ちきゅう



404日目 「アートな日」

29日木曜日。
ここのところの疲れがたまり、寝坊。そして初めての遅刻。
寝坊はこれまでもちょこちょこあったけど、通勤時間3分に救われて遅刻だけは免れていたんだけど・・・

うちの学校は、出勤簿に7時15分までにサインしなくちゃいけない。
でも私が担当する授業は8時15分もしくは9時からなので、それまで行けば、授業に穴は開けずにすむ。
学校についたのが8時10分。

校長とスーパーバイザーにごめんなさいをするとこんな指示が。
「4・5年生の先生が休んでいるので人が足りなくて困ってる。次の時間空いてるでしょ?5年生のPA(Practical Art=図画工作)の授業をやってくれない?」
「PAって何をしたら良いんですか?」
「何でもいいんだけど・・・ほら、折り紙で鶴でも折ったら?」

はい、わかりました。
何かネタばれしているみたいだけれど、とりあえずは鶴を折ってみます。

早速5年生の教室に向かい、まずは裏紙を使って練習。
紙だってそうたくさんは無いからね・・・

いあや、ここをこう折って、ああして、こうして・・・って口で説明するのは難しい!
結局、「Bala! Mihin!(見て!こう!)」の一言ですべてを済まそうとする私。
子どもの中に1人作り方を知っている子がいたので、その子にも手伝ってもらいながら、一緒に折っていく。

紙の角と角と合わせるとか。
折り目をきっちりとつけるとか。
その折り目に沿って真っ直ぐに折るとか。

そういう「こまめ」な指先の動きって、5年生でも難しいのね・・・
裏紙鶴が何とか出来上がり、次は折り紙を渡す。

2回目になると1人で作れる子も増えてきた。
尻尾をばたばたさせると羽がはばたくように自分なりに改造したりして楽しんでいる。

今度はもっと分かりやすく教えられるように、準備してくるね。
もっと簡単なものがいいかも。

そして午後からは、先日のIndependence Dayにちなんで、9・10年生がスピーチ。
ガウミー・ヘドゥンという民族衣装を着て、独立の歴史などを演説していた。
f0204584_21434485.jpg
f0204584_21442483.jpg

その横では、子どもたちがつくった作品群が展示されている。
この島にある材料なんてものすごく限られているのに、木の枝、ココナッツの実、プラスチック容器などを使って、本当に上手につくっている。
f0204584_21455114.jpg

こんなふうに、船や花をモチーフにしたものが多い。
f0204584_21483881.jpg

これ、何だか分かりますか?
釣りにも使うあのブリーチのプラスチックボトルに切れ目を入れたもの。
ここまで使えるブリーチ・フリってすごいな・・・

絵が上手なのは知っていたけど、工作の発想も・技術もすごいのね・・・
こういうのを見るたびに、PAの担当じゃなくて良かったなと思う。
小学校隊員はだいたい体育と図工を教えるというパターンが多く、私のように体育と音楽と日本語というのは、珍しい。

ちょうどこの日は、島にリゾートからゲストが来る日。
学校を見学に来たゲストに作品を見せて売り込むという商魂のたくましさ・・・
でもほとんど売れなかったね。
だってそれ、持って帰るの大変だもん。
f0204584_21533420.jpg

f0204584_21525547.jpg

ちなみに女の子(シャムハー)の近くのピンクの花は、本物の木の枝にペーパーナプキンでつくった花と紙で作った葉をつけたもの。
「すごい完成度だなあー」って感心してみていたら、「それ、そいつのお父さん(Mario)がつくったんだよ」と、子どもたち。
日本でも夏休みの作品は、親御さんがつくったりするもんね・・・

今日もかわゆい子見つけた。
f0204584_2154488.jpg

f0204584_2156085.jpg
f0204584_2156402.jpg

[PR]
by skr201 | 2010-07-31 21:57
<< 406日目 「月にお祈り」 403日目 「アサガオが教えて... >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧