人気ブログランキング |

ちきゅう



382日目 「ケータイ事情」

何度も書いているけれど、この島は僻地。
f0204584_361014.jpg

首都マーレから南に約80km。
高速船なら1時間半、貨物船なら6時間。
食料や日用品は、週に1回マーレから運ばれてくる。
手に入るものは、それだけ。

人口わずか500人。
たて250m、横500mという小ささ。
嘘だか本当だか、わずか3家族から構成されているとか。

こんなすごい僻地なのに。
なぜだかみんな、オシャレなケータイを持っている。
iPhoneみたいにタッチパネルで操作する、そんな最新型を。
f0204584_372543.jpg

家庭用の電話がないので、この島での連絡手段は、ケータイか島内放送。
こんな風に携帯電話が普及する前は(と言ってもつい最近まで)、学校やアイランドオフィスにある電話か、島に2台だけある公衆電話を使っていたのだという。

この島でも若い子を中心に、みんなケータイ中毒。
暇があれば電話、メール、チャット(日本で言うSNSみたいなサイト)・・・
音楽や動画もケータイでDLして楽しんでいる。
その活用度たるや、すごい。
まさに肌身離さず、一心同体。

先生たちだって、授業中にも関わらず、電話に出ちゃうんだからびっくり。
「礼儀」という考え方がないので、先生に限らず、仕事中・会話中、所構わず電話する。

私たち隊員には、事務所からケータイ電話が貸与されている。
事務所から支給されるようなケータイは、もちろん旧式の廉価品。
若い子はまず持っていない、渋ーい代物。

カメラはついていない。
液晶画面は白黒。
Blue Toothも無し。
まさにSimple is the best!

まあ、特にこれで困ったことは無いんだけれど、私たちのケータイよりもよっぽど良い最先端のケータイを国民の多くが使いこなす様な国に、公的援助が必要なのかなとも疑問に思う。

しかし、私の旧式ケータイにも、ひとつだけ彼らに負けないアドバンテージがあった。
それは、ケータイの上部についている、ライト(懐中電灯みたいなもの)!

月やら星やら眺めることが多いので、よくビーチに行く。
ビーチには街灯が無いので、夜空がきれいに見えるから。

月が明るい夜は夜道も歩きやすいけれど、今日みたいに月が深夜に出る日には、集落からちょっと離れると歩きにくい。

そんな時に活躍するのが、このライト。
液晶画面の明かりじゃ頼りないけれど、ライトとしてつくられたこの品物はちゃんと仕事をしてくれる。

ビーチにある段差、流木、カニが掘った穴。
そんなものにつまづいて転ばないように。

いつだったか夜のビーチで鍵を落としたことがあった。
このライトがなければ、まず見つからなかっただろう。

かっこいいケータイには、まずついていないライト。
見た目はかっこ悪いけれども、まだ「暗闇の世界」が存在するこの島には、あるとかなり便利。

そんなわたしのケータイ、意外と気に入ってる。
f0204584_391497.jpg

左から、日本・モルディブ・そして緊急用の衛星携帯電話(これも支給品)。
by skr201 | 2010-07-09 03:05
<< 384日目 「きょうも雨」 380日目 「アサガオ事件」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧