人気ブログランキング |

ちきゅう



394日目 「スキッペ!」

未だにナゾの多き言語、ディベヒ語。

まともな学習資料はない。
あるのは英語⇔ディベヒ語の単語帳くらい。
文法を解説した本など無いので、日常生活の会話を通して身に付けるしかない。

ひたすら話して、メモして、覚える。
語学研修の先生に質問したって、たいてい「ネーンゲ!(分からない)」って言われちゃうけど。

言葉をどんな時にどんな風に使うのかなんて、そもそもあまり考えたりしないもんね。
だから未だに、動詞の活用すら分からない。

こんな状態なのに、ついて来てくれる子どもたち、ありがとう。
おそろしいことに、授業は赴任当初からすべてディベヒ語でやっている・・・

日本に帰ってからは、もう使うことはない。
世界中でこの国でだけ、30万人のみが使う言語。
はっきり言って、今後何も役に立たないであろう、そんな言語なんだけれども。

なんか、魅力的なのよね・・・。
最近では朝礼での校長の話や、島内放送がちょっと分かるようになった。
そんなのが嬉しかったりする。

さて、そんなディベヒ語をちょっとご紹介!

名詞の単数形と複数形の区別。
本来はあまり区別はしないらしいんだけれど、特定の「これ」を言及したいときに、「単数形」を使うことがある。
(これも定かではなく、私の経験上「こんな感じかな」という程度のものなのでご了承を・・・)

     複数形(こちらをよく使う)   単数形
・木 ・・・ ガス              ガヘ
・人 ・・・ ミーフン            ミーヘ
・服 ・・・ ヘドゥン            ヘドゥメ

と、このように、大方の名詞は最後の文字の母音が「エ」の音へと変化する。

ある日子どもたちをUNOをしていたときのこと。
自分がカードを出すときに、例えば「DRAW4!」なんて言いながら出したりするでしょ。

こっちでもそんな感じでプレイしてて、ある時子どもがSKIPを出した。
「上がりそうなコイツを、この俺が止めてやるぅー!」とばかりに、意気揚々とカードを卓上に叩きつけながら・・・


「スキッペーーーーー!」


「えっ?」って、笑っちゃったのは、もちろん私だけ。
だって「スキップ」の単数形は「スキッペ」だもんね。
でもなんか「スキッペ」って、間が抜けてるよ・・・

f0204584_2104160.jpg

この画像は内容とは一切関係がないけれど、これが島での魚の運び方。
こんな風に、尻尾をつかんで。

ミーヘ《ミーフン(人)の単数形》がマヘ《マス(魚)の単数形》を家に持って帰るところ。
あ、魚2匹だったね・・・まあ、いっか。
by skr201 | 2010-07-21 02:16
<< 396日目 「Malcella... 392日目 「体育会系新隊員」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧