人気ブログランキング |

ちきゅう



2013年 07月 30日 ( 1 )


「働くからこそ休まれる」


気が付けば世の中の学校は、夏休みのよう。

毎朝カーテンを開けると飛び込んでくる真っ青な漁港の光景には、釣りをする少年たちの姿。
そして堤防から飛び込む、また飛び込む、元気な笑い声と水の音、そしてきらきら輝く水しぶき。
夜には花火をあげて遊ぶ音が聞こえてくる。


私は4月から、毎日が日曜日で・・・
でも個展を開いたり引っ越しをしたり入籍したり受験をしたりと、それなりにいそがしくしていた。

それが先週末にその受験が終わったので、結果はさておき当面のto doリストはすべて終了。
仕事もないので完全フリーな「自由時間」になったのだ。


石垣島は夏休みシーズンを迎え、観光客の数もピークに。
航空運賃にも改革が起き、個人旅行者がものすごい勢いで増えているらしい。
観光業に携わる方々は、うれしい悲鳴をあげているとか。


では私はというと。

八重山諸島のすべての島へのアクセスの起点となる石垣島にいるのに、どこにも行かない。
世界中のどんな秘境に何カ月だって行く時間もあるのに、旅に出る気がしないのだ。


仕事をしていた時は、職場に行っては帰るだけの生活。
あれもできないこれもできない、時間に制限のある毎日。

時間を切り売りして、その代償にお金を得る。
すきな仕事、納得ができる仕事だったけれども、なんだか違う。

自分に余裕がなくなってきて、表情が乏しくなり、心が動かなくなっていくのがわかった。
人を思いやることもできずに、どんどん視野が狭くなる。


だから休みになると。
繁忙期のめちゃくちゃ高い航空券を買っては、世界中を歩き回った。

仕事を忘れて頭の中を空っぽにして、自分を解放することの心地よさ。
非現実の世界にどっぷりと浸かる快感は、とっても刺激的だった。


だけれども、しかし。

こうして毎日が夏休みのようになってしまうと。
どこに行く気もしなくなるものだ。

だって何にも束縛されていないし。
ストレスだって、ほとんどないだろう。
そして何より、一番すきな場所を見つけて、そこに住んでいるからなのかな。


なんだか、お腹が空かないみたい・・・



それは「満たされた」という、ことなのかもしれないけれど。
あのハングリーさを失うということは、なんだかちょっと、さみしいもの。


石垣島の星、BEGINの歌に、「オジー自慢のオリオンビール」という、歌がある。
(ちなみにオリオンビールとは、沖縄県内でダントツでシェア1位の「県民ビール」)
f0204584_2326052.jpg

その歌詞の一部から。



金がないなら 海にが行くさ
魚があれば 生きられる
なんくるないさ やってみれ
働くからこそ 休まれる

三つ星かざして 高々と
ビールに託した うちなー(沖縄)の
夢と飲むから おいしいさ
オジー自慢の オリオンビール




そうなんだなあ、きっと。
「働くからこそ 休まれる」んだよねえ。

働くからこそ、疲れるんだし。
働くからこそ、休みたくなる。

がんばって働いたからこそ、堂々と遊べるんだよねえ。
ビールだって、そりゃあ、おいしいさー。


働いて何か少しでも社会の役に立てたら、うれしいなあ。
そして何より、働かなくちゃあ、お金が入って来ないよ。


勤労、納税、教育・・・
それは日本国憲法にある、日本国民の義務だもの。


やっぱり働かなくてはねえ。
f0204584_23391820.jpg

夏休みの海沿いのカフェにて。
by skr201 | 2013-07-30 06:49


モルディブでの島生活  +日本での日々の記録    -under the same SKY-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧