ちきゅう



「ヒート・ギア」


高校生の頃に突然、日光に対して肌がアレルギー反応を起こすようになった。
数分であっても肌が日光に当たると、赤くなってぶつぶつと発疹ができてしまう。

夜になるとそこが熱くなってきて、さらにぶつぶつが大きく膨らみ、とってもかゆい。
あちこち皮膚科に行ったけれども、あまり効かない塗り薬をもらうだけで、何もよくはならない。


なので対策は、日光に当たらないようにするのみ。
長袖を着る、帽子を被る、サングラスをかける(目も紫外線に弱い)、そして日焼け止めを塗る。

半ば日光恐怖症になっているので、日焼け止めは必須アイテム。
春から秋にかけて、そして旅行に行く時には、かばんの中に必ずひとつ入れておく。

これがないと怖くて外に出られない(それなのに南の島がすきな困ったわたし)。
家で洗濯物や布団を干す時にも、必ず日焼け止めクリームを塗って長袖を着て、帽子を被ってから。


今年の夏も、おそらく10本は使っただろう、日焼け止め。
いや、20本かもしれない。とにかく1日数回、塗って塗って塗りまくる。
f0204584_14481054.jpg

(今年の夏のお気に入りは、左端のSEA BREEZE。この緑の他にも色んな香りがある)


日焼け止めを塗ったとしても焼けるのだけれど、赤くなったり発疹ができたりはしにくくなるので(まったくしないわけではない)、肌に1枚カバーをかけて保護するという意味で使っている。


しかし職業がら、夏は外にいることが多い。
水泳授業に運動会・・・、もういやになるくらい、炎天下で過ごす毎日。

水泳ではラッシュガードにくるぶしの長さまである水着で。
運動会の練習も、長袖ジャージを羽織ってだったけれど、やっぱり暑いので・・・


UNDER ARMOURの"heatgear"なるものを購入。
暑いときに着ることで、かいた汗を蒸発させてドライに保ち、サポート機能で運動効率を上げてくれるらしい。
f0204584_14564642.jpg

そして私にとって何よりうれしいのが、首のところまでカバーしてくれること。
首周りは肌が弱いので、日焼け後の炎症が起きやすいから。


暑いかなと思ったけれど、キュッと締め付けるからか、そんなに暑さは感じない。
そしてこの、上半身が完全にガードされているという、安心感がたまらない。


おかげで1日4時間という運動会の練習や、朝6時から働かされた運動会の当日も、カラダには異常が出ず乗り切れた。

顔はやっぱり、ヤケド状態になっちゃったけれど(顔にはマスクをするわけにいかないので)。



今後も色々と活用したいアイテム。
[PR]
by skr201 | 2012-09-23 15:04
<< 「モルディブ缶詰ナイト」 "ESPRESSOD... >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧