ちきゅう



「あしたは はれる」


産休に入る前の最終日、最後の授業は、お別れパーティーを企画した。
企画したのは私だけれども(笑)、子どもたちがプログラムを考えて作成してくれた。
f0204584_1730253.jpg


ビンゴゲームをやって、早く上がった子どもから、賞品をゲット(賞品は全員分あるよ)。
賞品は外国のお金や、砂漠の砂や、サンゴや貝殻など、つまりは私のコレクションの処分・・・

一番人気は外国のお金だった。

価値は日本円にして、数十円~数百円だけれども、やっぱり夢があるよね。
見たことのないお金に、「えー、これがお金なの?」って、みんなびっくり。

あのわんぱく坊主くんも、モルディブのお金を早速ゲットし、「おれたち(仲良しと肩を組んで)、モルディブに行ってこのお金使うんだ!」と、うれしそう。

両替し忘れた各国のお金たちも、こうやって子どもたちにとっては、夢のかけらになる。
いつかその目で、外の世界を見て来てね。


歌のコーナーでは、「先生が学校のこと忘れないように」って、子どもたちは「校歌」を提案。
うん、確かにそうだねって、納得。

先生のリクエストは、「あしたは晴れる」。
作詞・作曲は、「おかあさんといっしょ」の坂田修お兄さん。
歌うのは、速水けんたろうさん、茂森あゆみさんの、「だんご3兄弟」コンビ!


かなしくて なきたくなったとき おもいだしてほしい ぼくらのことを
くもにのり とんでいくからね ひとりぼっちじゃないよ てをつなごうよ

すきだから きみが すきだから
ともだちさ いつも いつまでも

さあさ ゆめじゃない みどりのそうげんに みんながあつまるよ きみとうたうよ

すきだから きみが すきだから
ともだちさ いつも いつまでも

さあさ げんきだせ なみだふきとばせ
こえをあわせ うたおう あしたははれる あしたはれる・・・



軽快なリズムと明るい歌詞が歌いやすく、子どもたちも大好きな曲。
「すきだから 君がすきだから」ってところが、わたしは一番すき。

誰かや何かを「すき」って気持ちを、大切にしていってほしいな。
その思いで、突き進んで欲しい。夢はでっかくね。

そしてその「すき」な気持ちを、相手に伝えたり表現したりすることも忘れずに。
まずは最初に、身の回りを「ふわふわ言葉」でいっぱいにして。


「みんなからのプレゼント」では、子どもたちが手作りのプレゼントをくれた。
どれも気持ちがこもっていて、うれしかったけれど。

思わずジーンとしちゃったのが、私の言うことなんていつも聞かない、あの男の子が。
新聞紙ほどの大きな紙で折った鶴を持って来てくれた。首には魚のネックレス。
(お別れパーティーの日を勘違いしてフライイングで持って来ていたけれど・・・)
f0204584_23131088.jpg

ありがとう。
いつも素直になれないだけなんだよね・・・お互いに(笑)

そして君ならできるから、自信をもって。
お父さんもお母さんも先生たちも、ちゃんと見てるから、大丈夫だよ。


このプログラムやみんなからもらった寄せ書き、大切に持って帰るね。
「横浜に帰ったら、先生のお父さんやお母さんにも見せるよ」って言ったら。

「えっ?日本語読めるの?」って、みんなフシギ顔。
「モルディブ人なのかと思ってた」って・・・


先生のお父さんとお母さんは日本人だよ、今まで知らなかったの?(笑)
ちなみに私も・・・
by skr201 | 2014-10-19 08:54
<< 「さよなら、石垣」 「保護者連絡もLINEの時代」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧