人気ブログランキング |

ちきゅう



「消えたEMS」


旅に出る時にも、荷物が少ない私。
長期でも機内持ち込みサイズの小さなスーツケースで収まる。

常に荷物の面倒まで見てくれるパックツアーにでも参加しない限り、荷物が多いと移動が面倒になり、動く気力がなくなってしまう(大きなバックパックを背負ってあちこち放浪していた頃に、旅のコツは荷物を減らすことだと経験した)。


そんな私だけれども。
今回初めての子連れ旅行(モルディブ人の夫の実家)で、荷物がえらいことになった。

あれもこれもと考え始めるときりがない。
自分のことなら我慢すればいいけれど、小さな子どものこととなるとつい・・・


日本のように、何でも揃うわけではない国。
そして首都ならまだしも、人口700人の僻地の小さな島では、数軒の商店が命綱。

そこの店主のみなさんが仕入れた物しか、手に入らないのだ。
あの店のおじさんは、粉ミルクは、紙オムツは、新鮮な野菜やお米は、仕入れてくれただろうか・・・いや、そうは思えない(笑)!


「この島にも小さな子どもがたくさんいるんだから大丈夫」
みんなそう言うけれど、日本から行くとなると心配になるんだよね。

デング熱の問題ひとつとっても、蚊よけスプレーに、リング、蚊取り線香、電気式のマットなど、持って行きたいものがたくさん。

島で手に入らなければ、週3回しかない船で、6時間かけて首都に出なければならず、炎天下での長時間の移動は、それだけで小さな子どもの体調を崩しそう・・・


そう思うと、つい。
荷物がどんどん増えて行く。


全部持って行くのは不可能なので、前もって郵送することにした。
段ボールは二箱になったけれども、それでも足りないくらい。

あちらのお国事情を考慮して、渡航3週間前に郵便局からEMSを出した。
何事も予定通りにはいかない国、行かなくて普通、行けば相当ラッキー。


ネットで追跡サービスが利用できるので、その行方を追っていた。
日本からの出国はもちろんスムーズ。日本のサービスは本当に信頼できる。

モルディブに着いてからはやはり、動きが鈍くなった。
日本の郵便局で手続きをしてから5日経った頃、追跡サービスの表示が「届け先不在のため持ち帰り」に変わった。


えっ!?これは、おかしい。
だって「不在だから持ち帰る」なんて日本的なサービス、あるわけがないもの!
これは郵便局員が適当なボタンを押したか・・・


私がモルディブに暮らしていた頃は、「自分あての郵便物がある」という知らせを受けて、自分が郵便局まで荷物を取りに行っていた。

でもここ数年でサービスが変わったらしく、あんな僻地でも郵便が届くという。
島へ生活物資を運ぶ船に、郵便物を載せてくれるらしい(配達してくれる訳ではない)。



数日経っても表示は、あのままで変わらない。
「不在のため持ち帰り」なんて、配達もしていないのに、よく言えたもんだ・・・

もはや郵便局員も、仕事を放棄したか。
ああどうしよう。もう行くのやめちゃおうかな・・・


とブルーになりかけていた頃、夫から「そう言えば昨日荷物届いたよ」との連絡。
そうなの、それなら早く言ってよ、こっちは毎日心配していたのに(ムッ!)・・・



という訳で、日本で投函してから12日後、荷物はモルディブの地方島まで届いた。
でもいまだに郵便局のページでは、「届け先不在のため、持ち帰り」になっている。

どうやら私の荷物は、データ上行方不明になっているようだ。
(持ち帰ったことになっているが、郵便局には見当たらない)
ということは、損害賠償制度が利用できるかも知れない!笑
f0204584_214655.jpg

まあ今日も夕焼けがきれいだから、良しとしよう。
by skr201 | 2015-07-26 20:44 | モルディブ
<< 「日本語カウントが聞こえる、南... 「犬と息子と私の寝相」 >>


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧