ちきゅう



「2008年オーロラの旅」


久しぶりに冬の寒さを経験して、数年前にカナダにオーロラを見に行ったことを思い出した。
(しばらく南国モードだったので、冬の世界のことは忘れていた)

子どもの頃からの夢だった協力隊派遣を翌年に控え、任地での「死」が頭をかすめて。
(過酷な地で命からがらの隊員生活だと思っていた。
派遣されたモルディブは、平和以外の何ものでもなかったけれど・・・)

外国旅行に行ってみたいけれど怖い・・・
そんな母を、親孝行のつもりでオーロラの旅に連れ出した。

写真を発掘したので、どうぞご覧下さいな。
(2008年12月末、Yellowknife, Canada)


これは利用した施設が撮ってくれたもの。
私はこんなにうまく撮れなかった。
f0204584_22344555.jpg


この地域の車のナンバープレートは、世界でも珍しくクマの形。
f0204584_22394545.jpg


シロクマは議会場でも、ゴロンとなっていた。
f0204584_22403398.jpg


石を積んでつくった、先住民族に伝わる像。
道標として自分が通った道に石を積んだことの名残らしい。
f0204584_2241328.jpg


ティーピーというオーロラ観賞用のテント(この地域に古くから伝わるものを模している)。
この青色の出方、とってもきれい。
f0204584_2242646.jpg


テントの前にあるのは、雪の上を歩くときに使う「かんじき」。
f0204584_22432159.jpg


夜に明かりが灯るとまた、こんな感じで美しい。
f0204584_2244829.jpg


テントの中はこんなふうにストーブもあって暖かい。
想像していたよりもずっと、広くてしっかりとした造りだった。
f0204584_2392391.jpg


犬ぞりも乗せてもらった。
走らされているのかと思いきや、犬くんたちは走りたくてたまらない様子だった。
f0204584_23104617.jpg


走行中はこんな景色が見える。
f0204584_2311525.jpg


ぺろぺろって、かわゆいのね。
f0204584_23122259.jpg


雪に覆われた針葉樹林の森に、太陽が沈んでいった。
f0204584_23125296.jpg


yellowknifeは、ダイヤモンドの産地でもあったらしい。
f0204584_23133013.jpg


肉の切り身のカナダ的大きさに、母はびっくりしていた。
f0204584_2314232.jpg


町の中心部にある気温表示板。
マイナス34度は、自分の吐く息でまず鼻毛が凍り、その後まつ毛が凍る寒さ。
f0204584_23144421.jpg


この旅のもうひとつの見所であったナイアガラの滝。
でも冬期は凍結している部分が多く、夏に比べるとちょっと迫力に欠けるかも。
f0204584_23172874.jpg



「今度は赤色のオーロラが見たいな」なんて、あの頃は思ったけれども。
南国暮らしを経験した後には、もうあそこに行くだけの勇気はない。
[PR]
by skr201 | 2012-02-14 23:23
<< "I'm y... 「スリランカ旅行2011」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧