ちきゅう



「おいしそう」と「かわいそう」


日本語に興味がないらしい、オトーサン。
もう何回も日本に来ているのに、一向に上達しない。

ものすごい僻地(首都から船で6時間、人口700人、500m×250mの小さな島)に住んでいるが、リゾートホテルで働いていたので、英語とイタリア語はできる。

職場では話せる言語によって基本給が上がるので、がんばって覚えたらしい。
そのリゾート時代のお客さんと手を組んで、今は島に戻ってゲストハウスを経営するまでになった。


リゾートホテルでのお客さんは多くはイタリア人だったので、伊語を覚えた。
現在のお客さんはドイツを中心に各国なので、英語が必要。

そう、商売をするには、言葉が重要。
言語とお金が、結びついているのだ。


しかし日本語は、覚えても得にならない。お金にならない。
私とはディベヒ語(モルディブの現地語)でやりとりしているし、今のところ日本では商売をするつもりもないし。

日本語の本を買って、一度は覚えようとしたけれど、続かない。
私が日本語を話すのを聞いて、単語は少しずつ覚えてきたけれど・・・


私がよく使う、「おいしい」「かわいい」「暑い」「寒い」「お腹空いた」「つかれた」「すいません」「お願いします」などが、耳につくらしい。

特にお店で店員さんを呼ぶ時の「すいませーん」がお気に入りで、いつしか店員さんのことを「スイマセン」と呼ぶようになった。


あとは食事をする時の、食べる前の「おいしそう」と、食べている時の「おいしい」。
この違いは分かったようだけれども。

ある時「かわいい」ものを見て、「かわいそう」と言っていた。


ああ、確かに難しい。
「かわいいだろう」と思う時には、「かわいそう」とは言わないものね。
「かわいそう」だと、何か憐れんでいるように聞こえてしまう。

「かわいい」は「かわいそう」には、ならない。
この違いを説明するのは、難しいな・・・

f0204584_1613429.jpg

f0204584_164040.jpg

f0204584_1645575.jpg

オトーサンは、藤の花が甘く香る頃に、モルディブに帰って行った。
次に会うのは、向こうでだね。


少しは日本語を覚えられるように、がんばって欲しいなあ・・・
by skr201 | 2015-05-03 16:09 | モルディブ
<< 「爆買いモルディブ人」 「青空散髪日和」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧