人気ブログランキング |

ちきゅう



「マジクール」


6月にして30℃超えの真夏日が続き、35℃超えの猛暑日もあった今週。
学校と言うところは冷暖房が無く、一年を通して過ごしにくい。

職員室に冷房はあるけれど教室にはない(最近扇風機が2台入ったけれど)ので、毎年夏は連日30℃超え。
冬になると教室にストーブが設置されるけれど、子どもがいる間はあの子たちの発熱でそんなに冷えないのであまり使わない。

つまり夏は暑く冬は寒い、季節を大いに堪能できる場所。
夏にはノートが腕の汗で湿るくらい汗をかき、冬にはニットやらウィンブレやら何枚も重ね着する。

でも今週は本当に暑く過ごしづらかった。
例年ならば子どもが帰った後に職員室で仕事をするときには冷房をつけるのだけれど、今年は震災の影響の節電対策で冷房をつけないことになった。

モルディブにあった天井に付いた大きな扇風機(fankaa)が懐かしい。
あれがあれば常に体に風が当たるので、体感温度がかなり下がる。
私の部屋はいつだって34℃だったけど、そんなに辛くなかったもんね。

でもそこら中の物が飛び散り大変なことになるだろうけれど・・・


さて最近子どもたちが登下校中に使っている便利グッズ。
電気を使わなくても体を冷やすことができるもの。

それがこれ、「MAGICOOL」というもの(色々な商品名で類似品が出ている)。
これを首に巻いている子の姿を、ちらほらと見かけるようになった。
f0204584_13541172.jpg

「製品内の特殊高分子ポリマー(吸水樹脂)が水分を吸収し、その多量の水分が気化する際の吸熱作用(気化熱)により、長時間にわたって心地良い冷感を維持する」(製品HPより)というもの。

つまり冷水に浸したタオルを首に巻くのと同じことだけれど、首や服が濡れないし、しかも20時間も効果が続くというものらしい。

さわってみると冷たくて濡れているような感触だけれども、びしょびしょにはならない。

ちょっと気になるなあ。
便利なものがあるもんだ。

これを学校に持って来ることの是非について、近々会議で議論される。
学校には何事も「きまり」が必要だからね。
by skr201 | 2011-07-02 13:57
<< 「旅仲間」 「サンダル777円」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧