人気ブログランキング |

ちきゅう



「どんぐりカフェへ」


横浜に帰って来て、日本の四季の移ろいの美しさに改めて気が付き。
12月になってからは、秋から冬へ移り変わる景色にも、うっとりの毎日。

沖縄も寒くはなるけれど、街路樹が色づいたり、秋の実が取れる訳ではない。
だから去年担当していた2年生では、生活科の秋の学習がなかなか大変だった。

松ぼっくりはかろうじてゲットしたけれども、どんぐりが落ちていない。
そこで実家にSOSを出して、どんぐりをたんまり送ってもらったりもした。


そんなことがあったので今年は、どんぐりが落ちているのがうれしくて。
拾い集めてはリースを作ったり、トトロの絵を描いたりして楽しんでいた。

そんな時に耳にした。
「どんぐりカフェ」なるものが、あるんだって!


同じくどんぐりにハマっている友だちに声を掛けて、訪れたのが、「レ・ドア」。
(お店の名前は、赤いドア=red doorから作った造語だそう)
f0204584_11483556.jpg

以前はクリスマス亭という、洋館のレストランだったこともあり、店内は大きなツリーや暖炉(目に暖かいタイプ)など、クリスマスムード満点。
f0204584_11485876.jpg

最初に出してくれたどんぐり茶が、とても香ばしくて、期待が高まる。
カフェインフリーだというので、妊娠中でも安心して飲める。

メニューはパスタを中心に、ピザやオムライスカレーなど、サラダと飲み物がついて、999円(営業時間は平日の11:30から15:00)。

私はエリンギのアラビアータ(なかなかの辛口)を頼んだ。
ここで写真を撮ろうと思ってポケットに入れて来た、2ひきのトトロも一緒に。
f0204584_1153434.jpg

後ろに見えている大きなどんぐりは、「さんぽ」の曲のオルゴール。
f0204584_11531559.jpg


パスタは生パスタで、もちもちしていて、おいしい。
この麺は販売もしていて、ラーメン・そば・パスタ…どんな風にも調理できるそう。

私は今回初めてどんぐりを食べたけれど、小学校の生活科の時間には、どんぐりを粉にして生地に練り込んでクッキーを作ったりすることもある。

ここのお店でも、食後のコーヒーと一緒に、小さなどんぐり煎餅を試食させてくれたけれど、香ばしくて美味しかったので、帰りに購入。

店頭ではお煎餅、クッキー、ドーナツ、麺などが販売されている。
f0204584_12175942.jpg



さて、どんぐりには、どんな栄養があるのかなというと・・・
f0204584_1614786.jpg

テーブルに置いてあった栄養成分表によると、主な成分は炭水化物。
ビタミン・ミネラルも豊富で、特にカルシウムとマグネシウムがバランスよく含まれていて栄養価が高く、女子にはうれしい。

縄文時代や飢饉や太平洋戦争直後の食糧難時代にも、よく利用されていたとか。
そんなこんなで、どんぐりの魅力を再発見したランチタイムだった。


帰り際にシェフ(おそらく)の方が、「どんぐりってかわいいよね」と、笑顔でひと言。


はい、私もそう思います!
by skr201 | 2014-12-06 12:34
<< 「あと一週間」 「大勢の中のひとり」だけれど >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧