ちきゅう



「モルディブからのお客さま」


モルディブでお世話になっていた友だちが、日本にやって来た。

ユムナちゃん、ミミちゃん、チョンちゃん。
協力隊の日本語教師隊員の下で勉強した彼女たちはもう、日本語がペラペラ。

歴代隊員とも親交が深いので、今回は、日本各地にいる友人知人を訪ね歩き、観光をする旅。
北海道や岩手まで足を伸ばす、約3週間の滞在となった。

そんな旅の終わりに、JICA東京で、彼女たちの報告会があった。
「セミナー/報告会:日本とモルディブ、津波が結んだ絆」
f0204584_20195571.jpg

(中央がモルディブ大使館のカリール大使、下段中央が3人娘)


元モルディブPC隊員で、現在は"Good Neighbors Japan"というNGOで活動しているマサくんが、東日本大震災の被災地支援を行っていて、そこへ彼女たちを連れて行ったのだという。

「津波被災国」という点で、日本とモルディブには共通点がある。

2004年12月末のスマトラ沖地震で、モルディブにも津波が押し寄せ、80数名の死者が出た。
でも首都マーレでは、日本のODAで建設された防波堤のおかげで、死者は一人もいなかった。


津波被害という共通の経験に加え、日頃の日本の援助(学校建設等)による親日感情から、昨年3月の震災の際には、モルディブでも募金活動など大きな動きがあった。

私たち在モルディブ隊員もテレビ局に呼ばれて、ちょっとしたインタビューを受けた。

その時に見たのが、義援金と支援物資のツナ缶を持ち、ひっきりなしにテレビ局のロビーに集まってくる、老若男女たくさんの人々の行列だったのだ(2011年3月に記事あり)。


被災地を訪問した3人を迎えての報告会には、モルディブ大使館のカリール大使もやって来た。
大使の口から出て来るのは、日本への感謝の気持ちの数々とお見舞いの言葉。

やっぱりこうやって、つながっているんだね。


そして翌26日の夜、ドタバタしながら、帰国の途に着いた。
こうやってずっと、ドタバタの珍道中だったんだろうね。

f0204584_20261787.jpg

(クセのある私のカメラは、人に撮ってもらうとこんなになってしまう・・・)

なんだかみんなが、日本にいるのって不思議。
ここにいる人たち全員、モルディブで知り合った、元隊員やら関係者。

近いうちにまた、会おうね。


f0204584_2047991.jpg

お土産にもらった、モルディブのお菓子。
おいしかったけど、やっぱりわが島Keyodhooのものには、敵わない。
[PR]
by skr201 | 2012-02-27 20:34
<< 「真っ白、そしてピンク」 「手で食べるとおいしい」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧