ちきゅう



291日目 「いいこと1・2・3」

沈んでばかりいても仕方が無いので、身の回りの「ちょっといいこと」に目を向けてみよう。
さあ、がんばって!


1.ごみ問題に言及する診療所のスタッフ

4月7日は「世界健康デー」という日だったらしい。
学校では通常の朝礼に代わり、島の診療所のスタッフを呼んで、健康に関する話を聞いたり、表彰があったりした。
その中で、診療所のスタッフ兼よく行くお店のあばちゃん兼教え子のお母さん(島での人間関係はこんな感じ)がスピーチをした。

いつくかのトピックのあとの一番最後に。
「ところでこの島の人間はごみを捨てて、キョウコミスだけがごみを拾ってるけど、これはおかしいでしょ!キョウコミスがいなくなったらどうするのよ?」という話をしてくれた。

こうやって、気付いている人もいるんだね。
そうです。自分たちで何とかすべき問題です。
その辺りのこと、行動に移せるといいね。
「言うは易く行うは難し」だよ。
出来る限りサポートするから。

島にゴミ箱を設置するという話は、去年から上がっているけど、なかなか進まない。
でも、私の顔を見るたびに、「今度ゴミ箱買うからね!」って言ってくる島事務所のベーベ。
もういつになってもいいから、実現だけはさせてね。
頼みますよー。


2.絵を描いてプレゼントしてくれる子どもたち

絵を描くのが好きなこの学校の子どもたち。
みんな上手。
でも、ほとんとが模写だけど。

で、その絵を私の所に持ってきてくれる。
しまっておくのももったいないので、仕事場である図書室兼音楽室の壁に貼っている。

自分の絵が貼られると嬉しい。
だからまた、描いては持ってきてくれる。

そんなこんなで、壁はもういっぱい。
絵を貼るスペースはない。

今はスクラップブックに貼っているのだけれど、それじゃあ満足できないよう・・・。

鳥を愛するこの国の人たち。
いちばん多いのは、鳥の絵。
そして、花。

女の子ならディズニーのお姫様なんかの絵。
男の子なら、ドラゴンボールやBEN10など、アニメのヒーロー。

"I love KYOKO miss"なんていうメッセージを添えてくれる。
でも、君たちの言動を見ていると、とてもそうは思えないよ・・・(涙)
f0204584_172819.jpg
f0204584_17283579.jpg



3. 楽しく授業ができた

今日は怒らずに授業ができた。

先日またあった。
あんまりにもヒドいから、「今日はもうこれでおしまい!」って強制終了。

そんなことをしても、この子たちにはちっとも効かない。
「なんで怒ってるの?」って。

まさに怒り損。
自分の気持ちがヘコむだけで、何一ついいことはない。

怒ってはいけない。
感情的になったらだめだ。

わかってはいるけれど・・・。
気付くと怖い顔になっている自分。

でも今日は、ふざける子どもと一緒にふざけてみた。
「話を聞けない、並べない、待てない」は仕方ないから、もう放っておいた。

そうしたら、子どもたちと一緒に楽しく過ごせた気がする。
やっぱり「楽しい」ってのが、いちばんだよね。

今週日曜日の1年生の日本語の授業で、顔のパーツを教えた。
"Head, shoulders, knees and toes"の歌を日本語にして、みんなで歌ったり。

後日、ある女の子が、絵を描いて持ってきてくれた。
そこには、人の顔の絵と、その読み方が書いてあった。
f0204584_17292594.jpg


1年生には板書はまだ難しいので、口頭ででしか教えてないけど、ちゃんと覚えている。
やっぱりすごいな、子どもの能力って。

こんな小さなプレゼントが、嬉しくしてくれる。


夕焼けがきれいだとか。
星がきれいだとか。

ご飯をごちそうになったとか。
友だちと歌を歌ったとか。

スイカをもらったとか。
服をもらったとか。

遠くからも「キョウコミスー」って声を掛けてくれる子どもたちとか。

そんな「ちょっといいこと」に、心をほぐしてもらいながら、なんとか乗り切れるといいけど。
あと1年弱。
[PR]
by skr201 | 2010-04-08 17:29
<< 293日目 「新隊員接待係」 289日目 「ケヨドゥーでどう... >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧