ちきゅう



398日目 「マンタ!」

23日金曜日。
新隊員と過ごす最後の週末。

私にはずっとやってみたいことがあった。
それは向かいのフェリドゥー島まで泳いで渡ること。
距離にして700m。
もちろん万が一に備えて、ボートを横につけて泳ぐ。

体育会系の彼らならば、一緒にやってくれるハズ!
そう思ったのだけれど・・・

しかし波は高く、断念。
帰国まであと8ヶ月。
時機を見て待とう。

仕方が無いので、比較的波の穏やかな港の中で、泳ぎの練習。
100m弱ほどを往復するが、海で泳ぐのって想像以上にキツイ。
日本ではジムに通って2,000mは泳いでいたので甘く見ていたけれど、これは結構しんどいな・・・

魚の見えない港での泳ぎにもちょっと飽きたので、防波堤の向こうに出てみた。
いつものように、サンゴのリーフエッジに沿って泳ぐ。

するとそのとき。
小魚の大きな集団が、こっちに向かってきた。
「何だろう?」と思って目を向けると・・・

その群れを追うのは、なんと、マンタ!
それはそれは大きな、本物のマンタだった。

この辺りでは、エイを良く見る。
割と大きなエイ。尻尾が長く、毒があるといわれている。

でも、いつも見るエイとは明らかにちがう。
その大きさ。
四角い口。
そして羽ばたくように動かす、その角ばった手。

しばらく一緒に泳ぐ。
ゆっくりゆっくり空を舞うように、悠々と泳ぐ一匹のマンタ。
時間が止まったように感じる、不思議な瞬間だった。

「ああそうだ、新隊員にも知らせなくっちゃ」と、水面から顔を出して呼ぶ。
そうしてもう一度水の中を覗くと・・・

そこにはもう、マンタの姿はなかった。

ほんの一瞬、束の間の出会い。
海の中って、いつ、どこで、どんな生物に会えるのか想像もできない。
だから何回潜っても、決して飽きることがないんだよね。

まったく偶然の、そして生まれてはじめてのマンタとの出会い。
うーーん、幸せだなあ・・・
こんな所にも住んでいるんだね。

でもそんな時にかぎって、カメラを持っていなかった。
だって泳ぎの練習中だったから。

代わりにどこかからDLしたマンタを。
f0204584_14231847.jpg

by skr201 | 2010-07-25 14:23
<< 400日目 「Independ... 396日目 「Malcella... >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧