

きのうその夢が再び叶った。

最高気温8度なんていう寒さの日本から、35度のモルディブへ!

カサカサだった体が、モルディブに着いた途端に潤った。
ひとつひとつの細胞が水分を含んでぷくっと膨らんだ。
クリームをつけてもどうにもならなかった手や足が、何もしなくてもすべすべ。

お肌の調子が良いと、かなり気分が良くなる。
体が冷える心配がないと、安心して過ごせる。

やっぱり南国はいいなー。
給湯器のないホステルの水シャワーだって、何の問題もないもんね。

きょうは午前中はのんびりと過ごし、午後は船で20分の近くの島へ散策に。
フルマーレというこの島は、マーレの人口増加の問題を解決するためにつくられた人工の島。
言うならばベッドタウン。

マーレとは違って木々が多くて、気持ちが良い。
車やバイクの数も少ないので、静か。
日本の団地のような建物が、いくつも並んでいる。

f0204584_3284849.jpg

まっすぐに伸びる道路。その両側には街路樹。
こんな景色、モルディブっぽくないな・・・

そして同じく道の両側に立つ街灯を見てみると・・・
なんとソーラーパネルが!
こんなエコなものが、この国にもあるのね。
そうそう、太陽の光だけは、たくさんあるもんね。
タダだし、これを使わない手はない!
f0204584_3313095.jpg


ビーチでちょっとのんびり。
30mくらい浅瀬が続いていて、その向こうには防波堤がある。
その中は波もなく穏やかで、子どもでも安心して遊べる。

日が暮れた頃、マーレに帰って来た。
今日は世界的に、「ECOLOGY DAY」らしく、車やバイクに乗るのが原則禁止。
なので、いつもは車でごった返しているマーレの街も、とても静か。

歩くのもらくちん。
みんなダメって言われたら守ることにびっくり。
政府がこの政策を採用したことにびっくり。
環境に対する意識はともかく・・・

こんな日が、月に一回くらいあってもいいんじゃない?
反復することで意識も高まるでしょ、きっと。

f0204584_338157.jpg

今夜も美しいフクルミスキー。
静寂の中にあると、ひときわ美しいような気がした。
[PR]
by skr201 | 2010-03-27 23:08
<< 281日目 「SKIDAMAR... 「スタバ・ホリック」「サボテン... >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧