ちきゅう



「シェイクスピアの言葉」


先日飛行機の中で、「英国王のスピーチ」という映画を観た。

基本的に歴史物って興味がないので、いつもだったらスルー。
だけれどもこの映画は、親愛なるタエコさんのお勧めだったので見ることにした。

イギリスの歴史ドラマ(2010)で、第83回アカデミー賞作品・監督・主演男優・脚本受賞作品。
英国王ジョージ6世(即位前はヨーク公アルバート王子)の史実を基にしている。

英国王だって決して一夜にしてなるのではなく、私たちと同じように一人の人間として、喜び悲しみ生きていき、段々とその立場の人間になっていくんだなって。

そんなことを感じさせてくれるいい映画だった。
その中で引用されていたのが、シェイクスピアの言葉。

"Poor and content is rich and rich enough."
(貧しくとも満足を知るものは豊かである)―『オセロ』より―



そうだよねえって、響くものがある。
そういえば仏教の教えにも、古代中国の思想にも、同じようなものがあった。

つまりは洋の東西を問わず、昔から人間は、同じようなことを言ってきたってこと。

欲張っていたらきりがない。
謙虚な気持ちが必要だって。

やっぱり人生、考え方次第なんだし。
「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」んだし。


昔からもう、それはもう、やりたい放題生きてきた私は。

やりたいことはなんでもできるチャンスに恵まれ。
やりたいことをやり切れる気力も体力もあったけれど。

最近ではそんな気力と体力の衰えを著しく感じ。
人生二度目のターニングポイントかなって、思う。


ありがとうって感謝の気持ちで、ありのままの現状を受け入れる時期なのかもしれない。
そろそろね。

「なりたい自分」に向かって、走っていくだけじゃないのかもなあ。
そんなことを考えた33回目の誕生日、2月1日。

みなさんメッセージありがとうございました。



こんなに毎日寒いのに。
桜の木はもう、花を咲かせる準備をしている。
f0204584_055136.jpg

2月4日は、立春。
[PR]
by skr201 | 2012-02-02 23:31
<< 「久しぶりの節分」 「ネパールの手袋」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧