人気ブログランキング |

ちきゅう



「両膝にサポーター」


ぎっくり腰をやったのは、モルディブから帰国して最初の冬。
1度目は産まれて初めてマラソン大会に出て、10km走ったとき。
そして2度目は、冬休みに無茶をして2週間で12回飛行機に乗るような旅をした時。

ひと冬に2度も腰を痛めて、おまけに三半規管もおかしくなって、マット運動で回転をした後のようなめまいが続いて、ふらふらで仕事に通ったっけ。


まあそんなのが、沖縄に移住することになったひとつの原因なんだけれども。
(こっちの寒さと忙しさに耐えられなくなった)

暖かい場所に住むようになって、腰は痛まなくなり体調がよくなった。
冬になると喉が痛んだり、体に湿疹が出たりしていたけれど、それもなくなった。
常に体が温まっていて、免疫力が高まっているような感じ。


でもこっちに戻って来ると、また苦手な冬の寒さ。
妊娠中から腰がちょっと痛むけれど、ぎっくり腰まではいかない。
(ぎっくりにならないように調整ができるようになった)

その代わりにここ最近痛むのが、膝。
子どもを抱いて立ちあがったり座ったりの毎日なので、膝にきてしまった。


子どもはまだ5~6kgなので、妊娠中の方が体重があったのだけれど、やはり自分ではなく外部のものを身に着ける(抱く)というのは、体に負荷がかかるらしい。

最初は子宮が痛くて立ち上がるのにひと苦労だっだけれど、最近は膝が痛い。
「よっこらしょ」の大きな掛け声と、つかまるものがないと、立ち上がれない。


まともな運動経験がないので、対処方法もわからなかったけれど。
少し前から再開しているヨガで一緒になった、花柄のショートパンツが似合うかわいい女の子が教えてくれた。

「サポーターつけるとだいぶ楽ですよ」と。
そういえば家に、弟が使ってるサポーターがあったっけ。


サポーターなんて使ったことがなかったけれど、これがなかなか良い。
痛くなくはならないけれど、少ない負荷で動けるのでだいぶ楽になった。

さっそく新しいものを購入して、もう片方の足にも装着。
という訳で、家の中なのに、スポーツをする訳でもないのに、両膝にサポーターをしている私・・・ロボットみたいで、おかしい!

f0204584_1595680.jpg

「歳をとってから子ども育てるのは大変だね」と、母が呟く。
ほんと、やっぱり育児は体力勝負だね。
by skr201 | 2015-02-14 08:34 | 育児
<< 「アルミホイル活用術」 「笑顔のチカラ」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧